2018年04月06日

シャドバ プロリーグのお話

ツイッターで書くのもなんかびみょいのでこちらで

①レパンガ札幌の例の報告について

プロリーグが発足するにあたって説明会以前?以後?から例の選手と接触していて

おおよそ内定出すつもりで話を進めていたのが選手がツイッターの鍵アカ?でいろいろ裏の事情を

書いてしまったことによりそれが晒されて重大な違反とみなされてプロ内定が取り消しに

なったといういきさつでした。

~~~~~~~~~~~~~~~

プロという名目な以上、RAGEなどで結果を残した人、つまり実績がある人がなるというのは

当然であるしそこに関してはだいたい文句は起きないと思います。

何が問題かというとあたかも誰もがプロになれる可能性がありますよと門戸を広げといて

裏では実績のある選手と前々からコンタクトを取りそのことを内緒にしている点かなと。

実際には選考基準などは各企業(スポンサー)に一任されているみたいなので不透明ですが

今回の件を見る限りほかのところでもそういうのがあるんじゃないかっていうのは拭いされません。

コンタクトをとっていることを公言してもなんもメリットはないんで見せたくないところは隠す

ってのはわかるんですけど、それらのことが発覚するやいなや「接触したのは事実ですが

内定はだしてません。」「契約締結で進めていましたが選手の諸事情で違反してることがわかり

見送ります」などといったあたかも開き直ってる文章をみるとそういうことじゃなくね?

ってのが素直な感想でした。

プロリーグはシャドバやってるプレイヤーからすると大ニュースですし大半は見る側に

なるとは思いますけどあまりにもグレー(もはやブラック?)な

とこがみえると始まる前から心配になりますし純粋な目で見れなくなってしまうことを

考えると悲しいかなって感じでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャドバ自体は好きですしプロリーグ始まったら見ると思いますがせっかくこんな飛躍してる

コンテンツなのにつまらないことで水を差すのはプレイヤー側も萎えますし企業側にとっても

リスキーなことだからチャレンジを控えるとかなったら目も当てられないので

そこに関してはうまいこと乗り切ってほしいと思うばかりでした。

~~~~~~~

後書き;知り合いがプロになることを切実に望んでます。がんばってほしいです。

しばらくはまだ応援する側ですがいつかは応援される側・スポットライトの当たる側に

なってみたい今日このごろでした。
gazyetto7 at 12:08│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索