Gazzetta ななめ読み

気になる海外スポーツNewsをななめ読み。サッカーの話題を中心に...。 天皇杯 浦和レッズの優勝。

インテルはバルサに願い、トッテナムは勝つ気満々

欧州チャンピオンズリーグインテルが争うグループBはすでにバルセロナが勝ちぬけ。

バルセロナ監督、インテルは安心を

残る1枠は、勝ち点7同士の2位トッテナムと3位インテルの争い。インテルはPSV戦に勝ち、カンプノウのバルサ対トッテナム戦でバルセロナ頼み。

今のところ、メッシの出場は未定。’AS’等によると、ヴァルヴェルデ監督は常に勝つために挑むという。

「インテルの友人たちは平静でいられるといえるだろう。火曜バルサのベストチームで臨み、トッテナムに勝ちたい。

我々クラブはチャンピオンズリーグを非常に尊重しているんだ。最大の成果を獲得するために各試合に立ち向かう。

むろんインテルの関心のためではなく、我々の利益に関連した選択をするだろう」

ただし、監督は数選手に休みが必要と考えているらしい。ピケ、アルバ、ブスケツ、ラキティッチ、ヴィダル、スアレスら。完全な休みか、45分だけのプレイか思案のしどころ。

ヴィダル、グループ突破が決まっていても

バルセロナのヴィダルはグループ首位突破が決まろうが、最終戦に手を抜く気はないと主張。

’エクスプレス’によれば、「バルサ選手として、我々は負けなしでグループ戦を終えたいんだ。

次のステージに昂然と向かうために。すでに首位は保証されているが、ファンの前でグループ戦勝利で終えるのが次ラウンドへの良いやり方。

トッテナム戦で我々のプレイスタイルは変えないよ。誰もリラックスとか、力を抑えたりしないだろう」

トッテナム監督、バルセロナ戦で勝利は可能

一時はチャンピオンズリーグ戦グループ敗退危機が濃厚だったけれど、最終戦まで運命をつないだトッテナム

’イブニング・スタンダード’によれば、ポチェッティーノ監督はカンプノウで勝てると自信。「我々にはチャンスがあり、自信があるんだ。

それが最も大切。何が起きるかわからないが、我々は楽しみたい。当然、3位の可能性はあるよ。相手は欧州最高チーム。

彼らとの勝負は非常にエキサイティングだ。同時に、そこでのプレイはタフだろう。唯一、幸せになれる方法は試合に勝つこと」

ミラノで完敗のチヴィタノーバ、オーナーの決断?

イタリア男子バレーのリーグ戦、敵地でミラノに完敗したチヴィタノーバ。危機は本物らしい。(が、精神的問題だと思う)。

12日延期試合のチヴィタノーバ対ラティーナ戦とトレンティーノ対ミラノ戦が行われます。メデイ監督はまだベンチに?

ミラノは勝利を喜び、ルベ・オーナーの怒り再燃?

ミラノ対チヴィタノーバ戦3-0 (25-17, 25-22, 25-21) 。非常に痛いストレート負け。

ミラノはAbdel Azizが14点、Maarが13点、クレブノが11点。ルベはソコロフが12点、ユアントレーナが10点。ブロックポイントは9対6、エースは6対5、攻撃率は57対47%。

第3セットは、Nimirの連続エースで4-1リード。スタンコビッチの攻撃アウトで6-2、流れは変わらず12-8。Maarのエースで15-8。シモンのブロック等、反撃を見せて16-13。

しかし、Maarの2加点で20-15。ピアーノが決めて23-17。ユアントレーナの2エースで23-20。クレブノの加点で24-21、最後はそのブロックで25-21。

レガによると、MVPを獲得したミラノのMaarは値する勝利と主張。「これは週の間に我々がやってきた仕事に対する値する成果。

我々はこの試合を重視していたんだ。勝ち点3獲得で、この期間に行った自己犠牲が報われるよ。ミラノは成長中。それが今日も示されている。

我々の所属意識が出ていると思う。仲間に感謝をしたいね。素晴らしい試合をする状況に自分をおいてくれたから」

一方、チヴィタノーバからコメントなし。クラブワールドカップ決勝負けで激怒していたオーナーの怒りが再燃か。メデイ監督の立場はいかに?

’クロナケマチェラテージ’によるとオーナーのジュリアネッリ氏は試合終わりに、「明日、オーナーグループはクラブ幹部たちと検討するだろう」

監督交代といっても、簡単じゃありません。’Gazzetta dello sport’ブラジル男子バレー代表ダルゾット監督の噂があるという。まさか...。
記事検索
livedoor 天気
ギャラリー
  • ライブドアブログ