2006年10月

2006年10月31日

大人の対応・・・?


前髪が伸びてきてちょっとうっとうしいこのごろ。

美容院に行く機会を逃していて、伸び放題になってきました。
いつもは目の上くらいでパッツンと切っているのですが、この際伸ばして
大人風にしてしまおうかなぁと思い、今日は髪をくくり、前髪を横に流して!?
みました。

私的には見慣れない髪型で不自然・・。
一歩間違えば、タイやベトナムの人のようなオリエンタルな髪型・・・。

果たして会社での評判は・・・とドキドキして
出社したのですが、1人を除いてみんな無視。
その一人も目が悪いのだけどメガネをかけていない女の子で
「髪型変えたんですねー。かわいいですよね」
と見えない目でお世辞を言われ、どこまで信じていいのか分からず。。

後の人たちは、みんないつもとかわらない対応振り。

もしかして、これって大人の対応ってやつ!?
あまりにもおかしすぎる髪形のために、ダレも気がつかないフリをしているのか!?

心配になり、とうとうお昼時に一緒に食べていた目のよさそうな同僚に聞いてみました。
すると
「変じゃないですよ。」
と返ってきて、よかったぁ〜とホッと一息。
彼女自身、髪型が変わったことくらいで話題をふられる(「今日はデート?」とか)のが嫌いらしく、そのために他の人にも言わないため何も言わなかったようでした。

こんなことくらいで一喜一憂している小心者な私。
でも、明日もとりあえずオリエンタルな髪型でもう一度出社してみようと思います。
(あまりにも髪が邪魔なので。。)







gatyasuke at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年10月28日

本読みました。


先日見た映画の原作、「黒い家」の本を読みました。



読んでみて・・・割と映画は原作に忠実にできていて、
でも時間の関係上説明不足の感が若干あるかなぁという感じでした。
(というのも、小説で始めて「なるほどー」と分かったこととかあったので。)

原作は、確かにもっと映画よりも深くて不気味でした。
映画のほうはというと、怖さと笑いは紙一重みたいな作りをしていて、
「怖い・・・いや・・・おかしい?・・・でも怖いよなぁ」
というような感じ。

監督さんが意識してそんな感じに作ったんじゃないかなぁという気がしました。

原作のほうは迫り来る怖さと、複雑な視点(サイコパスだとか、もどきだとか)
が絡み合い、読み終わっても複雑な心境。。。
まぁ、希望を持って終わった感じなのでそれは良しなのですが。

あとは、「グロテスク」作者:桐野夏生 も勢いで読みました。
面白そうなのでついでに図書館で借りていたので。



なんというか、一気に読ませるだけのスリリング感と
あとはこの世の凝縮された悪(黒い気持ち)を感じさせる内容だなぁと。
いろんな意味で、自分の人生を振り返ってしまいました。

どす黒くぺったりしたものがまとわりつく小説です。
面白いのですが、爽快感や明るさなどどは対極にある感じで、
読み終わったあとはどん底に落とされます。
(というか奈落の底を覗き込むような感じかなぁ。)
4人の男女の視点から構成されており、そのどれもが嘘や虚勢、
ねたみ、嫉妬などで塗り固められていてタイトルどおり「グロテスク」そのもの。

精神的に弱っているときには、この本はオススメしません。。
でも興味深い内容なので、一度読み始めると止まらないのは確かだと思います。





gatyasuke at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年10月25日

とうとう・・・。


DVDプレーヤーを購入しました!!

というのも、先日借りてきたDVD3枚中、1枚しかPCで読み込めなくて、
もう何のためにDVDを借りてきているのかわからなくなり、
限界を感じてネットで速攻注文。
(この行動力には自分でも惚れ惚れです。。)

楽天で、ヤスヤスなDVDプレーヤーが送料込みで5000円ほどであったので
即決。
セブンイレブンにて前払いで当日に支払いを済ませたところ、
2日後の今日には物が届きました!!

月曜日に注文して、水曜日には届くってすごいですよねぇ。。。。
(物流業界に惚れ惚れです。)

今のところ、読み込みオンリーの私にとっては
快適そのもの。
今まで読み込まなかったDVDもサクサクと読み込んでくれて、
本当に涙が出そうです。。

さぁ、これからどんどん借りて、どんどん映画をみるぞっと♪





gatyasuke at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2006年10月23日

黒い家


を観ました。日本のホラー・サスペンス映画で、
会社のお友達が「ぜひ観て!!怖いから!!」と薦めてくれたので
観てみました。

ストーリーは、生命保険の社員が自殺か他殺か怪しい事件に巻き込まれ、保険金支払いのため独自の調査に乗り出すのだが・・・という内容です。
事前に、「大竹しのぶが怖すぎる」と聞いていたためか、
あまり怖さを感じずに、どちらかというと面白い映画のように感じられました。

登場人物が皆さん個性的で、怖い・コミカルを混ぜ合わせたような映画で。

何も事前情報ナシに観たらもう少し怖かったかもしれませんね。

まぁ、そんな感じの映画でした。

グロい描写もちょこっとだけで、心理的に迫り来る怖さがメインの映画です。

原作は第4回日本ホラー小説大賞を受賞の「黒い家」らしく、
こちらのほうが怖いという噂がアリ。

もし暇だったら、こっちの本も読んでみようかなぁと思いました。

・感想総合
<面白さ 普通 / 怖さ ちょっと怖い / 全体的 コメディ!?>







gatyasuke at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画感想など 

2006年10月22日

法事がありまして。


旦那さんの実家へ帰っていました。

田舎の法事なので親戚一同が勢ぞろいで、飲む食べる。
朝からてんぷらなどあげたり、お赤飯を用意したりと
忙しくこの土日を過ごしました。

妹ちゃん夫妻も返ってきていて、年が近いのは彼らだけなので
すごく会話も盛り上がり、いろいろ気も使ってもらっていました^^
本当にいい子なので、大助かりです♪
お義父さんも気を使ってくれるし、意外と楽しめた(疲れたけど)法事でした。
(しかし甥っ子ちゃんはワンパクで大変!!走り回るのを追いかける→つかまえる→逃げられる→繰り返し で、体中筋肉痛です。人見知りしない子なのでいいのですが、おばちゃんは大変疲れました。。)

ところで、最近PCの調子がめっぽう悪くDVDが読めません。。。
アリーマイLOVE2の途中から完全によめなくなってしまいました。。

ということで、借りてきた別のドラマ「Sex and the city」
これがかなり面白く!!当たりドラマでした!!
えぇ、名前どおりハレンチ全開ですが、結構コミカル、シリアスに
30代女性の視点からニューヨークを描いております。

男性はなぜモデルにはまるのか?とか、いろいろ。
まだ1巻目しかみていないのですが、面白いので結構オススメです。^^

アリーMYLOVEに飽きてきていたところだったので、
ちょうど良い感じかな??しかし何巻目までこのDVDが読めるのでしょうか。。。
謎です。。。










gatyasuke at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月19日

最近の英語ぶーむ?


最近、またちょっと力入れすぎなくらいの英語なのですが。。。

車の中で英語のCDをかけっぱなしにしていて、
質問に答えながら運転していると本当に危なくてしかたありません。。
(しなきゃいいだけなんだけど。)

今年から英語の勉強を始めて、もう10ヶ月くらいなるのかしら。。
最初は何から始めていいのかわからなくて、
まず発音からということで●ネッセ教材 子供用を購入し(現在進行形)
やり始めました。

で、はじめてみると発音がぜんぜん日本語と違うことにびっくり。
(中、高、大学で約8年くらい英語に付き合っているはずなのに今気付くって。。)
口の動かし方が全く違って筋肉痛になる感じでした。

で、発音をある程度やっていっていると、なんとなく前より
クリアに聞こえるような気がしなくもなく・・・。

でも、かといって意味がわかるわけでもなく・・・。(音はなんとなくわかるが)
ということはボキャブラリーや単語が足りないのね!と
NHK講座を聞いてみて。。。。でも、あまり伸びず。。。

最近、英語の日記を書き始めて、あぁ、文法も足りてないのね・・・
と気がつきました。

つーか、英語って本当に総合的に伸ばしていかないと
何か一つかけても伸び悩みしちゃいますね。。。
発音、単語、ボキャブラリー、文法、それぞれをちょっとづつやっていかないと
本当に行き詰ってしまう・・そんな気がします。

今は、これに加えて、英会話教室で質問されてシドロモドロになるので、
「質問され慣れていないんだ!きっと私!」
と思い、問題集を1冊買いました。↓



1日、10分でできる!とありますが、30分近く格闘しているのは私だけなのかしら・・・。
とりあえず1日5ページくらいの問題がありクイズ形式でいろいろ質問され、
ひたすら答えていく問題集です。
15日分が収録されていますが、私には15日で終わる予感がしません。。
それ以上かかりそうな気がします。。

かなりやりごたえのある問題集な感じ。

簡単なクイズ(英語での足し算とか)とか、平常文を疑問文や否定文に
瞬間的に変えたりするのですが、これが頭がついていかなくて、
パニックです。

1日分を終わったときには、脳みそを雑巾絞りした感じになります。
(初級者の私にとっては、疲労感たっぷり。。)

英語初心者ではストイックな方や、中級者にお勧めな(中級者なら簡単?)
感じの問題集です。

とりあえず、これやって質問慣れしようかなぁなんて考えている私です。。









gatyasuke at 22:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記 

2006年10月15日

ラーゼフォン 多元変奏曲


昨晩(今日晩?)どうしても寝付けなくて、夜中の1時に
TVを見ていたらBSで「ラーゼフォン 多元変奏曲」をやっていました。

ロボット物SF?アニメで、私はあんまりロボット物好きじゃないのですが
なんとなく見ていたら完走〜。気がついたら3時でした。

ロボット物SFアニメって聞くと引きますが、
実は中身は純粋な恋愛物。いやはやびっくりです。
ちょっとエヴァっぽい感じ(主人公悩みまくりとか、ロボット乗る過程とか)
もしなくもないのですが、いやいや2時間しっかりと見入ってしまいました。

登場人物にものすごく感情移入してしまい、
果てはちょっとうるっときてしまうほど。。。

世界観とかややこしいようですが見ているとなんとなくわかります。
(もともとテレビアニメでしていたものを映画版に短縮させたもののようです)

期待して観なかったら、かなり泣ける話かもしれません。。。









gatyasuke at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画感想など 

2006年10月14日

公民館


の英会話の授業を体験見学してきました。
見学といっても完全に普通に授業をしていたのですが。。。

公民館の授業ってすごく安くて1回2時間で500円。。。
しかも先生は外国の方のようです。

で、会社で英語に興味のあるTさんと一緒に行ってきました。

授業の内容が、フリートーク(上級者も初級者もまぜこぜ)とあったので
おびえていたのですが、まぁ和やかな雰囲気で。

みなさん英語でお話されていて、私は聞くだけで精一杯でした。

質問されても、相手が外国人の方ってだけで舞い上がって、
YesとかNoとかしかいえなくて。。。

なんとなく会話の内容はわかるのですが、質問されるのには慣れていないせいか、
わからなくって真っ白になります。。。
で、あたふたしちゃう。。

TさんはNOV●歴3年ということもあり、すらすらと返答していて、
すごいなぁ〜と思うことしきり。

体験だったのですが、ものすごく疲れた2時間でした。。
(頭フル回転。。)

来月からも通うかどうかは悩み中。。
破格の値段ではあるのですが、もう一つの英語授業もその後あるし、
1日2つの授業はきついかなぁと思ってみたり。

Tさんはすごく乗り気で、行きましょう〜!とはりきっていますが、
なんせレベル違うしなぁ。。とちょっとしょんぼりしています。
今日はゆっくり頭を休めて考えようかなぁ。。。








gatyasuke at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日記 

2006年10月12日

食いしん坊な・・・。


私のことじゃなくて(いや、私のことでもあるけど)、
食いしん坊なのは飼っているヤドカリのしろちゃん。。

彼は3匹中のなかで一番良くご飯を食べます。
しかも、馬鹿なのか落ち着いているのか、あまり人を怖がりません。

で、このまえためしに、目の前にそーっと彼の大好きなパンを持っていったところ、
ちょっと引っ込んだ後、そろそろ出てきてがしっと手づかみして
食べていました。。。

これって手乗り?ヤドカリ?
(いや、ちょっと違う・・・・?)

そんな人の手から直接もらったものを食べるって、
こりゃ自然界には絶対に返せないなぁ・・・なんて思いました。
(すぐつかまっちゃうでしょうねぇ。。。えさ食べに現れて。。)

他の子たちはそんなことないんだけど、彼だけは手渡しで餌を食べてくれます。
会社で同じくヤドカリを飼っている人に話したら
「うちはぜんぜん違うよー」
といっていたので、全てのヤドカリがこうではないのかしら。。
(良くわかりませんが。)

まぁ、良く食べるのは良いことですね。^^
見ていて可愛いし♪







gatyasuke at 20:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)生き物 

2006年10月09日

田中美術館

efb3688a.jpg
に行って来ました。

思わず、「たなかびじゅつかん」と読みそうですが
「でんちゅうびじゅつかん」です。

平櫛田中さんの彫刻が置かれている美術館で、
その彫刻たちがまた動き出しそうなほど魂が込められています。

「幼児狗張子」という作品では子供の愛らしさが爆発。
本当に今にも動き出しそうな彫刻で、ため息を付きまくりでした。

旦那さんはこの美術館に初めてきたので(私は2回目)、
すごいねぇ〜って感動しまくりでした。

気候が良い秋なので、美術館めぐりって結構楽しいかもしれませんね♪
(つぎはどこの美術館へ行こうか知らん。。。)


田中美術館




gatyasuke at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
カウンタ
最新コメント
アクセスカウンター

livedoor プロフィール