aamall

2015年07月29日

暑い

image


image


image



gb0307 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

更新

4年ぶりの更新…
4年間に色々あったな。
転職
入院
手術
家族のこと
でも今はみんな元気に暮らしている。

あんじー
image

しーま
image

りき
image

いつのまにか大家族になった
みんなが健やかに元気で長生きしますように


gb0307 at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月01日

ひとりごと

気分がすぐれない日が続いていて、引きこもりに一層拍車がかかっています。

家のあちこちにあるぎぃたんの写真に笑顔をもらえるときもありますが、泣いてばかりいるときもあります。

ずっとずっと、ぎぃたんにもっとケアできたのではないか?とか後悔にさいなまれています。

あんじぇりーなじょりーがいるのに、ぎぃたんの思い出にとりつかれています。

ぎぃたんに怒られちゃうね。
ごめんね、ぎぃたん。
泣いてるねぇねは嫌いだったね。

20101219牛兵衛2

 

ぎぃたんは、
頼れる相棒というか、
優しい親というか、
楽しい兄弟というか、
何でも言える友達というか、
最愛の子供…

その存在は私の命、生きがいでした。

いつかまた、絶対に、めぐり会おう。

 




コピー 〜 KC3X0051

あんじぇりーなじょりーは、
ちょっと変わり者ですけど、
憎めない可愛い妹のような存在です。

やっぱり、あんじーがいなくては、
お姉さんは困ります。

うちに来てくれてありがとう、あんじー。







では



gb0307 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年11月09日

新しい家族

KC3X0024
ぎぃたんが天国へ旅立ち、49日目に新しい家族を迎えました。

少し長い名前になりました。
あんじぇりーなじょりー です。

ぎぃたんの本名が焼肉屋みたいな名前だったので、
このレディには普通?の名前を付けました。





GRP_0004GRP_0003

左の写真2枚は、保護主さんの家に初めて会いに行ったときのあんじーです。

笑顔で歓迎してくれました。
下半身が枝のようで、あばらが惨めでした。

保健所の最終部屋にいたこの犬を、保護主さんが出そうとしたとき、「この子は歩けないからやめたほうがいい」と言われたそうです。


ぎぃたんが亡くなって、思い出しては泣いてばかりいましたが、
少し落ち着いてから、保護主さんと話した時に
「またたくさんいるから…、今2匹保健所で待たせてるけど、満杯だから持って来れない」の
一言がずっと気になっていました。

今こうやってぎぃたんの死に悲しんでいる間にも、保健所で亡くなっている命がある。
ぎぃたんもきっと賛成してくれる、と信じて新しい家族を迎えました。

他にも2匹いましたが、痩せ細って一番惨めな感じに見えたあんじーを引き取ることにしました。

保護主さんに引き出されてから、1ヶ月間で少し歩けるようになったそうです。
お見合いをしてから1週間後にうちに連れてくる際に初めてまともに歩く姿を見ましたが、変でした。

体の筋肉がまだついてないからかな?とあまり気にしなかったが、
散歩するとき足から血を流すほどひきずってしまうので、病院で診てもらいました。

お医者さんの見解は、小さいころジステンパーという病気になり脳の協調神経が壊れてしまって、
そういう歩き方をするのでは?とのことでした。

推定年齢は5歳以上、またまた聞いていたより少し年上でしたけど、
元気いっぱいな あんじぇりーなじょりー です。

KC3X0015
では












gb0307 at 17:17|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2010年08月02日

旅立ちのこと


ずっとずっと仕事が忙しかった母さんと私。
ぎぃたんの衰えと反比例するように、私は役職を与えられ残業も多く、母さんはトップセールスで会社から度々表彰されていました。

母さんと私の休みは最近はほとんど合うことがなく、逆に交代でぎぃたんを看られるから都合がいいね、と言っていました。

その日は、私が久々に2連休が取れた1日目で、偶然にも母さんも休みでした。

母さんと私が朝からぎぃたんをかまっているから、ぎぃたん嬉しそう〜とぎぃたんの耳元で冷やかしていました。

あまり食べれていないぎぃたんに、買っておいたミルサーで肉や栄養剤を牛乳やヨーグルトで混ぜて、私の膝の上でシリンジで飲ませました。

ごっくん、ごっくん、ごっくんとシリンジの半分くらいつらそうに飲み込みましたが、母さんは、「ねぇねの膝の上で、ぎぃたん嬉しそう〜」とまたまた冷やかしました。

全然行っていなかった近所のショッピングセンターに、久々に行こうということになり、クーラーの効いた部屋ですやすや寝ているぎぃたんに留守番してもらい、遊びに行きました。

買い物をして、家に着き、玄関を開け「リトルスターただいまー!ベビー!ぎぃベビー!ただいまー!」といつものように大声でリビングのドアを開け、ぎぃたんがウンチをしているのがわかりました。

いいウンチをしたのは久々だったので、「ぎぃたん、いいウンチ〜!偉いな〜!」と大声で言いながら買い物袋を床に置いた時、大きくぎぃたんの胸が上下に動いた気がしました。

いつものように息をしていると思いました。

両手が空いたので、ぎぃたんのところに行き、いつものように撫でくりまわしていると、自分で出来ないオシッコがたくさん出ていることに気付きました。

「ぎぃたんオシッコしたの!偉い…」と言いかけた時、ぎぃたんが息をしていないことに気付きました。

その後は母ちゃんに大声で伝えて、心臓マッサージをし、息をさせようと口を開けようとし、よくわからない行動を取りました。

母がぎぃたんの名前を絶叫している横で、私は保護主さんに何故か冷静に電話していました。

電話を切って、母からぎぃたんを奪い取り、抱きしめると凄く体が熱かった。

顔はとても穏やかだった。

たった今、亡くなったんだと確信しました。

ぎぃたんは、母さんと私が一緒の休みの日を選んでくれました。

一人で行かず、母さんと私が一緒に帰ってくるのを待っていてくれました。

こんなことってあるんだね、と母と言いました。

いつか、必ず会える。
その時まで、お互い元気でいよう。
また、笑顔で抱きしめあおう。

ねぇねはその日が来るのを、心から楽しみにしてるよ。

0801
ぎぃたんがうちに来てから、笑い声が絶えませんでした。全てがぎぃたん中心に回っていました。

たくさんたくさん、愛情をもらいました。

ぎぃたん、ありがとう。
またね!

捨てられる動物がいなくなりますように。
全ての動物が最愛の人と最後の時を過ごせますように。
天国から見守ってください。







gb0307 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月26日

イケメンパラダイス2

070128070128a

















070228070429

 

 

 

 

 

 

 

 

 

070901070930

 

 

 

 

 

 

 

 

 

080528081028



gb0307 at 15:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

イケメンパラダイス

060308060311

















060308060312

















060328060518

 

 

 

 

 

 

 

 

 

060629060728

 

 

 

 

 

 

 

 

 

060811061010



gb0307 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月30日

眠れないので

起きています。
今夜、ぎぃたんは天国へと旅立ちました。
色んな痛いところ、凄く痛かったと思う、ねぇね達を心配させないようにいっぱい我慢して笑顔を見せてくれていたね。
子犬のような寝顔で今にも動き出しそう。
信じられないよ。
ぎぃたん、生き返っていいんだよ。おばけになって出てきて。また一緒に暮らそうよ。
ぎぃたん、もう痛くないかな?天国で美味しいのいっぱい食べてるかな?草原を走り回っているかな?
ねぇね達がそちらに行くまで、お友達と仲良く遊んでるんだよ。お前は少し人見知りだから心配だよ。
ぎぃたんと出会えて、ねぇねは本当に幸せだったよ。たくさん愛をくれてありがとう。ねぇねはそれに答えられていたかな?
もっともっともっと抱き締めればよかった。

gb0307 at 02:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2010年06月08日

ご無沙汰しています

0328


去年の9月から1度もブログを開きませんでした。

左は3月末のぎぃたんです。
まだ綺麗なお顔をしています。




しかしGWに耳、鼻、目から膿と血が出てきて、2日間まったく食べれませんでした。

かかりつけの病院も忙しいとのことで往診していただけず、ただ泣くばかりでした。

2日目、このまま食べないとまずいと思い、大好物の生肉を鼻先に持っていったところ「パクッ」と。。。それから、一気に食欲が回復し、今は元気に寝ています。
100601
膿はまだ出ています。
あの、悪夢の2日間から、お顔がすっかり変わってしまいました。

先生も、「歳だからね…」と言うばかりで、往診に来てくれません。


自分から病院に行ければいいのですが、体(特に首)が完全に曲がって硬直しているため、抱っこ紐にで運んだら圧迫されてきっと死んでしまいます。

大型犬の介護の大変さを改めて感じています。

ただ、大変なことばかりではありません。

寝たきりになってから、おしゃべり上手になりよく喋ってくれます。

「元気か〜?」というと「元気だ〜!」と、全く同じイントネーションで喉を鳴らします。

抱きしめると、口角を思いっきりあげて笑ってくれます。だから、家にいる時は、ほとんど抱きしめています。

我が家に来てくれてから、5年目となりました。
引き取った直後、どこの病院の先生も「10歳はとうに過ぎている」と診断されてから4年3ヶ月。

30キロを超える大型犬では、かなり長寿ではないでしょうか。

ぎぃたん、めざせギネスブック!
(でも、誕生日がわかりませんね!)

では、また!



gb0307 at 14:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年09月02日

年寄り対決か

こんにちは!
ぎぃたんは食欲モリモリで、元気(?)です。

BlogPaint

元気(?)と書く理由は、食事の時以外は一切立てないためです。
もちろん自分では立てないので、ねぇねと母ちゃんが根性で支えています。
床ずれも、右が治ると今度は左、という調子でいたちごっこです。

夜鳴きや、もがきも激しく、「どこか痛いのでは?」と心配でしたが、
獣医さん曰く、「とにかく、食欲があれば大丈夫!」とのことでした。

こういう状態を「寝たきり」と呼ぶのでしょうか…
ごく自然に、時間の流れの中でこうなってしまったので、
あまり悲観的にとらえていないねぇねです。
ただ、元気にお散歩していた頃を思い出すと、懐かしさで、涙が出ます。

色々ネットで見た結果、ぎぃたんの症状は「痴呆」のようです。
獣医と相談して、DHAサプリメントを飲ませる予定です。

mSH380005

mSH380007

キュートなお耳でしょ
お目目もプリティですね

mPAP_0032


さて、本題の年寄り対決ですが、犬と人間合わせて200歳!!!
お年寄り同士なかなか気が合うようでしたので、対決とはなりませんでした

自宅でのセクシー入浴シーンです☆
少し痩せたように見えますが、30kgは健在です
mPAP_0028


もう一度だけ、温泉に一緒に連れて行ってしまおうかとたくらんでいるねぇねです。
温泉に入れると、心なしか元気になるような気がするのです

mSH380009mSH380006

 前回連れて行った時の写真ですが、目がパッチリと生き生きしてます(右の写真は虐待っぽいですが違います

あと少し、あと少し、あと3年は頑張って。
もし天国に行くことになったら、絶対に教えてね。

毎日、ぎぃたんの耳に口をあてて、言い聞かせています

最近、ぎぃたんにべったりで、全然保護主さんのお手伝いが出来ていないのが、いつも気にかかっています。

こんなことしか出来ませんが…

みんな、あたたかい家族を待っています。

http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-39461.html

http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-39460.html

http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-39459.html

http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-39496.html

この子達に限らず、待っている子達が優しい家族に出会えるように。

これから犬猫を飼おうとしている方に、こういう子達の存在が知れ渡りますように。

では









gb0307 at 13:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)