2010年06月28日

ガジェットVS融合HERO

の前に選考会の話。。

日本代表になった一人は全部スト勝ち(12-0)という
すばらしい成績だったそうですね。

やっぱり、代表になる人は身内が有名プレイヤーだらけ^^:
それは強いわけですね。
自分もそういう人たちの中でやってみたいです。。
まあ現実的には無理なわけで、大型非公認に出て勝ち続ければ
戦えるとは思いますが、それも厳しいですね。
はあ~・・強くなりたい。。

後、不正が選考会でも起きちゃってるみたいですね。
一応あこがれの場所だと思っているので悲しいです・・・

             ~~~~本文~~~~

今日は夜から友達の家でデュエルしてきました。
ちなみに今使っているデッキは7ガジェット+深海のディーヴァ3の
モンスター10枚体制で血の代償で1KILLデッキです。
結果を残せたらレシピ書こうと思います。
ガジェットVS融合HERO

一戦目○

絶対零度やトルネードを出されるも一対一交換して勝ち

二戦目○

未来融合フューチャーフュージョン発動
一枚セット(王宮のお触れ)をエンドサイクで割り
次のターン血の代償からガジェット+ディーヴァ大量展開して
シンクロし1KILL。。

三戦目×

相手の展開が速すぎて追いつけず負け・・・


感想

デッキ40枚モンスター10魔法12トラップ18でも
回ることがわかってよかった。
やっぱりガジェットがダブることより、ガジェットが来ないほうがつらい。。
ガジェットがだぶったとしてもディーヴァシンクロでブリューナクで
上手に使えるところがいいですね。

気づいたこと
自分の場スタロ ガジェ一枚 手札ディーヴァ
相手の場 絶対零度

の場合ディーヴァ召喚→複製→シンクロ→ブリューナク
で手札を捨てて絶対零度指定
強制効果にスタロ発動で自分のモンスターを守れる上に
スターダスト降臨しました。

腐りそうなスタロを自分で発動できるところはいいことですね。
スタロは無効にして破壊するので、地砕き等では発動できませんが・・・
(破壊してしまっているため)


なんかレポが雑ですね・・
大会ではちゃんと書こうと思ってます。。


gazyetto7 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月26日

流行デッキ対策3

の前に選考会の結果が出てましたね。。

代表は両方とも旋風BFとかとか・・・

インフェルがくるものだと思っていたけど
常勝杯に出ていたインフェルをメタりつつふつうに強い
BFの出現で、その解決策が見つからなかった故の結果
なんでしょうね。
ま、個人的にはガジェットがきてほしかったんだけど
案の定いませんでした。
ってか使った人がいたのか・・・って感じですね。

いずれは、自分がガジェットを使って代表を取ってみせます。
・・・っていう夢、乙ですね(笑

          ~~~~本文~~~~
デュアルHERO

デュアル・スパークが台頭してきたため出現したデッキ。
融合HEROよりもいい大会成績をのこしている。
吉アメの決勝戦で負けたデッキですね・・・

ガジェット対デュアルHEROにおいて注意すべき点

・基本、一対一交換を意識する
・バックは賄賂などのカウンタートラップがない限りは一枚伏せを
心がける。なぜかと言うと、
二伏せ(奈落、月の書)をしているときに
アナザーネオス召喚→奈落発動→チェーン、デュアスパで
裏の月の書指定で破壊。
こうなると貴重な伏せが破壊されてしまうからです。
一伏せにするメリットはチェーンされてもガジェットを指定するしか
ありません。とにかくアドを稼がれないようにすることが必要です。。

まあ後は経験を積むことですね。。


ってか文体があやふやですみません^^;
です・ます体だと思いきや急にである・だ体になったり・・・
そこらへんは広い心でお願いします。。
後、今週は大会に出られなさそうです・・・
テストが近いんで来週もきついかも(泣
gazyetto7 at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月25日

流行デッキ対策2

の前にみなさん気づきました?

午後一時すぎに虹が出ていたことを^^
2つくらい虹が出ていてまるで輪のような虹でした。。

打って変わって日本対デンマーク戦w
本田の無回転シュート
本田が蹴ると思いきや、遠藤の絶妙なFK。

元サッカー部なので、わかるのですが
まずあんなの蹴れません^^;
とは言っても人生に二度直接FKで決めたことがあります!
どちらも事故のようなものでしたが・・

      ~~~本文~~~

HEROビート  (融合軸)

数年前、HEROと言えばテレビの十代が使っていたのが
思い出される。そのときのHEROは比べものにならないほど
弱かった。十代は、神ドローを駆使して戦っていたが・・・
しかし、近年融合に革命を起こすカードが現れた。。
アブソリュート・ゼロ(絶対零度)だ
今までの融合は特定のカードが必要だったが、水属性+HEROで
融合ができるという・・・
水属性と言えば、オーシャン・融合を回収できる沼地・雪だるまなど
そして次々とシャイニング・ガイア・トルネードが現れた。
このせいで、超融合やらミラクルフュージョンを要するHEROは
大会でも上位に食い込むデッキとなった。

ガジェット対HERO戦で気をつけること

増援やEコールなのでエアーマンを呼びさらにサーチが
できるので一対一交換をしなければいけないのが必須。。
特に注意することは、一対一交換ができたとしても
HEROには切り札がある・・・それはミラクルフュージョンだ。
しかもHERO使いは、引き運がかなり強いため追い込んだとしても
この一枚だけでひっくり返されることがある。
とにかくミラクルフュージョンはマストで阻止しなくてはいけない。
ガジェにとって嫌な存在は、シャイニングだ。
シャイニングは破壊され墓地に行くと、除外されたモンスター二枚を
回収されてしまう。そう・・・ミラクルフュージョンでエアーマンなど除外された
状態で破壊しエアーマンなど回収されてしまうとアド差がかなり
ついてしまうためおそろく勝てないだろう。
対策としては、そのまま除外できる奈落の落とし穴や次元幽閉など
(バウンスの強制脱出もあるが・・・)
後はカウンタートラップで防ぐこと 王宮の弾圧もいい。

対策カードはトラップカードばかりになってしまうがHEROには
王宮のお触れがあることを忘れてはならない。。
ガジェットは特にトラップに依存しているのでこれを通してしまうと
さいやくサンドバック状態になってしまう。

このような書き方ではガジェットは全くHEROには勝てないみたいに
捉えられてしまうがそんなことはない。
HEROは切り札がある程度決まっているので
そこをうまく防げばふつうに勝てるはずだ。

話が長くなってしまったので
明日にデュアルHEROの考察をしようと思う。。
gazyetto7 at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索