今季のインテルは浮き沈みが激しい。数年ぶりに戻ったチャンピオンズリーグはすでに敗退し、欧州リーグ戦落ち。今日練習再開へ。

インテル幹部、イグアイン契約更新に問題ない

一方ユベントスから移籍したインテル幹部マロッタ氏は、渦中のイカルディの契約更新問題はないと繰り返す。

’レプブリカ’によればスパレッティ監督はパルマ戦後、クラブに選手の契約更新問題を解決するよう、求めたという。

マロッタ氏は、「スパレッティ監督が言った件に関し、自分は彼との電話で聞いている。今日明日にも話し合うだろう。

完全にイカルディの契約更新は問題ないんだ。契約サインが落ち着きを与える? すでにその件については疑う余地はないと話したよ。

監督と対立する時もあるだろうが、普通のこと。問題というのは完全に否定する」

勝利復帰に、「最も重要なことだ。素晴らしい監督やチーム、納得いく勝利。特に数週前に失っていた自信を取り戻したから」

サネッティ副会長、イカルディとマルチネスはインテルの将来

インテル幹部サネッティは、イカルディとL.マルチネスがインテリスタの将来と信頼を隠さない。

’メディアセット’等によれば、「我々はマルチネスを持つ幸運がある。自分にとっては良いサプライズだ。

伊サッカーへの適応は楽じゃないが、彼は好仕事をやっているよ。素晴らしい将来が待つだろう」

イカルディに、「彼は若く、このような成果を上げている。世界レベルのアタッカー。マルチネスと一緒にインテルの将来を代表するだろう」

目標に、「狙っているのは再びのCL出場権獲得。それをスタートのよりどころとすべき。我々はこのターゲットをもたらすため、プロジェクトを続けたい」

ロナウドやモドリッチに、「C.ロナウド移籍はポジティブだったね。セリエAへの関心が増したから。これは重要だよ。

モドリッチのバロンドール? すべての候補者が値すると思うが、最終的に一人だけが勝ち取れる。
W杯やレアルでしてきたことで主要候補の一人、値すると思う」