2008年10月

2008年10月23日

うちのヨシノボリちゃん

yoshi3yoshi2






yoshi1



うちのヨシノボリちゃんです。
こないだ暇だったので、激写してみました。
他のヨシノボリよりもちょっとしゅっとしててスタイルよくて(単純にえさが少なくてやせているだけ?)、親の欲目で他のヨシノボリと比べてもかわいいなぁなんておもってしまいます。

非常に人に慣れているため、近くでぼーっとしていると彼の「えさ頂戴!」視線を感じてしまうほど。あと、人が来るとそばによってきてアピールします。(ガラス面にくっついて体をゆすってみたりします)

すごくかわいいんです。かわいいんですけど、えさが赤虫(乾燥もの)じゃないと食べなくて。。
先日、混ぜ物入りの赤虫フード(赤虫と小麦粉とかフィッシュミールとか混ぜてあり、赤虫に似せたもの)をあげると、飛びついて食べた後、2秒後にべっとまずそうに吐き出して、見向きもしなくなりました。。
人工餌を食べてくれると、ありがたいんですけどね。。
川魚は無理かなぁ。。やっぱり。。




gatyasuke at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生き物 

2008年10月19日

スイミング・プール



最近、旦那さんのお弁当を作っていて無駄に早起きで。

そのせいかどうかわかりませんが、休日なのにもかかわらず早朝5時ごろから起きてしまい、借りてきた映画をみてしまいました。

「スイミング・プール」

オゾン監督の作品で「8人の女たち」を観ておもしろいなぁと思ったので借りてみました。

あらすじとしては、中年女性作家が出版社の社長の別荘で夏を過ごすことになります。そこへ社長の娘と名乗るジュリーがやってきて二人の奇妙な共同生活が始まるのですが・・・・

という感じで始まるサスペンスです。

その別荘にはスイミングプールがあり、そこで後半、殺人事件が起きるのですが、めでたしめでたしで解決したかのように見えて最後の最後で、再度謎にどんでん返し〜。
理解不能のまま映画は終わっていき、ぽかーんと口をあけたままで終了〜。
うーん、謎です。理解できません。。
早朝5時ごろから観ているので頭が働かないせいなのか、それとも全体的に謎の多い作品なのか・・・ワカリマセンがとにかく謎・謎・謎で終了〜。
なんだったんでしょうねぇ。。あの2時間。。(すべて彼女の妄想だったのでしょうか。。。。)

全体の雰囲気としては、フランス映画っぽい雰囲気が全体からムンムンとします。
妙に長い間とか、意味があるのか!?それともないのか!?わからないゆっくり揺れる映像とか・・・・。(フランス映画ではよくありますよね。。そういうのって)
これもすべて複線であるとしたらすごいなぁ・・・。最後まで私にはそれが複線ってことすらわからず、「うーん、フランス映画」って観ていました。
フランス映画っぽく見えて、複線いっぱいの映画だったのかしら。。
もうそのあたりから謎全開です。

あと、娘のジュリーを演じているリュディヴィーヌ・サニエが美人で、えらい巨乳で、でもウエストは締まっていてスタイル抜群!といったところに目が奪われまくりで・・・。
そのあたりは本当に見ごたえがあるので、一度観てみるのもいいかもしれません。
印象に残ったのは、サニエの巨乳と大いなる謎でしたが、映像は綺麗だったと思います。(あと、これを見るのはちゃんと頭がさえているときがよいと思われます。間違っても寝起きでぼーっと見る作品じゃないかなぁ。。)




gatyasuke at 08:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画感想など 

2008年10月15日

ごま油って。


ここのところ旦那さんのお弁当を作っているのだけど、毎日おかずに悩むところ。

お肉ばかりだと健康に悪いから、3回に1回くらいはお魚メインで行きたいし、
お野菜もきのこ類も、お芋も、海草もとらなくっちゃ!と健康を考えると
さらに悩ましいこのごろです。

本日、どうしても思いつかなくて、「そうだ!わかめの炒め物を作ろう〜♪」と即興で作ってみました。

これが意外においしくて、ご飯が進みそうです!
お酒のあてなんかにもいいかもーって思えるくらいのしょっぱさで。
さらに「わかめ」と「のり」ってめちゃめちゃヘルシー
おいしくてヘルシーで、お家にあるものでぱぱっとできちゃうのって、よいですよね。
ということで、レシピ乗せておきます〜


<わかめとのりの炒め物>

1人分

材料
・味付け海苔      1袋(6枚とか入っている最小単位で)
・乾燥わかめ      1つかみ強
・とりがらスープのもと 小さじ半分(適当で)を大匙いっぱいくらいの水で
            溶かしておく
・醤油         小さじ1
・ごま油        少々


手順

1.水で戻しておいた乾燥わかめの水をよく切り、油で炒める
2.色が変わってきたら 海苔を細かくして入れる
3.水で溶かしておいた鶏がらスープと醤油を入れてちょっと炒める
4.ごま油をちょっとたらして手早く混ぜて終了〜。


結構これでおいしいものができちゃったりします。

毎回思うのですが、ごま油って炒めると香りがとんじゃいますよね。
最初からごま油を使って炒めると
ごま油のいいところが減ってしまう気がするので、
私はごま油を使うときは最後に入れます。
そうするとごま油の香りがちゃんと残っておいしくなります。
(バターとかも同様で。バターで炒めると焦げやすいので、最後にバターを入れると焦げなくて、さらに風味豊かになりまっす♪)

そういえば、前に中国のお友達に家庭中華料理を教えてもらったときに
「ごま油では炒め物をしないよー。ごま油を使うときは炒めない料理のとき」
と、どうやらごま油=ドレッシング油のように彼女は言っていました。

まぁ、ともあれ、安くておいしいわかめ炒めをよかったら試してみてくださいー。
最後にごま油を入れて、ちゃちゃっと炒めて食べてみてくださいねー♪
(これにきのこ類を入れてもおいしいと思います。今度私も試してみよう〜)





gatyasuke at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)食べ物ネタ 

2008年10月14日

風呂場と私


変なタイトルですが、へんな内容ではないです。(たぶん)

つーのも、私、風呂場で負傷することが多く、風呂場は私の鬼門のようです。

ぎっくり腰が最初に起こったのも風呂場だし、
それからぎっくり腰になりやすいのも風呂場だし、
だいぶ前に熱があるのに風呂に入ったため脱水症状になり、風呂場の床に裸で倒れていたことがあるし(←このときは、本当に救急車を呼ぼうかと考えました。)
こないだ風呂から上がろうとして、ドアのふちでひざをぶつけて、ひざに直径5センチ大くらいの青あざを作ったし、
先日、酒を飲んで風呂に入って、人生初の失神をしたしで・・・。
(酒を飲んでお風呂に入って、本を読んでいたのですが、あがろうと思って立ち上がったら立ちくらみの激しいのが来て、一瞬失神していました。。。本は風呂場に沈んでいき、あわててわれに帰って本を拾ったのですがびしょぬれで。。しかも手が震えて本が拾えないし、知らない間に頭を風呂場のふちで強打していて、頭は痛いし。一瞬の失神でたくさんの夢を見ているようでした。。なんか失神した後、眠った後のようにすっきりしてたし。。。人生初の失神経験でした。。)

いや、風呂場は本当に危ないですね。危険な場所だわぁ。。。

リラックスできる場所であるから、きっと余計に気を抜いてしまって危ない目にあうんですよね。。。

本当に風呂に入るときは気をつけようと思います。。
(といってもまた次に何かやらかしそうですが。。。)





gatyasuke at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 
カウンタ
最新コメント
アクセスカウンター

livedoor プロフィール