映画感想など

2010年07月19日

美しい夜、残酷な朝


最近、韓国映画絶賛週間(自分の中でですが)のため、
「美しい夜、残酷な朝」を観ました。

なんか、今週は日本映画みたいなぁーとか、アメリカドラマみたいなぁーとか
いろいろあって、その韓国版がきました。
ってことで、前見たことのある(「オールド・ボーイ」とかとか)
パク・チャヌク監督の「美しい夜、残酷な朝」を借りてみることに。
3本のドラマが入ったオムニバスだったんですが、
さすが、パク・チャヌク監督、グロいです・・・・(´・ω・`)

話としては、
・「cut」 パク・チャヌク監督
 お金持ちで優しくて、かっこよくて、人気映画監督が、彼の映画にでていたエキストラに逆恨みされ、追い詰められていくお話。

・「box」 三池崇史監督
 小説家鏡子が箱に詰められて埋められるという悪夢にうなされ、現実と悪夢があいまいになっていくお話。

・「dumplings」 フルーツ・チャン監督
 資産家の妻になってた元女優が自らの美貌を取り戻すために、特製餃子を食べるのだが、その餃子をめぐって惨劇が・・というお話。

の3本。

まず「cut」ですが、流血ドバッ!とか、グシャ!とかドロドロ!とか・・・
あぁ、見ててもうダメ・・・・というシーンが何度も。。。
でも、映像は綺麗なんですよー。本当に綺麗。
主人公の奥さんが、ピアノに縛り付けられているシーンとか、美しくて残酷。
色もアングルもため息がでるほど綺麗でした。
ただ、そこで進行している内容が内容なんですけども。。。
この監督、毎回思うんですけど、すごく不条理ですよね。。
その不条理さは新鮮というか、斬新というか。
多くの物語にある、「貧乏で正直な人は努力すれば報われる」なんてのはまったくなくて。
「貧乏だから、犯罪を犯さなくては生きていけなくて、金持ちはお金があって余裕があるから犯罪を犯す必要がないんだ」とか新理論を展開しており、
あぁ、この理論の先には何があるのかしら・・・と思わず引き込まれます。
人間の内側のドロドロした感情や目をそらしてしまう本質を猛烈に露呈させているんですよねぇ。。毎回。
観終わるころにはなんだか一気に疲労感が来ますね。。なんでだろう。
ってことで、相変わらずなパク・チャヌク監督でした。
(ちなみに話の中で誘拐されていた子供ですが、あれって犯人の子なのかなぁと思ってみたり。)


次の「box」は、
なんていうか、静かーな映画で、しんしんと降る雪が印象的で。
そして日本語のぼそぼそ感が際立つ映画でした。。
日本映画って毎回思うんですけど、ぼそぼそしゃべっていて何を言っているのかわからなくて。音量を上げると突然大声を上げだしたりで、また音量を下げて・・・の繰り返しで、音量の上げ下げにヘトヘトになってしまいます。。
(そして内容わからず仕舞いっていう。。)
日本映画も字幕をつけるようにして欲しいと思うのは私だけでしょうか・・・。
三池監督の作品は、私は苦手なんですがやっぱり苦手で。。
今回も、見終わって一番「で!?」って感じでした。。
いろんな方のレビューを見ると多少納得するところもありましたが・・・うーん、好みではありません。。ごめんなさい。


最後の「dumplings」は、グロいですね。。こちらもグロい。。
女性の美の追求については、同じ女性目線でわからなくもないですが。
気持ち悪くなること間違いなしです。。
そして、王道っていうホラー。
話の展開もわかりやすくて、似たような話はありそうです。落ちももちろん。
最初から落ちがわかるから余計に気持ち悪い・・そういうのを狙ってるんですかねぇ。。もしかして。


というような3作品でした。
やっぱり私は「cut」が一番好きかなぁ。。好みですけどね。。
そういえばお友達がパク・チャヌク監督が好きなようなので、感想を今度聞いてみたいと思います。



美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版 [DVD]美しい夜、残酷な朝 オリジナル完全版 [DVD]
出演:イ・ビョンホン
販売元:角川映画
発売日:2005-10-28
おすすめ度:3.0
クチコミを見る




gatyasuke at 00:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年03月09日

ダメージ

ダメージ シーズン1 DVD BOXダメージ シーズン1 DVD BOX
出演:グレン・クローズ
販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008-09-03
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



最近の引き続きアメリカドラマネタ。

ツタヤが旧作100円レンタルを実施しているので、ついついドラマ漁りをしてしまっています。。

今回は、「ダメージ」

冷徹・敏腕で他人を利用して勝利を勝ち取る弁護士パティ・ヒューズが、大企業の不正経理の訴訟を行っていくなかで、新人弁護士のエレンが巻き込まれていき・・・という内容で。

面白いのは、ドラマ最初に、事件の衝撃的な結末が示されており、次の場面ではその事件の6ヶ月前にさかのぼり、エレンがパティの事務所に採用され・・と、時間が交差しながらドラマが進んでいきます。

その6ヶ月間にいったい何があったのか!?をドラマが進むごとに過去と現在が交差してどんどんわかってくるのですが、もう話が二転三転して最後まで目が離せません。

普通私は1話完結のような話が、見やすくて好きなのですが(いつでも中断できるしで)、この「ダメージ」はぐいぐい引き込まれてどんどん見ていってしまいました。

もう登場人物みんなが胡散臭い。そして、いい人でもあり悪い人でもあり。
どんどん人をだまして利用して裏切るために、もう誰が味方か敵かわかりません。
最後まで気が抜けない作品でした。
もちろん「ダメージ2」もきになる感じで。
(話が続いているような終わり方をしております)

今度は「ダメージ2」を見続けそうな予感がします。。。


※とにかくエレンと婚約者が住んでいるアパートに人が勝手に出入りしすぎで。
 (マンション管理業者と称した不振人物や、パティの部下が鍵を開けて勝手に入ってきたり。)
 その上、エレンの婚約者は鍵をなくして、平気だし。(もちろんエレン婚約者のストーカーにばっちり合鍵を作られて、勝手に入られてるし。)
 もう何そのアパート!ほんと無用心!絶対私だったら鍵変えてるか、引っ越してるわ!!!
 と何度DVDプレイヤーの前で、彼らの無用心を注意したことか・・・。
 それが気になり、見終わった後はぐったり疲れること間違いなしです!
 (でも、面白いんですよ!!このドラマ)



gatyasuke at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月17日

ウサビッチ

ウサビッチ シーズン1 [DVD]ウサビッチ シーズン1 [DVD]
出演:上野大典
販売元:ポニーキャニオン
発売日:2008-10-31
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


最近レンタル屋さんで見かけた「ウサビッチ」

アニメコーナーとお笑いコーナーの中間においてあったので、どんなんだろうと思いお家に帰って検索しました。

するとSeason1&2が無料で見れるとのこと!
見てみようーっと思うと・・・かなりやられました。。。
なんだかのほほんとしてるプーチンと、切れキャラなキレネンコにノックダウン。。
プーチンかわいい!おかまのひよこもかわいい!?カエルもかわいい!?キレネンコすごい!と猫夢中。

1話が2分程度と短いのもあってさくさく見れます。
Season1は刑務所の中だけなので、同じパターンが続くようですが、Season2&3はお外なので、ドタバタ。
Season3の途中からは見れないので、次レンタルしてしまいそうな勢いです。

音楽もお洒落で、覚えてしまうリズムなので、旦那さんと二人で歌いながらプーチンのマネをして遊んでいます。。(いいのか・・・こんな30過ぎのおじさんおばさんで・・・。)

お暇な方は、ぜひぜひちょっとだけ見てみてください。



gatyasuke at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年02月13日

The Closer

クローザー 〈ファースト〉セット1(3枚組) [DVD]クローザー 〈ファースト〉セット1(3枚組) [DVD]
出演:キーラ・セジウィック
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009-12-09
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



最近はまってるアメリカ刑事ドラマです。

尋問のプロであるブレンダが、不可解な事件を言葉巧みに解決に導いていくのですが、これが結構おもしろいです。

1話完結型なのも私としてはいいかんじ。

どうも連続ものは、私は途中で飽きてしまい見なくなってしまうのですが、これは1話完結なので空いた時間にどんどん見れてしまいます。
そして容疑者も二転三転していき、どうやって怪しい容疑者を尋問で落としていくかが見もの。

主人公の周りを取り巻く刑事たちも個性的で魅力的です。

派手なアクションなどはなく、一見地味な展開ですが、知能戦という感じで見ていて面白いのでぜひオススメ。


※ちなみに私はこのCloserを見ていますが、だんなさんは現在アニメ「宇宙戦艦ヤマト」にはまり気味。なんだか知りませんがこの年で、宇宙戦艦ヤマトを晩御飯後に見て、二人でヤマトの主題歌を大合唱しています。。。




gatyasuke at 23:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年01月11日

GOEMON

GOEMON [DVD]GOEMON [DVD]
出演:江口洋介
販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2009-10-09
おすすめ度:3.0
クチコミを見る


映画「GOEMON」を観ました。

戦乱の日本。織田信長が殺され、豊臣秀吉が天下統一をしている世界。その中で義賊として民衆から愛される石川五右衛門。その五右衛門がある晩、織田信長殺害の真実がかかれたものを盗み出してしまい・・・

という内容でした。

えっと監督は紀里谷和明さんで、過去に「CASSHERN」を作っていまして。そのときの映像美がすごいなぁと思って、今作を借りてみてみました。

感想としては、映像美は相変わらずでとても綺麗。
CG満載なために、ゲームのFFを連想します。
CGがものすごくて実写との微妙なひずみや、違和感なども気になるところもあり。(最初の屋根の上での戦闘シーン。花火をバックに戦うのですが、なにかぎこちなさを感じました。。)

西洋風に崩した日本文化(着物とか、町の様子とか)も私は割りとすきかなぁと思うところもあったのですが。。

ただ、やりすぎ感が否めず・・・・。

西洋と日本文化をMIXするあまり、途中、えーっとこの映画なんだったっけ?あぁ、GOEMON観てるんだよね。と思い返すことが何度かあり。
(西洋の方の想像する日本文化ってこうだよねっていうのと、さらに西洋甲冑かっこいい!ドレス素敵!西洋文化万歳ってのをミックスするとこんな感じになりそうです。。)

あと、織田信長の登場で、馬に赤い甲冑を着て出てくるのですが、それがあまりにも話とかけ離れすぎてて(しかも赤い甲冑で全身を覆っているために、表情も分からず、敵か味方かも判別できない。。)吹き、

引き続きの、釜茹でのシーンで、釜の両サイドに立つ銅像があまりにも悪趣味で、これもまた吹いてしまい。。
(もうね、やりすぎるとギャグとしか思えないものになります。)

ストーリーは二転三転する内容で、観ていて感動するであろうはずなのに途中ギャグのような絵に笑ってしまい、感情が若干移入できないまま終わってしまいました。

絵は綺麗なんですけどねぇ、、絵は。。

まぁストーリーから時代劇を連想するとショックを受けると思うので、これは紀里谷ワールドの美の追求だと思えば、悪くないのかも。

一緒に観ていた旦那さんは、最初から最後まで「彼(紀里谷監督)は何がしたいのかね!?」とずっと首を傾げていました。。。。。

ごめんね。。一緒に強引に観せてしまって。。。。
次は解かる映画をオススメします。。。




gatyasuke at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月20日

菅井君と家族石

アニメ「菅井君と家族石」を見ました。

内容としては、島根県出雲地方の極貧ソウルファミリーのナンセンスコメディ。

いや、これかなり面白いですねー。
個人的にはツボにはまりまくりで。
1話が3分〜5分と短く、その割にはぼけ満載で、ちょっと空いた時間に楽しく見れます。
特にお兄ちゃん、おじいちゃんがぼけまくりでいい味だしてます。

山陰地方の方は、特にローカルネタもあるから楽しめるかも。

このシリーズ、他にもあるようなのでまた借りてみたいと思います。
ぜひぜひオススメですよーん。



菅井君と家族石 The Perfect [DVD]菅井君と家族石 The Perfect [DVD]
出演:蛙男商会
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006-06-23
おすすめ度:5.0
クチコミを見る





gatyasuke at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月02日

Mr.ブルックス〜完璧なる殺人鬼〜

さらにもう一本。
ちょっと前に見た映画なのだけど。

内容としては、地位も名誉もお金も持ってるブルックス(ケビンコスナー)。
でも実は裏の顔があり、殺人鬼だった・・・

というお話。

ありがちな導入ですが、いやいや。これ面白いです。
完璧な殺人を行うブルックスは、殺人を楽しむ一方、それに対して罪悪感を持っていて。まるでジキルとハイド。
そんな中、自分の欲求に逆らえず犯してしまった殺しの現場を、第三者に見られ・・・と展開していくのですが、ぼーっとしてると最後にえええええ!となります。
そういう映画です。

期待しないでみるとさらに面白いかもしれません。

サスペンス映画に見慣れている人でも、この展開は珍しいんじゃないかなぁ?

巧妙に入り組んだ内容で、最後まで気を抜けません。
悩む殺人鬼ってのも、あまりないですしね。

個人的には心理描写も見ごたえがあり、面白い良作だと思います。



Mr.ブルックス ~完璧なる殺人鬼~ (特別編) [DVD]Mr.ブルックス ~完璧なる殺人鬼~ (特別編) [DVD]
出演:ケビン・コスナー
販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2009-02-06
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


gatyasuke at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

スカイ・クロラ

映画「スカイ・クロラ」みましたー。

内容としては、年を取らない「キルドレ」という子供たちが、世界の平和を認識するために、商業ショーとしての戦争を行う話で。

えーっと、監督が押井守監督で、すごい有名ですが(私だけか?)
それ以上に最初のところで、
原作が森博嗣さん(「すべてがFになる」などの推理作家さん)だとか、
脚本監督が、行定勲さん(若手!?映画監督さん)だとか
結構豪華メンバーだわ!とびっくり。

原作が森さんならちょっとおもしろいかもねぇ・・と期待しながら見ていました。

戦闘パイロットのお話なので、戦闘シーンはすごく迫力があり、
アニメでここまで出せるんだぁ。。。と感心することしきり。

全体を見た感想としては・・・・えーっと、これどこかシリーズの部分的な短編小説ですよねぇ!?
もしくは、長編の一部だけをアニメ化した感じ!?
って感じを受けました。

なんというか、すごく部分的な感じを受けます。
全体に大きな流れがあって、そこをちょこっと垣間見せました、的な。

問題提起としては微妙に薄いし、完結するにしてはあっさりだしで。
うーん、これは原作を読んでみたいなぁ・・と思わせる映画で。
あ、ってことは、森博嗣さんの本を売ろうキャンペーンみたいな映画!?
森博嗣さんスカイクロラシリーズ導入映画としてはすごく成功している映画だと思います。
(しかし約2時間もかけた森小説導入映画だなんて。。。)

まぁそんな感じの映画でした。
2時間の長さの割には、どうかなぁ。。内容。
面白い面白くないとは別に、薄い感じが・・・。

でも、押井監督の「鬱々」とした感じと、行定監督の「諦めぼわわーん」とした感じと、森さんの「緻密で計算された」という要素が交わるとこんな感じになるのかもしれませんね。。。

最後に、空の戦闘シーンは迫力があるのでぜひともオススメです。





スカイ・クロラ [DVD]スカイ・クロラ [DVD]
出演:菊地凛子
販売元:VAP,INC(VAP)(D)
発売日:2009-02-25
おすすめ度:3.5
クチコミを見る




gatyasuke at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月09日

キサラギ

また映画です〜。

映画「キサラギ」みましたー。
ストーリーとしては、3流アイドルの死1年後に、追悼会としてネットの掲示板で知り合ったファン5人が集まります。最初は、ファングッズやコアファンとしての自慢をし合っていたのが、いつの間にか話題は、彼女の死は事故死じゃなくて他殺では!?という展開に。果たして犯人は!?

という密室推理ドラマです。

でてくる登場人物もほぼたった5人。
場所も、追悼会の一部屋の出来事なので、変わりません。

舞台にもなってるようだし、そこそこ面白いのかな?って見てたら、やられました。
かなり私は好きな感じです。
小栗旬くんがこの会合の取り仕切る役としてでているのですが、実にオタクっぽい・・・(そういう役なんですが。)
それくらい変化自由な役者さんなのだなぁと感心しました。
(他の役者さんたちは、他のドラマや映画で知っていたので言わずもがなです。)

演技もすごく見ていて違和感のないくらいうまくて・・・。あぁ、人気があるはずだよねーと、彼の演技の実力に酔いしれてました。。
登場人物も舞台も変わらないところではやっぱり演技とか魅せる間のようなものが必要だと思うのですが。飽きずにぐいぐい見れるところは、出ている役者さんたちがすごいのだろうなって思います。

どんどんどんでん返しが起こるのですが、まぁ先は読めるもののあれば、読めないものもあり。サスペンスが好きな方は、こういう展開は読めるのかしら。
でも、最後までみると、ほっこり優しい気分になります。
サスペンスではなかなか、ほっこり優しい気分って、、ないですよねぇ・・・(笑)

最後にオタ芸を5人で披露するのですが、これが前衛若者、後衛年長者という配置で。やっぱり結構運動量あってきついんだろうなー。振り付け覚えるの大変だったろうなぁーと、別の余計な心配をしてしまいました。
見ていて、小気味はよいのですが。

ホント、私はひさびさに面白い!と思った作品でした。
機会があればぜひぜひ見てみてくださいー。



キサラギ スタンダード・エディション [DVD]キサラギ スタンダード・エディション [DVD]
出演:香川照之
販売元:キングレコード
発売日:2008-01-09
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


gatyasuke at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月04日

パンズ・ラビリンス

そういえば映画「パンズ・ラビリンス」も知り合いから勧められてみていたんだ!と思い出したので、UPUP。

ストーリーとしては、1944年スペイン(内戦中)で、父をなくしたオフェリアは、母と一緒に再婚相手のところに行きます。ところが再婚相手は、残虐な軍人で拷問することを趣味にしているような人。そんな義父にオフェリアは、なつくはずもなく、一人で寂しくいると、妖精パンに会い、「貴方は私たちが探していた魔法のプリンセスかもしれない。これから3つの試練をこなして、魔法の国に帰っておいで」と誘いを受けるのですが・・・。

えーっと、大人のおとぎ話、ダーク・ファンタジーとされているので、ひらひらのスカートでうふふー、草原を駆け抜けるわよーみたいなのを想像していると打ちのめされます。
なんせ戦争中のお話で。
凄惨なお話極まりないです・・・はい。

オフェリアは戦争のいやな現実から目を背けるように、試練にのめりこんでいくのですが、なんというか、、、、これって子供が戦火を生き延びるための現実逃避じゃなかろうか・・・とまで連想させられるほど、平行して起きる現実が過酷で・・・。
目を背けたくなるほど、人が死に、拷問が行われます。まぁ、なんせ義父の趣味ですし。。拷問。
拷問シーンは本当に痛い・・・。何回、早送りをしてしまったことか・・・。見ていてリアルに痛いです・・・。

でてくる妖精もグロテスクな感じですし、、可愛い!とかほわほわ!とかまったくありません。。でもファンタジー。。。

最後は、、、どうなんでしょう。。
おそらく大まかに2通り(いやもっとたくさんか!?)に考えられるんじゃないでしょうか。。ハッピーエンドだと思うほうと、バッドエンドだと考えるほう。

私個人的にはバッドエンドだったんじゃないかなぁと。
何もかもがオフェリアの空想であり、その空想に逃げ込まなければ生きていけなかった、過酷な戦争を綴った、反戦争映画だったのではなかろうかと・・・。

知り合いは、ハッピーエンドで考えないと救いがないと言っておりましたが。。それもわかる気がします。

おそらくハリウッド映画など見慣れていたらすごい衝撃を受ける作品になるのではないでしょうか?

気力があるときにぜひぜひ見てみてください。
ラストについて感想をお聞かせ願えればと思いますー。


※ちなみに、なぜ妖精は人型(二足歩行)である必要があるのか、イマヒトツ謎。
 妖精=ふわふわしてて形がない っていうのとかでもアリだと思うんですが。。どうなのかしらん。
 


パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]
出演:イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ
販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2008-03-26
おすすめ度:4.0
クチコミを見る


gatyasuke at 01:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
カウンタ
最新コメント
アクセスカウンター

livedoor プロフィール