PROJECT:GATZ

B級グルメ、主にラーメンの食べ歩きを綴って行きます。

はなやま@富雄

20180302_223738鯛だし塩そば(極細麺)(680円)+とりそぼろごはん(230円)


(3月2日のレポート。)

近鉄奈良線富雄駅より徒歩5分ほど。

奈良県奈良市にある鯛ダシで人気のラーメン店で、平日は夜のみの営業で、土曜の昼は「春日」と言う屋号で濃厚つけ麺のみを提供しています。

何気にハードルが高くて、ずっと気になっていたのになかなか行けなかったお店です!!

店内はL字型のカウンター席のみの造りで、小料理屋のような落ち着いた雰囲気が漂っています。

20180302_223329

基本メニューは、「鯛だし塩そば(極細麺)」・「鯛だし醤油そば(平打麺)」・「鯛だしブラック(極細麺)」・「鯛だし塩黒胡麻レモン(極細麺)」・「鯛だしつけ麺(平打麺)」、ごはん・卵ごはん・とりそぼろ等があります。

メニュー表の左上にあった基本の「鯛だし塩そば(極細麺)」を注文しました。


スープは透き通った清湯のあっさり塩味で、鶏ガラや豚骨ベースにほんのり和風ダシが香り、じんわりと出汁の旨味が押し寄せてきます。

表面に浮いた香味油の風味がやや強めに効いており、インパクトを補っているのでしょうか、物足りなさは感じさせない仕上がりです。

食べ進むに連れて、鯛ダシ特有の風味が鼻腔を抜けていきます(^^)v

麺は、固めに茹でられザックリとした食感が残る極細麺を使用しています。

トッピングには、春菊・メンマ・海苔・豚チャーシューが乗っています。

春菊自体の風味は結構強いですが、全体的に香味油の主張の方が強いのであまり気になりませんでした。

じんわり美味しいレベルの高い塩ラーメンが堪能できました(^-^)v


人気サイドメニューの「とりそぼろごはん」は、たっぷりの鶏そぼろ・こんにゃく・海苔・ネギが盛られた食べ応えのある一品でした!!



住所:奈良市鳥見町1-1-4
電話番号:0742-46-1919
営業時間:平日…18時〜24時、土日祝日…11時半〜14時半・18時〜24時(※土曜日の昼は「春日」と言う屋号で濃厚つけ麺のみを提供)
定休日:水曜日
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)


**************************************************


〜愛宕念仏寺(京都府京都市右京区)〜


愛宕念仏寺 仁王門愛宕念仏寺 地蔵堂
仁王門(左)・地蔵堂(右)








愛宕念仏寺 本堂広沢池から愛宕山を望む
本堂(左)・広沢池から愛宕山を望む(右)

グリル小宝@東山

20180302_185359オムライス(中)(1000円)


(3月2日のレポート。)

地下鉄東西線東山駅より徒歩15分ほど。

平安神宮の近くにある1961年創業の老舗洋食店で、店名は「小宝」と書いて「こだから」と読みます。

なんでも、創業者が修業していた、かつて京都市東山区祇園にあった「たから船」と言う洋食店から一文字を貰って名付けたそうです。

「グリル小宝」は、この界隈ではかなりの人気店として知られているようで、店内はたくさんのお客さんで賑わっていました。

20180302_184648

メニューは、名物のオムライス(小・中・大)を始め、チキンライス・ヤキメシ・ハイシライス・ミックスサンド・カツサンド・エビスパゲティ・カニクリームコロッケ・チキンテリヤキ・ポークケチャップ・ハンバーグステーキ・ビーフシチュー等があります。

バリエーション豊富なランチや上ランチ(※夜でも注文可能だそう)も人気があるようです(^^)v

名物のオムライスを中サイズで注文しました!!


ふわふわ柔らかくも程よい食感が残る玉子に、独特な香ばしさとほろ苦さのあるドミグラスソース(「グリル小宝」では“ドビソース”と呼んでいます。)が掛かっています。

ドミグラスソースは、二週間以上煮込んでいると言う特製で、ブイヨンベースに牛スジ肉・玉ねぎ・ニンジンを入れて弱火で煮込み、途中でトマトケチャップ等を投入しているそうです。

中のケチャップライスは、グリーンピース・玉ねぎ・豚肉等の具が入り、上品で本格的な仕上がりながらもケチャップ味本来の素朴さも残している絶妙な味わいです。

やはり、特製のドミグラスソースが味の決め手でしょうか、美味しかったです!!(^^)v


余談ですが、ホールスタッフのお水の注ぎ方パフォーマンスがかなり決まっています!!

グラスを低い位置に持ってきて、水差しを1mくらい離した高い位置から、的を外さず水を一滴もこぼさずに注いでくれます!!(^^;)

まさに、落差のある滝のように豪快で、スタッフの動きのキレも凄いですね〜。

周りのお客さんはみんな、普段から見慣れているのでしょうか、特にリアクション無しでしたが、初めて見る人はけっこう驚くと思います!!(^o^;)

お水を何度もおかわりしてしまったことは言うまでもありません(笑)



住所:京都市左京区岡崎北御所町46
電話番号:075-771-5893
営業時間:11時半〜21時45分
定休日:火曜&水曜
駐車場:少し離れた所に4台分あり


**************************************************


〜大覚寺(旧嵯峨御所)(京都府京都市右京区)〜


大覚寺 式台玄関大覚寺 五大堂
式台玄関(左)・五大堂(右)








大覚寺 正寝殿大覚寺 大沢池
正寝殿(左)・大沢池(右)









〜福王子神社(京都府京都市右京区)〜


福王子神社 鳥居と拝殿福王子神社 本殿
鳥居と拝殿(左)・本殿(右)

ほそかわ 花屋町本店@西京極

20180302_130418ラーメン(並)(700円)


(3月2日のレポート。)

阪急京都線西京極駅より徒歩15分ほど。

1985年創業、ご主人は京都市左京区北白川久保田町(銀閣寺の近く)にある『京都ラーメン』の有名老舗店・「ますたに」の出身だそうです。

京都市右京区西院乾町に支店の「西院店」があり、京都府城陽市に暖簾分け店もあるようです。

『京都ラーメン』の中でも、「ますたに」を始め、「いいちょ」「杉千代(閉店)」「タンポポ」「桃花春(2018年1月閉店)」等に代表される『背脂鶏ガラ醤油系』とも称される系統の人気店として知られています!!

店内はカウンター席とテーブル数席があり、たくさんのお客さんで賑わっていました。

20180302_125712

メニューは、「ラーメン」と「チャーシュー」があり、各種並と大があります。

ライス・キムチ・玉子もあります。


うっすら白濁した鶏ガラ豚骨醤油スープに大量の背脂が浮いています。

食べ始めは背脂のコクと甘味が広がり、次第に一味唐辛子の辛味がジワリジワリと効いてきます。

結構な辛味が効いていますね〜(^^;)

見た目よりも後味がすっきりしているのが、『背脂鶏ガラ醤油系』の特徴でもあるのでしょうか。


麺は、デロンデロン柔らかめに茹でられた細麺を使用しています。

トッピングには、たっぷりの九条ネギ・メンマ・豚チャーシューが乗っています。


「ますたに」のスタイルをしっかり受け継いでおり、伝統的な『背脂鶏ガラ醤油系』のスタンダードとも言える1杯ですね〜(^^)v



住所:京都市右京区西京極南庄境町15
電話番号:075-314-9366
営業時間:10時〜20時
定休日:日曜日
駐車場:店前に5台分


**************************************************


〜賀茂御祖神社(下鴨神社)(京都府京都市左京区)〜


下鴨神社 表参道(糺の森)下鴨神社 楼門
表参道(糺の森)(左)・楼門(右)








下鴨神社 舞殿下鴨神社 神服殿
舞殿(左)・神服殿(右)








下鴨神社 橋殿下鴨神社 御手洗池&井上社
橋殿(左)・御手洗池&井上社(御手洗社)(右)








下鴨神社 供御所下鴨神社 中門
供御所(左)・中門(右)








下鴨神社 摂社三井神社下鴨神社 摂社出雲井於神社
摂社三井神社(左)・摂社出雲井於神社(右)

今井食堂@北山

20180302_111747さば煮定食(700円)


(3月2日のレポート。)

地下鉄烏丸線北山駅より徒歩25分ほど。

京都府京都市北区にある「さば煮」で有名な老舗食堂で、世界遺産にも登録されている「上賀茂神社」の真ん前にあります。

昼の数時間のみの短い営業で、土日は長い行列ができることでも知られています。

元々はうどん屋として創業し、名物の「さば煮」を始めたのは今から40年ほど前からだそうです。

店内は左右の壁沿いに並んだカウンター席のみの造りで、11時の開店直後を狙ったのですが、既に先客が10人近くいました(^^;)

その後も続々とお客さんがやって来ますが、持ち帰りがほとんどでした。

20180302_111312

メニューは、「さば煮定食」と「おすすめ定食」の2種類のみで、持ち帰りも可能です。

提供されるまでかなりスピーディーなので、待ち時間は少なめです。

「さば煮定食」には、さば煮(大)・ご飯・おつゆ・漬け物が付いてきます。

ちなみに、「おすすめ定食」には、さば煮(小)・チキンカツ・コロッケ・玉子焼き・ご飯・おつゆが付いてきます。


名物の「さば煮」は、醤油で煮込まれているので、漆黒とも言える黒色です!!

原形はとどめていますが、骨まで柔らかく煮込まれており、中まで醤油ダレの旨味がしっかり染み込んでいます。

なんでも、40年以上継ぎ足し続けている秘伝のタレで3日間煮込んでいるそうです。

いや〜こりゃあ確かに白ご飯が進むったらありゃしない!!(^^)v

おつゆ(味噌汁)には、大根や豆腐等が入っており、やはり関西風の甘味がある味付けです。


シンプルな構成の定食ですが、実に旨かった!!!!

「さば煮」でココまで感動したのは初めての経験ですね〜。

また是非とも立ち寄りたい1軒です(^^)v




住所:京都市北区上賀茂御薗町2
電話番号:075-791-6780
営業時間:11時〜14時(※材料が無くなり次第終了)
定休日:水曜日
駐車場:なし(近くに有料駐車場あり)


**************************************************


〜賀茂別雷神社(上賀茂神社)(京都府京都市北区)〜


上賀茂神社 外幣殿上賀茂神社 楽屋
外幣殿(左)・楽屋(右)








上賀茂神社 土屋上賀茂神社 舞殿(橋殿)
土屋(左)・舞殿(橋殿)(右)








上賀茂神社 立砂と細殿上賀茂神社 玉橋と楼門
立砂と細殿(左)・玉橋と楼門(右)








上賀茂神社 幣殿(祈祷殿)上賀茂神社 中門
幣殿(祈祷殿)(左)・中門(右)








上賀茂神社 摂社片山御子神社上賀茂神社 摂社須波神社
摂社片山御子神社(左)・摂社須波神社(右)

キッチン南海 高円寺店@高円寺

20180227_174418カツカレーライス(790円)+目玉焼き&ウインナー付(170円)


(2月27日のレポート。)

JR中央線・総武線高円寺駅より徒歩3分ほど。

神田神保町に本店を構える「キッチン南海」は都内各地に暖簾分け店があり、JR高円寺駅の高架線下に佇んでいるこちらもその一つで、2017年8月に高円寺駅北口から現在地へ移転したようです。

店内は真新しく改装されており、カウンター席・2人掛けテーブルが5席・1人用テーブルが2席ありました。

電車が通過する度に店内がガタゴト響きます(^^;)

20180227_173437

カレーメニューは、カレーライス(660円)・カツカレーライス(790円)・メンチカツカレーライス・チキンカツカレーライス・クリームコロッケカレー・海老フライカレー・ハンバーグカレー・ドライカレー等があり、追加メニューとして目玉焼き&ウインナー付・海老フライ追加(1本)・カキフライ追加(3個)・お新香・味噌汁等があります。

一品定食メニューは、しょうが焼きライス(830円)・チキンカツライス・メンチカツライス・ハンバーグライス・鳥の唐揚げライス・カツライス・海老フライライス等があります。

しょうが焼き・白身魚フライ・メンチカツ・チキンカツ・ハンバーグ・クリームコロッケ・鳥の唐揚げ等からお好み品を選択して組み合わせが可能な「お好み1品と目玉焼き&ウインナー(710円)」や「お好み1品と海老フライ(1本)(850円)」等の盛り合わせ定食メニューもあります。

周りのお客さん達は、様々なお好み品をチョイスして豊富なバリエーションの盛り合わせメニューを注文していました(^^)v

人気のカツカレーライスに、目玉焼き&ウインナーを付けて注文しました!!


ステンレス製の器には、カレーライス・豚カツ・キャベツ・目玉焼き・ウインナーが豪快に盛られています!!

『金沢カレー』を彷彿させる見た目とボリュームですね〜。

トロンとしたカレーソースはかなり熱々な仕上がりで、黒さは控えめながら独特な香ばしさが癖になります。

目玉焼きはトロトロの半熟で、ウインナーは小振りながらジューシーな食べ応えです。

大振り肉厚な豚カツは熱々な仕上がりで、脂身もほどほどにあって食べ応えも充分にあります(^^)v


ボリュームたっぷりで満足できました!!

ただ、カレーソースも豚カツもかなり熱々なので、火傷に注意は必要です(^o^;)



住所:杉並区高円寺南4-43-4
電話番号:03-5356-5570
営業時間:11時半〜15時・17時〜22時
定休日:日曜&第1・3水曜
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)

キッチン南海 南池袋店@雑司が谷

20180226_172438チーズ入カツカレー(700円)


(2月26日のレポート。)

地下鉄副都心線雑司が谷駅・都電荒川線鬼子母神前駅より徒歩8分ほど、又は各線池袋駅より徒歩10分ほど。

神田神保町に本店を構える「キッチン南海」は都内各地に暖簾分け店があり、明治通り沿いにひっそり佇んでいるこちらもその一つです。

店内はカウンター席とテーブル3席の小ぢんまりとした造りで、高齢のご夫婦??が切り盛りしており、明るく開放的な雰囲気が漂っています。

20180226_171811

メニューは、カレーライス(520円)・生タマゴ入カレーライス・チーズ入カレーライス・カツカレー(650円)・チーズ入カツカレー・チキンカツカレー・コロッケカレー・メンチカツカレー、チキンカツライス・あじフライライス・いかフライライス・しょうが焼ライス(670円)・チキンカツしょうが焼ライス(690円)・いかフライしょうが焼ライス・クリームコロッケしょうが焼ライス・えびフライしょうが焼ライス・ロースカツライス・ヒレカツライス等々、メニューのバリエーションは豊富にあります。

こちらでも「カツカレー」が一番人気とのことで、お腹が空いていたので「チーズ入カツカレー」を注文しました。

「キッチン南海」のカレーソースにチーズがよく合うことは、先日訪問した沼袋店で実証済みです!!(^^)v


黒さが控えめなカレーソースはトロンとした口当たりで、程よく爽快な辛味が後をひく仕上がりです。

やはり、トロトロに溶けたチーズが嬉しいですね〜(^^)v

サクサクな食感の豚カツは、濃厚なカレーソースとの相性も良く、実に素朴で美味しいです。

レタス&キャベツのサラダと味噌汁がセットで付いてきます。


相当お腹が空いていたせいか、ボリューム的には少し物足りなかったかな〜。

でも、美味しかった!!(^-^)v



住所:豊島区南池袋1-7-1
電話番号:03-3981-4231
営業時間:11時〜15時・16時半〜20時(※土曜日は昼間のみの営業)
定休日:日曜日
駐車場:なし(少し離れた所にコインパーキングあり)

キッチン南海 沼袋店@沼袋

20180221_144840チキンカツしょうが焼き(750円)


(2月21日のレポート。)

西武新宿線沼袋駅より徒歩2分ほど。

神田神保町に本店を構える「キッチン南海」の暖簾分け店の一つ、2日前に「カツカレー」を食べて熟練職人の為せる技に感動してしまい、どうしても他のメニューが気になったのでまた沼袋まで来てしまいました!!!!(^^;)

昼の遅い時間帯の訪問でしたが、通し営業でやっているので有難いなぁ。

「カツカレー」と並んで人気と言う「チキンカツしょうが焼き」を注文しました!!


大皿にはチキンカツ・しょうが焼き・パスタ・キャベツとカイワレが盛られており、セットでご飯と味噌汁が付いてきます。

基本的なスタイルは、先日食べた早稲田店の「しょうが焼きチキンカツ」と同じですね〜。


チキンカツは、衣の程よいさっくり感とチキンの柔らかで癖のない食感が特徴で、何より揚げたて具合が絶妙でとても食べやすい仕上がりです!!

しょうが焼きは、濃いめな味付けが癖になる仕上がりで、これならご飯がいくらでも食べれそうです(^^)v

みずみずしくてシャキシャキ感のある千切りキャベツも、良い箸休めになりますね〜。


いや〜、美味しいなぁ。

やはり、熟練職人の為せる技なのでしょうか!!!!(^^;)

キッチン南海 沼袋店@沼袋

20180219_151950カツカレー(700円)+チーズ(100円)


(2月19日のレポート。)

西武新宿線沼袋駅より徒歩2分ほど。

神田神保町に本店を構える「キッチン南海」は都内各地に暖簾分け店があり、こちらはその中でも最古参のお店として知られており、沼袋駅前からのメイン通りを一本細い路地に入った所にひっそりと佇んでいます。

店内はカウンター席のみの奥に細長い造りで、高齢のご夫婦が中休み無しの通し営業で切り盛りしています。

ご主人は、神田神保町での修業時代も含めて55年もの間「キッチン南海」の看板を背負っているとのこと!!(^^)v

20180219_151009

メニューは、カツカレー・ロースカツライス・チキンカツしょうが焼き・カレーライス・串カツカレー・しょうが焼きライス・クリームコロッケしょうが焼き・串カツしょうが焼き・サーモンフライしょうが焼き・イカフライしょうが焼き・エビフライしょうが焼きがあり、エビ・サーモンフライ・イカ・チキン・コロッケ・チーズ(カレー用)と言った各種トッピングも揃っています。

正に昭和の洋食屋さんと言ったメニュー構成ですね〜。

一番人気と言う「カツカレー」をチーズトッピングで注文しました。


黒さが控えめのカレーソースは、程よいトロミがあり、爽快感のある辛さとほのかに香るほろ苦さが特徴的です。

「キッチン南海」と言えば黒いカレーソースが特徴ですが、ご主人は黒いカレーがあまり好きではないそうです。

トロリと溶けたチーズがカレーソースと合わさることにより、濃厚でマイルドな味わいを演出しています。

いや〜、このチーズトッピングは大正解でした!!(^^)v


豚カツは、カツ自体の厚さは薄めですが、しっかり衣で揚げられていてサクサクな食感が楽しめます。

シャキシャキでみずみずしさが残る千切りキャベツも添えられています。


これぞ熟練職人の為せる技でしょうか、「キッチン南海」を踏襲しながら独自のスタイルが確立されています。

昔懐かしくも古さを一切感じさせない、そんなカツカレーが堪能できました!!(^^)v

高齢のご主人ですが、これからも健康で無理なくお店を続けていって欲しいと思いますm(_ _)m



住所:中野区沼袋3-27-6
電話番号:03-3386-7335
営業時間:11時半〜22時
定休日:金曜日
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)

つばさ家@立川

20180217_153449ラーメン(670円)


(2月17日のレポート。)

JR各線立川駅より徒歩5分、多摩モノレール立川北駅より徒歩2分ほど。

2006年6月オープン、東京都立川市で絶大な人気を誇っていると言う『横浜家系ラーメン』の人気店です。

ご主人は「六角家(※本店は2017年10月に閉店)」で修業経験があり、現在は武蔵境にも支店があるようです。

長年の宿題店に念願の初訪問になります!!

20180217_152911

メニューは、「ラーメン」・「味玉ラーメン」・「のりラーメン」・「のり玉ラーメン」・「チャーシューメン」・「全部のせラーメン」等があり、各種中盛と大盛にもできます。

「つけ麺」・ライス・各種トッピングもあります。


スープは脂多めでこってりしていますが、出汁と醤油ダレによる濃厚感は控えめで、全体のバランスが取れた食べやすい仕上がりです。

正に「六角家」スタイルの1杯ですが、物足りなさは感じさせないですね〜。

麺は長さが短めの中太麺を使用しており、ちょうど良い長さで食べやすいです。

トッピングには、ネギ・ほうれん草・海苔3枚・豚チャーシューが乗っています。


食べ応えがある上に食べやすさもある、なるほど、人気があるのも納得な1杯でした(^^)v



住所:立川市曙町1-30-13 大久保ビル1F
営業時間:11時〜翌2時
定休日:無休
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)


**************************************************


〜高水三山(東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町)〜


岩茸石山から本仁田山〜雲取山〜川苔山〜蕎麦粒山を望む岩茸石山から棒ノ折山〜武甲山〜武川岳を望む
岩茸石山の山頂(標高793m)から本仁田山〜雲取山〜川苔山〜蕎麦粒山を望む(左)・岩茸石山の山頂から棒ノ折山〜武甲山〜武川岳を望む(右)








岩茸石山から日和田山〜日高市街を望む岩茸石山から高水山〜飯能市街を望む
岩茸石山の山頂から日和田山〜日高市街を望む(左)・岩茸石山の山頂から高水山〜飯能市街を望む(右)








岩茸石山から御前山を望む高水山から岩茸石山にかけての稜線
岩茸石山の山頂から御前山を望む(左)・高水山から岩茸石山にかけての稜線(右)

○決@東中神

20180217_143402中華そば(500円)+わんたん(200円)


(2月17日のレポート。)

JR青梅線東中神駅より徒歩4分ほど。

東京都昭島市の人気ラーメン店で、店名は「○決」と書いて「まるひろ」と読みます。

看板には「昔ながらの中華そば」とあります(^^)v

カウンター席のみの店内は、近所の常連さん達で賑わいを見せており、いぶし銀職人的な雰囲気を醸し出しているご主人が切り盛りしています!!

20180217_142645

メニューは、「中華そば(500円)」・「中華そば(中)」・「中華そば(大)」・「つけ麺」・餃子と、チャーシュー・ネギ・わんたん・玉子(味付)のトッピングがあり、かなり絞られた形で提供されています。


スープは、鶏ガラ豚骨ベースに野菜や魚介ダシの香りが効いたバランス系醤油味で、さっぱりとした口当たりでグイグイ行けてしまいます!!(^^)v

麺はやや固めに茹でられた細縮れ麺で、啜る時の弾けるような食感がこれまた楽しいです!!

トッピングには、ネギ・メンマ・海苔・ナルト・大振りの豚バラチャーシューが乗っています。

わんたんは、皮は厚めで、中の具は生姜のさっぱりとした風味が特徴的で、追加注文しておいて大正解な逸品でした!!


昔ながらの『東京ラーメン』を現代風にブラッシュアップさせたような1杯で、もろに自分好みのラーメンだったことは言うまでもありません(^^)v

しかも、これだけレベルの高いラーメンが今時たったのワンコイン(500円)で食べられるとはなぁ…!!!!

いや〜本当に恐れ入りましたm(_ _)m



住所:昭島市玉川町1-4-13
営業時間:11時〜19時半頃(※材料が無くなり次第終了)
定休日:木曜日
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)


**************************************************


〜高水三山(東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町)〜


「高水三山」は、御岳渓谷の北側にそびえる「高水山(標高759m)」・「岩茸石山(標高793m)」・「惣岳山(標高756m)」の総称で、いずれも標高800mに満たない低山ですが、適度なアップダウンのあるコース・山頂からの大展望・交通の便がよい・古くからの神社仏閣が参拝できる等の理由で、奥多摩登山における絶好の入門コースとして知られています!!(^^)v

今回の登山コースは、JR青梅線軍畑駅(標高245m)をスタートし、高源寺→「常福院 不動堂」を参拝して高水山(標高759m)→岩茸石山(標高793m)に登頂し、惣岳山(標高756m)→JR青梅線御嶽駅(標高235m)に下山しました。


常福院 不動堂高水山(標高759m)
常福院 不動堂(左)・高水山の山頂(標高759m)(右)








岩茸石山(標高793m)岩茸石山山頂の三等三角点
岩茸石山の山頂(標高793m)(左)・岩茸石山山頂の三等三角点(右)








惣岳山(標高756m)惣岳山山頂に鎮座する青渭神社 奥宮
惣岳山の山頂(標高756m)(左)・惣岳山山頂に鎮座する青渭神社 奥宮(右)





標高800mに満たない低山の縦走でしたが、2月と言うことで、積もった雪が固まってアイスバーンになっていた箇所も一部ありました。

積雪による影響か、予想していたよりも登山者が少なめで、とても静かな山歩きが堪能できました(^^)v
Profile

GATZ

Categories
Archives
最新コメント
最新トラックバック
  • ライブドアブログ