元ミランのモンテッラ監督はセビージャのベンチを解任されて以来、ピッチから遠ざかっている。監督業に復帰用意があり、うずうずしているらしい。

モンテッラ監督、解任されてもミランには感謝

’Sky’によれば、モンテッラ監督はミランに感謝しているという。「ファッソーネやミラベッリにも。新シーズン開始のチャンスを与えてくれたから。

自分への幾つか疑念を聞いたのは残念だった。けれど、ミランを監督する凄く強い意欲があったんだよ」

戻れるとしたら、「わからない。けれど、おそらく6月に退任するのがより適切だったと思う。最も大きな過ちはコミュニケーションにあったんだ」

ボヌッチを主将に選択したことに、「当時、クラブが彼に主将マークを約束したんだ。時間をとって、自分が望む選択をした。

新加入選手が主将になることを合意したんだよ。自分は選択をし、新オーナーに主将を選ぶ権利があったんだ」

現ガットゥーゾ監督に敬意を持ちながらも、不満があるらしい。「今もまだ混乱があるね。走る距離だけでなく、代謝力も重要。

ミランに行く前、自分は5-6年セリエAで監督をやった。フィジカル状態について語るものより、自分は経験あると思う。今のチーム運営と比較はしない。

誰もが各々のメソッドや自信があるので。ガットゥーゾは好仕事をしながら、優秀監督であるのを示してる。 が、自分のスキルに触れらると少し気分が悪いね」

セリエAでミランサンプフィオを監督。今後に、「監督をやる意欲はあるよ。

仕事に戻り、多くを与えられると思う。意欲があり、適切な経験を獲得した自信があるので。確実に次の選択は誤れない。そして急いではダメだ」

海外に、「違いはないよ。海外で働くのは好き。とにかくイタリアから遠ざかっても、仕事を続けたいんだ」

アンドレ・シウバ、セビージャに残りたい

ミランからレンタル移籍でセビージャでプレイする、FWアンドレ・シウバ。’デスマルケ’によると、クラブが完全買取するのを期待しているという。

「イタリアではプレイ機会が少なかったんだ。一方、ここではすぐに大きな信頼を感じたよ。このチームの一員と感じるんだ。

自分は自身の成果やゴール数に限界をおかない。出来る限り、セビージャに貢献したいね」

将来に、「ネットでセビージャが買取するかもしれないというのを読んだ。でも、今は誰も自分や代理人と話していない。継続性あるプレイをしたいんだ。が、自分の今の状況は少し複雑」