2019女子ユーロを争う、全24チームが決定。日程は8月23日~9月8日、4か国(トルコ、ポーランド、ハンガリー、スロバキア)での争い。

2019ユーロ参戦の24チーム

今の世界女子バレー界は欧州勢が盛り返しているので、誰が女王になるのか楽しみです。

各6チームによる4グループ戦から開始。各グループTop4が一発勝負の次ラウンドへ。グループ抽選は23日イスタンブールで行う予定。

◆ 参加国:セルビア、オランダ、トルコ、アゼルバイジャン、イタリア、ロシア、ベラルーシ、ドイツ、ブルガリア、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ベルギー、スロベニア、クロアチア、スイス、ギリシア、ウクライナ、フランス、ポルトガル、エストニア、フィンランド、スペイン、ルーマニア。

イタリア女子バレー代表監督、クラブ・イタリアのプロジェクトが機能

一方2018世界選手権2位イタリア女子バレー代表は、8月はじめに2020東京五輪の出場権をかけて、オランダベルギーケニアと対戦。

マッツァンティ監督は、’セーコロXIX’で若いチームを本当に誇りに思うと強調していました。

「今回は優秀な新たな世代? どうしてNOなんだい。自分のチームにそう願っているよ。

彼らはすべてを獲得すべき将来を作るための年齢と素晴らしいことをやれる才能を持つチームだ」

世界選手権銀メダルに、「世界選手権メダルと勝利と行動は、我々を知らなかった人々に火をつけた。800万の人々が我々に歩みに注目したんだ。

これらの人々といつも見ていてくれた人々、そして今回バレーの素晴らしさを発見したものがいる。

夢中になるのは用意。再び関心が高まることで、少年少女をバレーに近づける。バレー動向の成長のプロセスは継続中だと思う」

イタリア女子バレー代表チーム作りの基本はクラブ・イタリア。「個々の選手を作るための働きが機能しているね。

今はプレイに注目するプロセスに。実際、彼らはセリエA2とA1の敵に立ち向かっているので」

女子バレーの新世代について、「選手の中では、キリケッラのように14歳の時から知るものがいる。

彼女はクラブ・イタリアでプレイしていた。他はだんだんと到達。皆に世界と戦う大きな意欲がある。

世界選手権の準備中、彼ら自身がより強い敵との対戦を求めたんだよ。その年齢、意欲、才能を持つ選手たち。怪物世代になるかは、さらに向上のために励むか次第だろう」