20181118_210003ちゃーしゅーざる(1350円)


(2018年11月18日のレポート。)

各線新宿駅より徒歩3分。

創業は1961年(昭和36年)、すぐ近くにある「ほりうち」と共に新宿エリアを代表する超人気ラーメン店で、約10年ぶりの訪問になります。

2007年に創業者で先代オーナーの高野氏が引退し、長年高野氏と共にお店を切り盛りしてきた堀内氏が「ほりうち」をオープンさせ、2008年に高野氏の息子さん(娘さん!?)が二代目オーナーとして新宿の元々あった場所に「満来」を復活オープンさせたことにより、目と鼻の先に同じ系統のお店が2軒存立することになったようです。

ですが、どちらのお店もいつもたくさんのお客さんで賑わっています!!

この日も日曜の夜でしたが、カウンター席のみの店内はたくさんのお客さんで賑わっていました。

ちなみに、こちらの「満来」で修業を積んで独立したお店には、「ほりうち」を始め、新宿一丁目の「佐高」・飯田橋の「秀栄(閉店)」・八王子の「大安」等があります。


メニューは、「らあめん(950円)」・「ちゃーしゅーらあめん(1550円)」・「ざる(1000円)」・「納豆ざる」・「メンマざる」・「ちゃーしゅーざる(1350円)」・単品バタートッピングがあり、各種+300円で大盛にもできます。


つけ汁の器には、豚チャーシューがこれでもか!!というくらい盛られており、見た目以上に凄いボリュームです!!(^^;)

器の中には、ネギやメンマも沈んでいます。

つけ汁は、鶏ガラ豚骨ベースの清湯醤油味で、醤油のガツンとした塩っぱさに加えて七味唐辛子による辛味が強めに効いており、さらに酸味も程よく効いています。

麺はもちもち感のある中太麺で、「ほりうち」と比較すると丸みを帯びており、太さも細めに仕上がっています。

個人的な麺の好みでは、不揃いな食感がより楽しめる「ほりうち」の方ですかね〜。


いや〜やはり凄いボリュームで食べ応えも充分でした!!

「満来」と「ほりうち」、共に流行りのスタイルではないかもしれませんが、そんなのに左右されない堂々たる存在感ですね〜。

この二つのお店の不動な人気っぷりを目の当たりにすると、濃厚でドロドロなばかりがつけ麺ではないことを改めて思い知らされます(^^)v



住所:新宿区西新宿1-4-10
電話番号:03-3340-2727
営業時間:11時〜23時
定休日:無休
駐車場:なし(近くにコインパーキングあり)