PROJECT:GATZ

B級グルメ、主にラーメンの食べ歩きを綴って行きます。

わんたんや@熱海

20190211_151755ワンタンメン(850円)


(2019年2月11日のレポート。)

JR各線熱海駅より徒歩15分ほど。

昭和22年(1947年)創業、静岡県熱海市を代表する有名老舗ラーメン店で、約8年半ぶりの訪問になります。

すぐ隣には、こちらも熱海を代表する有名老舗洋食店「スコット 本店」があります。

連休中ということもあって、店外には15人ほどの行列が出来ており、14時40分頃に自分が並んだところでちょうど打ち止め、ギリギリでラスト客に滑り込むことができました!!(^o^;)

店内はテーブル2席とカウンター席のみの小ぢんまりとした造りながら、活気に溢れた地方の老舗名店ならではの雰囲気が漂っています。


メニューは、「ラーメン(700円)」・「ワンタン(650円)」・「もやしラーメン」・「ワンタンメン(850円)」・「もやしワンタンメン」・「チャーシューメン(950円)」・「チャーシューワンタン」・「チャーシューワンタンメン(1100円)」・ライス・半ライス・各種ドリンクがあります。

久しぶりに一番人気の「ワンタンメン」を注文しました!!


スープは、豚ベースに魚介ダシの風味が香るオーソドックスな仕上がりの醤油味です。

醤油ダレのカエシが控えめなので、出汁のコクや風味がしっかりと感じられ、後味はすっきりしています(^^)v

麺は、やや固めに茹でられ微妙にウェーブの掛かった細麺を使用しており、あっさりスープにバランス良く馴染んでいます。


名物のワンタンは、大振りな皮のヒラヒラとした食感がやはり秀逸です!!

中の具は小振りですが、数がたっぷり入っているのでしっかり満足感を感じさせます(^^)v

その他のトッピングには、ネギ・メンマ・肉厚な豚チャーシューが乗っており、中まで味が染み込んだ豚チャーシューも美味しいです。


「わんたんや」の「ワンタンメン」、いつまでも色褪せないベストセラーとも言える逸品だと思います(^^)v



営業時間:11時半〜16時頃(※材料が無くなり次第終了)
定休日:金曜日&不定休
駐車場:店前の「福井」と書かれたスペース2台分


**************************************************


〜尾崎紅葉の小説『金色夜叉』の舞台となった熱海海岸(静岡県熱海市)〜


貫一お宮の像お宮の松
貫一お宮の像(左)・お宮の松(右)

美豚 福生本店@熊川

20190202_174716煮魚出汁つけ麺(味付玉子)(930円)+チャーシューめし(310円)


(2019年2月2日のレポート。)

JR五日市線熊川駅より徒歩5分ほど。

奥多摩街道沿い、2006年5月オープン、濃厚豚骨魚介つけ麺&ラーメンのパイオニアとして知られる「美豚」の本店になります。

高幡不動や小作等に支店が数店舗ありますが、かつては「美豚+ 新宿店(閉店)」等、東京都の多摩地区を中心に系列店を多数展開していました。

『浅間嶺』登山後の栄養補給で訪問しました!!(^^)v

店内は、カウンター席とテーブル2席があります。

20190202_173543

メニューは、「煮魚出汁つけ麺(830円)」・「つけ麺(780円)」・「辛つけめん」・「塩つけめん」・「らーめん(730円)」・「辛らーめん」・「塩らーめん」・「極み豚骨らーめん」があり、味付玉子・ネギ・チャーシュー等の各種トッピングも揃っています。

美豚肉餃子・めし・明太子めし・チャーシューめし(310円)等のサイドメニューもあります。


茶濁色に乳化したつけ汁は、豚骨鶏ガラに魚介ダシがブンブンに効いており、甘辛酸と醤油感ともにかなり濃いめな仕上がりです。

「煮魚出汁つけ麺」ということで、サバやカツオ等の煮魚出汁をプラスしているようで、魚介ダシの鮮烈な風味が特徴となっています。

見た目よりも粘度(ドロドロ具合)が控えめだったので、意外とサラッと行けました。

器の底には、ネギ・メンマ・豚チャーシュー等が沈んでおり、味付玉子は旨味の詰まった濃厚な口当たりです。


麺は「菅野製麺所」の中太麺を使用しており、断面がやや四角で、もちもちっとした弾力のある食感です。

中にタピオカを練り込んであるそうです。


最後は、熱々のスープ割りで出汁の風味を楽しみました。

見た目以上にボリュームがあって、雪山登山で消耗した体に嬉しいガッツリ系な1杯でした(^^)v


チャーシューめしは、サイコロ型に切られた豚チャーシューの切れ端がたっぷり盛られており、甘めのタレで味付けされています。

こちらも食べ応え充分な一品でした!!



住所:福生市熊川689-40-2
電話番号:042-530-2225
営業時間:11時半〜LO翌3時45分
定休日:火曜日
駐車場:あり(道路を挟んで店の向かい側に5台分)


**************************************************


〜浅間嶺(標高903m)(東京都西多摩郡檜原村)〜


今回の登山コースは、JR五日市線武蔵五日市駅から西東京バス数馬行きor藤倉行きで25分ほどの払沢の滝入口バス停(標高280m)をスタートし、「払沢の滝」を観光して→時坂峠→峠の茶屋→浅間嶺(標高903m)に登頂し、人里峠→一本松(一本杉)(標高930.2m)→数馬分岐から浅間尾根登山口バス停(標高620m)に下山→「檜原温泉センター 数馬の湯」に立ち寄り、温泉センター(数馬の湯)バス停から西東京バスでJR武蔵五日市駅に戻りました。


「払沢の滝」は、東京都で唯一『日本の滝百選』に選ばれている名瀑で、全体落差62mの四段から成り、最下段は約23mの高さがあります。

滝の水が流れ落ちる様が僧侶の払子(ほっす)が垂れたように見えたことから、かつては「払子の滝」と呼ばれており、払子の滝がある沢→払子沢→払沢と呼び名が変化していったようです。


忠助淵氷のオブジェ
忠助淵(左)・氷のオブジェ(右)








払沢の滝(日本の滝百選)払沢の滝(日本の滝百選)
払沢の滝(日本の滝百選)







厳冬期の結氷も有名で、この日は午前8時の気温が-4℃で結氷率30%でした。

ここ最近は結氷率が100%になることはかなり珍しいようで、写真で見る限りはだいぶ結氷していますが、これでもたったの30%なんですね〜(^o^;)


時坂峠の鳥居時坂峠の祠と石仏
時坂峠
鳥居(左)・祠と石仏(右)







時坂峠 馬頭観音と石碑時坂峠から都心方面を望む
時坂峠
馬頭観音と石碑(左)・都心方面を望む(右)








『浅間嶺』を擁する浅間尾根は、多摩川の支流である北秋川と南秋川に挟まれたなだらかな尾根道で、古くは「甲州古道」や「甲州中道」と呼ばれ、木炭・米・塩などの生活日用品を運ぶ交易路だったようです。

往時の名残で、尾根道の随所には、通行の安全と牛馬の供養のために祀られたという馬頭観音の石仏や、山の神の祠がひっそりと佇んでいます。


大山祇神社 鳥居大山祇神社 社殿
大山祇神社
鳥居(左)・社殿(右)








「峠の茶屋」は冬季休業中で、人気テレビ番組『ポツンと一軒家』でも紹介された築400年を超える建物を利用した「そば処 みちこ」は残念ながら2018年11月末で閉店してしまったようです。


浅間尾根から雲取山〜飛龍山〜三頭山を望む浅間嶺の山頂標識(展望台ピーク)
浅間尾根から雲取山〜飛龍山〜三頭山を望む(左)・浅間嶺の山頂標識(展望台ピーク)(右)








富士浅間神社の祠浅間嶺(小岩浅間)の山頂(標高903m)
富士浅間神社の祠(左)・浅間嶺(小岩浅間)の山頂(標高903m)(右)








『浅間嶺』は、山頂に富士浅間神社が鎮座していることから名付けられたそうで、富士山や丹沢方面を始め、大岳山〜御前山〜三頭山〜雲取山にかけて奥多摩の山々への大展望が広がっています!!


浅間嶺から連行峰〜茅丸〜生藤山を望む浅間嶺から丹沢山塊(丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸〜大室山)を望む
浅間嶺(展望台ピーク)からの眺め
連行峰〜茅丸〜生藤山を望む(左)・丹沢山塊(丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸〜大室山)を望む(右)








浅間嶺から笹尾根と富士山を望む浅間嶺から大岳山を望む
浅間嶺(展望台ピーク)からの眺め
笹尾根と富士山を望む(左)・大岳山を望む(右)







浅間嶺から御前山〜鷹ノ巣山を望む浅間嶺から鷹ノ巣山〜雲取山〜飛龍山〜三頭山を望む
浅間嶺(展望台ピーク)からの眺め
御前山〜鷹ノ巣山を望む(左)・鷹ノ巣山〜雲取山〜飛龍山〜三頭山を望む(右)








降雪直後の登山だったので、太陽の光が当たりにくい北側斜面等には膝近くまで積雪が残っていました。


人里峠浅間石宮
人里(へんぼり)峠(左)・浅間石宮(右)








一本松(一本杉)の馬頭観音2m)
一本松(一本杉)
馬頭観音の石仏(左)・山頂の三等三角点(標高930.2m)(右)








サル石
サル石






アップダウンが少なめの尾根歩きが中心の登山でしたが、コースタイム6時間半ほどのロングコースで、距離は結構ありました。

下山後は、「檜原温泉センター 数馬の湯」で日帰り入浴し、冷えきった体を温めて疲れを癒しました(^^)v

七面@町田

20190128_145204ワンタンメン(900円)+半カレー(400円)


(2019年1月28日のレポート。)

JR横浜線・小田急線町田駅より徒歩4分ほど。

「町田仲見世商店街」にある1982年(昭和57年)創業の老舗ラーメン店で、町田界隈では古くからの人気店として知られています(^^)

「手打ち風ラーメン」と書かれた看板、店内はカウンター席のみの小ぢんまりとした造りで、年配のご夫婦で切り盛りしています。

約9年ぶりの訪問になります。


メニューは、「ラーメン(700円)」・「塩ラーメン(700円)」・「ワンタンメン(900円)」・「タンメン」・「野菜ラーメン」・「味噌ラーメン(900円)」・「辛味そば」・「つけめん(800円)」・「辛味つけめん」、中華ぞうすい・カレー(800円)・半カレー(400円)・ギョーザ・半ギョーザ等々。


スープは、動物系の厚みとコクが下支えして魚介系の風味がふんわり香る仕上がりで、醤油感が控えめのすっきりとしたテイストながら、出汁の旨味がしっかり効いているのが特徴です。

手打ち風の細縮れ麺が、スープに優しく馴染んでいます。


トッピングには、ネギ・高菜・メンマ・ワンタン等が盛られています。

たっぷり盛られたワンタンは、ヒラヒラの皮とプリッとした具とのバランスがちょうど良い仕上がりです。


全体的にボリューム感も結構ありますね〜。

昔食べた時と変わらないホッとする1杯です(^^)v


人気の半カレーは、コクと甘味のある欧風タイプで、ラーメンの出汁で煮込んでいるそうで、厚みのある濃厚な口当たりが特徴です。

ラーメンとのセットにもぴったりな一品ですね〜。


食後、しばし「町田仲見世商店街」を散策してみましたが、JR町田駅側の入口にある大判焼きのお店「マルヤ製菓」と焼き小籠包のお店「小陽生煎饅頭屋」は、相変わらずたくさんのお客さんで賑わっていました。

この10年くらいで世の中は色々と変わりましたが、この一画の賑わいと昔ながらの雰囲気はあまり変わってない気がします(^^)v



営業時間:11時半〜19時頃(※火曜金曜は16時まで)
定休日:水曜日

δ@下北沢

20190127_151808ラーチャン(850円)+ラーメン普通盛り(100円)


(2019年1月27日のレポート。)

小田急線・京王井の頭線下北沢駅より徒歩5分ほど。

昭和39年創業、下北沢で半世紀以上の歴史を誇る老舗中華料理店で、老若男女を問わず地元のお客さんに支持されている人気店です。

約11年半ぶりの訪問です。

俳優の松重豊やミュージシャンの甲本ヒロトが昔アルバイトしていたことでも有名で、現在でもメディア露出は多いようです。

ちなみに、栃木県宇都宮市に暖簾分け店があるようです。

『世界で3番目にうまい』を謳っており、外のショーケース内には『1番うまいもの あなたのオフクロの味、2番目は おやじのスネの味、3番目は δ發離愁个量』と書かれてました(^o^;)

店内はカウンター席とテーブル席があり、2階に座敷席もあるようです。

通し営業ということで、昼過ぎの中途半端な時間帯にも関わらず、たくさんのお客さんで賑わっていました。


メニューは、おすすめ品の「江戸っ子ラーメン(750円)」を始め、「ラーメン(650円)」・「支那そば(750円)」・「タンメン」・「もやしそば」・「やきそば」・「野菜醤油ラーメン」・「じゃじゃめん」・「北海みそラーメン」・「マーボラーメン」・「五目そば」・「δ眞粥好瓮鵝廖Α屬に玉そば」・「δ皀船礇鵐櫂鵝廖Α嵶笋笋靴修弌廖Α嵶笋笋傾掌佑短辧彭々。

ギョーザ(500円)・バンジー・野菜炒め・レバニラ炒め・マーボドーフ等の惣菜類、チャーハン(800円)・半チャーハン(600円)・マーボ丼・ラーチャン(850円)・中華丼・天津丼等のご飯類、五目豆腐定食・肉うまに定食・生姜焼き定食等の定食も揃っており、メニューのバリエーションはかなり豊富です。

人気の「ラーチャン(850円)」は、半ラーメン&半チャーハンのお得なサービスセットで、+100円でどちらかを普通盛りに変更できます。


「ラーメン」は、鶏ガラ豚骨ベースのあっさり醤油味で、塩味にも近いすっきりとしたキレのあるテイストです。

素朴ながら飽きの来ない味わいですね〜(^^)v


麺は、柔らかめに茹でられた柔和な食感の細ストレートで、あっさりスープをしなやかに泳いでいます。

トッピングには、ネギ・三角形の海苔・ほうれん草・豚チャーシューが乗ったシンプルな構成です。


昔食べた時は、正直このラーメンの良さがあまり理解できなかったのですが、10年以上経過してようやく分かるようになってきました(^^)v

素朴な味わいで、食べていてホッとするラーメンです!!


「半チャーハン」は、ピンク色の妖しげなルックスですが、なんでも食紅が使われているそうです。

具は玉子とチャーシューのみのシンプルな構成で、パラパラ系でしつこくない食べやすい仕上がりです(^^)v


付け合わせは、キムチではなく辣白菜(ラッパーツァイ)というキムチ風の漬物で、ラーメンに入れても良し・チャーハンに合わせても良しの万能調味料で、もちろんそのまま食べても美味しいです(^^)v

ちなみに、おすすめ品の「江戸っ子ラーメン」は、普通の「ラーメン」に辣白菜を加えた一品になります。


ラーメン・チャーハン・辣白菜、どれも素朴で食べやすいですが、この3品の組み合わせもまた絶妙です(^^)v



住所:世田谷区北沢2-8-8
電話番号:03-3466-7355
営業時間:11時半〜23時半
定休日:月曜日(※祝日にあたる場合は営業して翌日休み)
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)

太公望@秋川

20190119_184118しょうゆらーめん(ちぢれ麺)(750円)+ワンタン(3個)(50円)


(2019年1月19日のレポート。)

JR五日市線秋川駅より徒歩3分ほど。

『大塚山〜御岳山〜日の出山』登山後の栄養補給に!!(^^)v

1998年創業、東京都多摩地区を代表する人気ラーメン店で、『飛魚出汁(あごだし)ラーメン』の看板を掲げています。

店内はカウンター席のみで、職人気質な風格が漂うご主人と奥さんの二人で切り盛りしており、老若男女を問わずたくさんのお客さんで賑わっていました。

ちなみに、店名の「太公望」には“釣り好きな人”という意味があり、ご主人の魚釣り好きに因んでいるそうです(^^)v

20190119_182901

メニューは、「しょうゆらーめん(750円)」・「濃い口しょうゆらーめん」・「とうがらしらーめん」・「しおらーめん」・「しょうゆつけめん」・「濃い口しょうゆつけめん」・「から口つけめん」・「しおつけめん」・「油そば」があり、ワンタン(3個)(50円)等の各種トッピングも揃っています。

麺は、通常は「ちぢれ麺」ですが「細麺」にも変更できます。

ライス・半ライス・しらすライス・しらす半ライス・チャーシュウライス(300円)・チャーシュウ半ライス(250円)・餃子(5個)・皿ワンタン(6個)等のサイドメニューも充実しています。


スープは、醤油の輪郭がはっきりとした口当たりで、様々な食材の旨味が詰まったバランス系の和風醤油味です。

やはり、看板にも掲げているように、飛魚出汁(あごだし)の独特な風味が際立っていますね〜(^^)v

長崎県産の焼きアゴを始め、鯖節・鰹節・貝柱・干し海老・羅臼昆布等も使われているようです。

表面に浮いたネギが青みをもたらし、独特な癖を中和する役割も果たしています。

表面の脂は多めですが、癖もなく、和風醤油にさらなるコクと奥行きを与えています。


麺は、パツンと張りのある独特な食感の中太縮れ麺で、輪郭のはっきりした力強いスープとの相性は抜群です!!


トッピングには、ネギ・ワカメ・細かく刻まれたメンマ・海苔・ハーフサイズの味玉・豚チャーシュー、追加注文したワンタンが盛られています。

ラーメンにワカメのトッピングは、スープ本来の風味が損なわれてしまうので個人的にはあまり好まないのですが、こちらのラーメンは例外で、ワカメが特に合うラーメンだと思います(^^)v

ワンタンは、皮は大きめで、中の具は小振りながら生姜等の風味が香るキレのある仕上がりです。


個人的には東京都多摩地区の長年の宿題店でもあり、その期待を遥かに上回った個性的で完成度の高い1杯に大満足でした!!!!(^^)v


20190119_184357
チャーシュウライス(300円)


「チャーシュウライス」と「チャーシュウ半ライス(250円)」で、値段が50円しか変わらないので「チャーシュウライス」を注文しました!!

ご飯の上に、刻まれた豚チャーシュー・白髪ネギ・海苔が盛られており、タレで味付けされています。

見た目以上にボリュームもあって、こちらも満足度の高い一品でした(^^)v



住所:あきる野市秋川1-2-6
電話番号:042-550-6386
営業時間:平日…11時〜15時・17時〜21時、土日祝日…11時〜21時頃(※材料が無くなり次第終了)
定休日:水曜日(※祝日にあたる場合は営業して翌日休み)
駐車場:店前に2台分(近くにコインパーキングもあり)


**************************************************


〜日の出山(標高902m)(東京都青梅市・西多摩郡日の出町)からの眺め〜


日の出山から御岳山〜大塚山〜鷹ノ巣山〜飛龍山を望む日の出山から青梅市街〜東京都心方面を望む
御岳山〜大塚山〜鷹ノ巣山〜飛龍山を望む(左)・青梅市街〜東京都心方面を望む(右)








日の出山から麻生山〜八王子市街〜高尾山〜景信山〜大山を望む日の出山から馬頭刈山〜戸倉三山〜生藤山〜蛭ヶ岳〜大室山を望む
麻生山〜八王子市街〜高尾山〜景信山〜仏果山〜大山を望む(左)・馬頭刈山〜戸倉三山〜茅丸〜生藤山〜蛭ヶ岳〜大室山を望む(右)

駒鳥売店@御岳山

20190119_121236けんちんそば(980円)


(2019年1月19日のレポート。)

御岳山ケーブルカー御岳山駅より徒歩20分ほど。

武蔵御嶽神社の参道沿いにある売店兼食堂で、約2年ぶりの訪問になります。

今回は御岳山〜日の出山への登山途中に立ち寄りました(^^)v


蕎麦うどんメニューは、山菜・とろろ・肉・天ぷら・けんちん等があります。

カツ丼 ・天丼・けんちん汁・味噌でんがく・わらび煮付・モツ煮等もあり、各種ドリンクも揃っています。


人気のけんちんそば(980円)は、ネギ・山芋・大根・にんじん・ほうれん草・こんにゃく・豆腐等の野菜類がたっぷり盛られており、出汁には食材の旨味がしっかり溶け込んでいます。

また、白っぽい蕎麦はスルッと食べられます。

冷えた体が芯から温まる1杯でした(^^)v



営業時間:9時〜16時半
定休日:不定休


**************************************************


〜大塚山(標高920.3m)・御岳山(標高929m)・日の出山(標高902m)〜


今回の登山コースは、JR青梅線古里駅(標高280m)をスタートし、丹三郎平→大塚山(標高920.3m)に登頂し、富士峰園地→御岳山(標高929m)→日の出山(標高902m)と縦走し、クロモ岩(標高780m)→顎掛岩(標高640m)→滝本不動尊(標高435m)→三ツ沢分岐(日の出山登山口バス停)(標高340m)に下山して「生涯青春の湯 つるつる温泉」に立ち寄り、つるつる温泉バス停から西東京バスでJR武蔵五日市駅に戻りました。


御岳山一体は、中世から山岳信仰の霊場として栄えた山上の宗教都市で、現在でも宿坊や土産物店が多く立ち並んでいます。

御岳山の山頂には、紀元前の創建とされる武蔵御嶽神社が鎮座しており、最奥部には狼信仰で知られる大口真神社も鎮座しています。


20190119_104530富士峰園地に鎮座する武蔵御嶽神社摂社 産安社と安産杉
大塚山の山頂(標高920.3m)(左)・富士峰園地に鎮座する武蔵御嶽神社摂社 産安社と安産杉(右)








御岳山(標高929m)に鎮座する武蔵御嶽神社 本殿御岳山(標高929m)に鎮座する大口真神社
御岳山の山頂(標高929m)(東京都青梅市)
武蔵御嶽神社 本殿(左)・大口真神社(右)









日の出山の山頂からは、東京都心〜丹沢〜奥多摩方面にかけての大展望が広がっていました。



日の出山(標高902m)日の出山の山頂
日の出山の山頂(標高902m)(東京都青梅市・西多摩郡日の出町)








顎掛岩と馬頭観音滝本不動尊
顎掛岩と馬頭観音(左)・滝本不動尊(右)








1月の奥多摩ですが、積雪も無く天候にも恵まれて、トータルタイム5時間半ほどの手頃で気持ちの良い登山が楽しめました。

下山後は、「生涯青春の湯 つるつる温泉」で日帰り入浴し、冷えた体を温めて疲れを癒しました(^^)v

三憩園@秦野

20190114_141415カツ丼(1000円)+半ゆでワンタン(4個)(280円)


(2019年1月14日のレポート。)

小田急線秦野駅より徒歩8分ほど。

「味の大西」出身者による『小田原系ラーメン』の人気店、約6年ぶりの訪問になります。

カウンター席とテーブル席のある店内は、昼の遅い時間にも関わらずたくさんのお客さんで賑わっていました。

秦野で創業40年近く、地域密着型の人気店です!!(^^)v


メニューは、「ラーメン(650円)」・「ワンタンメン(950円)」・「チャーシューメン(1050円)」・「チャーシューワンタンメン(1250円)」・「にらラーメン」・「キムチラーメン」・「サンマーメン」・「ねぎみそラーメン(900円)」・「タンメン(950円)」等々。

カツ丼(1000円)・焼肉丼(1000円)・ミニチャーシュー丼(300円)、もやし炒め定食(840円)・にら炒め定食・野菜炒め定食(960円)・カツ煮定食・焼肉定食等のご飯メニューも充実しており、ラーメンとのセットメニューもあります。

ギョーザ(420円)・半ゆでワンタン(4個)(280円)・ゆでワンタン(8個)・冷やしワンタン・揚げワンタン・もやし炒め・野菜炒め等の一品料理も豊富に揃っており、「味の大西 本店」譲りでメニューのバリエーションは豊富です。


最近『小田原系ラーメン』のお店で提供されているカツ丼にハマっているので、こちらでも注文することに!!(^^)v

※参考:『小田原系』のカツ丼
足柄下郡湯河原町の「味の大西 本店」、足柄上郡松田町の「大西」、足柄下郡湯河原町の「国味ラーメン」、静岡県熱海市の「王ちゃん」等々。


ボリュームたっぷりの玉子とじ豚カツは、しゃきしゃきの食感の玉ねぎが良いアクセントで、醤油ベースの濃いめな味付けが癖になりますね〜。

これぞ『小田原系』のカツ丼です!!(^^)v

セットのスープは、『小田原系』ならではの豚骨鶏ガラベースの濃いめの醤油味ですが、幾分すっきりとしたテイストで飲みやすかったです。


ゆでワンタンも、『小田原系』ならではの大振りでジューシーな仕上がりで、幾分ニンニクの量は控えめだったので、酢醤油のタレでさっぱり食べれました(^^)v



営業時間:11時半〜14時半・18時〜21時
定休日:木曜&第3水曜
駐車場:あり(少し離れた所に3台+店前に1台駐車可)

武田丸 本店@沼津

20190102_161048特上ちらし丼(2646円)


(2019年1月2日のレポート。)

JR各線沼津駅よりバスで15分ほど。

静岡県沼津市「沼津魚市場」の近くにある海鮮食事処で、“漁師寿し”の看板が掲げられています。

オーナーは元漁師だそうで、こちらの本店を含め沼津港界隈に系列店が3店舗あります。

今年も新年から沼津港界隈はたくさんの人で大賑わいを見せていました(^^)v

20190102_154702

メニューは、特選漁師定食・漁師定食・刺身定食・金目煮付定食・桜えびかきあげ定食、特上ちらし丼(2646円)・中とろ丼・漁師丼(上)・漁師丼・びっくり丼・生しらす桜えび丼、おまかせにぎり・大瀬・淡島・伊豆・港上寿司・マグロにぎり、武田丸コース・御用邸コース等があります。


人気の特上ちらし丼は、甘エビ・ウニ・イクラ・イカ・カニ・マグロ(ビントロ)・アジ・サーモン・アナゴ・つぶ貝・ブリ・カズノコ・玉子等が豪快に盛られており、どのネタも大振りで食べ応えは充分です!!

新年早々から贅沢な一品に満足できました(^-^)v



住所:沼津市千本港町115-4
電話番号:055-952-3311
営業時間:10時半〜18時(※土日祝日は20時まで)
定休日:無休
駐車場:店前にあり


**************************************************


〜『世界遺産 富士山』構成資産(静岡県富士宮市)〜


人穴浅間神社 鳥居人穴富士講遺跡 人穴浄土門の碑
人穴富士講遺跡
人穴浅間神社 鳥居(左)・人穴浄土門の碑(右)








人穴浅間神社 参道人穴浅間神社 社殿
人穴富士講遺跡
人穴浅間神社 参道(左)・人穴浅間神社 社殿(右)








人穴富士講遺跡 溶岩洞穴「人穴」人穴富士講遺跡 碑塔群
人穴富士講遺跡
溶岩洞穴「人穴」(左)・碑塔群(右)








音止の滝音止の滝
白糸ノ滝
音止の滝








白糸の滝(日本の滝百選)白糸の滝(日本の滝百選)
白糸ノ滝
白糸の滝(日本の滝百選)








白糸ノ滝 食行身禄の碑白糸ノ滝 お鬢水
白糸ノ滝
食行身禄の碑(左)・お鬢水(右)

わさらび@伊豆高原

20190101_120233支那そば塩(750円)


(2019年1月1日のレポート。)

伊豆急行線伊豆高原駅より徒歩10分ほど。

『幕山』登山後の栄養補給に、元旦から営業しているこちらのお店へ!!(^^)v

静岡県東部を代表する人気ラーメン店、約2年ぶりの訪問になります。


メニューは、「支那そば醤油(750円)」・「支那そば塩(750円)」・「味噌そば(850円)」・「醤油つけそば」・「塩つけそば」・「味噌つけそば」・「油そば」・期間限定メニューの「鮪そば」、ハーフカレー(400円)・塩かルビ丼(400円)・水餃子(350円)等があり、各種トッピングも揃っています。

随分とご無沙汰してしまったので、約11年半ぶりとなる基本の「支那そば塩」を注文しました。


動物系ベースに魚介ダシが香る和風ラーメン、昔食べた時よりも動物系の厚みがグッと増した印象ですが、素材の高度なバランス感覚は相変わらず凄まじいの一言ですね〜(^^;)

程よい主張の塩ダレやほんのり浮いた香味油とのバランス加減も本当に絶妙です!!(^o^;)


自家製の麺は、やや平たい形状の細ストレートで、ふんわり上品な小麦の風味も感じられて、まるで白米を食べているような飽きのこない味わいです(^^)v

トッピングには、白髪ネギ・ミズナ・海苔・メンマ・豚バラチャーシューが乗っています。


いや〜こんなに美味しい塩ラーメンは久しぶりに食べました!!(^^;)

ここ何年かで食べた塩ラーメンの中でも断トツNo.1ですね〜!!!!


20190101_120555
塩カルビ丼(400円)


人気の塩カルビ丼、香ばしく焼き上がった塩味の豚カルビは、トロミのある香ばしいタレとの相性も抜群です!!(^^)v


次回は未食の「味噌そば」か「油そば」か、または久しぶりに限定メニューにもチャレンジしてみたいですね〜。



営業時間:平日土曜…11時半〜14時半・17時〜19時、日曜祝日…11時〜15時頃(※材料が無くなり次第終了)
定休日:火曜&第2・4月曜(※月曜が祝日の場合は昼のみ営業)


**************************************************


〜幕山(標高626m)から拝む2019年の御来光(神奈川県足柄下郡湯河原町)〜



幕山山頂から拝む2019年の御来光幕山山頂から拝む2019年の御来光









幕山山頂から拝む2019年の御来光幕山山頂から拝む2019年の御来光









幕山山頂から拝む2019年の御来光幕山山頂から拝む2019年の御来光









幕山山頂から拝む2019年の御来光幕山山頂から拝む2019年の御来光









幕山登山道から真鶴半島〜湯河原市街〜初島〜伊豆大島を望む幕山山頂から天照山〜鞍掛山を望む
幕山登山道から真鶴半島〜湯河原市街〜初島〜伊豆大島を望む(左)・幕山山頂から天照山〜鞍掛山を望む(右)









大石ヶ平一の瀬橋付近の山の神
大石ヶ平(左)・一の瀬橋付近の山の神(右)





今年の御来光登山コースは、幕山公園駐車場(標高約190m)を拠点に、湯河原梅林を経由して幕山(標高626m)に登頂し、自鑑水分岐→大石ヶ平→一の瀬橋を経由して幕山公園駐車場に戻りました。

下山後は、伊豆高原まで足を延ばして「赤沢日帰り温泉館」で日帰り入浴し、汗を流して冷えた体を温め直し、元旦から優雅に過ごしました(^^)v

2018年の総括

〜印象に残ったラーメン〜
蓬来軒 千葉店@新検見川
○決@東中神
豚菜館@二階堂
彩華ラーメン 屋台@天理
麺楽@河辺
無心@学園前
ゆいや@田中
竹駒@花巻
高権@花巻
オーモリラーメン 新井店@北新井
ajito ism@大井町
梅田飯店@西桐生
うらしま@打田
丸高中華そば 六十谷店@六十谷
マツワキ食堂@肝属郡肝付町
鷹@朝日通
三平らーめん 照国本店@天文館通
2018年計:70杯

〜印象に残った蕎麦・うどん・丼モノ・定食・その他和食等〜
今井食堂@北山
刀屋@上田
本家七代目 裁ちそば まる家@南会津郡檜枝岐村
がもううどん@鴨川
山内うどん@黒川
谷川米穀店@仲多度郡まんのう町
鶴丸@瓦町
王ちゃん@湯河原
安田屋@秩父郡小鹿野町
活魚料理 いなさ@加太

〜印象に残ったカレー・洋食・スイーツ等〜
カレーレストラン SHIBA@稲毛
キッチン南海 沼袋店@沼袋
大弛小屋@大弛峠
グリンデル@白馬
天文館むじゃき 本店 1F白熊菓琲@天文館通
Profile

GATZ

Categories
Archives
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ