車高短ツライチまとめ

    カテゴリ: スーパーカー

    1: きつねうどん ★
    自動車は時代が進むに連れてあらゆる面が良くなる傾向にあるが、例外もある。新型「 フォード GT」の最高出力は先代より50hpもアップしているので、そのパフォーマンスは間違いなく先代に勝ると言われているが、燃費に関してはまったく改善されていないようだ。米国環境保護庁(EPA)によると、新型GTの燃費は、市街地と高速道路を合わせた複合で14mpg(約5.9km/L)、市街地のみでは11mpg(約4.7km/L)、高速道路だけなら18mpg(約7.6km/L)だったという。
    12年前に登場した先代の 2005年型GTと比較すると、複合については全く同じ数値で、市街地と高速道路を単独で走行した場合は、それぞれ1mpg(約0.4km/L)ずつ悪化しているという結果になった。新型GTの燃費値は、2,600ドル(約30万円)のGas Guzzler Tax(燃料多消費車税)の対象となることも示している。しかしこの税額は増減する可能性がある。
    政府が使用しているのは未補正の数値で、ウィンドウ・ステッカー(Monroney stickers)に記載されるEPAの数値とは異なるからだ。

    新型フォード GTは、 ミドエンジンのライバル車と比べても燃費は良くないようだ。マクラーレン「570S クーペ」、 フェラーリ「488 GTB」、 ランボルギーニ「ウラカン」は、すべての燃費性能で新型GTを上回っている。3台とも高速道路走行時の燃費は20mpg(約8.5km/L)を超えており、ウラカンの後輪駆動モデルが21mpg(約8.9km/L)、488 GTBは22mpg(約9.4km/L)、そして570Sはそれらをさらに凌ぐ23mpg(約9.8km/L)を記録している。市街地の燃費もこの順位は変わらず、570Sが16mpg(約6.8km/L)、488 GTBが15mpg(約6.4km/L)、ウラカンは14mpg(約5.9km/L)となっている。ちなみに、各車が搭載しているエンジンは、ウラカンが自然吸気V型10気筒、570Sと488 GTBはV型8気筒ターボ、そして新型フォード GTは排気量もシリンダー数もこれらの中で最も少ない3.5リッターV型6気筒ターボである。

    とは言っても、これらのクルマを実際に購入する人は、誰も燃費など気にしないだろう。パフォーマンスとカッコ良さを重視して作られたクルマであり、ガソリンを節約して走るように作られたものではないのだから。

    https://img.vidible.tv/prod/2016-03/11/56e2e5e5e4b0ea290a59364a_1_v1.jpg

    no title

    引用元: http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1484310859/
    【新型「フォードGT」、燃費は先代やライバル達より劣ることが明らかに】の続きを読む

    フェラーリとかランボルギーニとかのスーパーカーって格好良くなくね?

    no title

    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
    ポルシェはわかるけど





    引用元: http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1480382686/
    【フェラーリとかランボルギーニとかのスーパーカーって格好良くなくね?】の続きを読む

    1: ちくわ部φ  2017/04/01(土) 14:59:19.53 9
    イタリアの高級スポーツ車メーカー、ランボルギーニは1日までに、警察向けに改良した最新のスポーツカー
    「ウラカン」を同国内務省に引き渡す式典を行った。同車は近く、イタリア北部の道路で任務を開始する見通し。

    ランボルギーニ社によると、同車は血液や臓器の緊急輸送といった特別任務に使用されるほか、北部ボローニャ
    周辺を走る高速道路でパトロールに当たる見込みだという。専門はやはり、スピード違反車の追跡になりそうだ。

    同車には標準仕様の四輪駆動や、アルミと炭素繊維の複合素材を用いた車台のほか、車載式のタブレットなど
    犯罪対策用のガジェットを搭載。警察のステッカーも貼り、イタリア警察の公式色であるミディアムブルーに
    塗装されている。

    また銃ケースや携帯用消火器、超短波無線なども搭載する。ボンネットの下には610馬力を出すことができる
    V型10気筒エンジンを備え、静止状態から3.2秒で時速約100キロに加速。最高時速は325キロに達する。

    イタリアではこの他にも、もう1台のウラカンが首都ローマの交通警察により2015年から運用されている。また
    アラブ首長国連邦(UAE)の首都ドバイでは、警察が「アストンマーチン・ワン77」や「ベントレー・コンチ
    ネンタルGT」などを保有するほか、最高時速407キロの「ブガッティ・ベイロン」も擁している。

    http://www.cnn.co.jp/business/35099110.html
    no title

    パトカー仕様のウラカンが引き渡された

    引用元: http://potato.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1491026359/
    【【イタリア】ランボルギーニ、最速325キロの警察車両を引き渡し】の続きを読む

    1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 15:36:41.389 ID:k2oxckRD0
    全部コンセプト段階だけど夢広がりまくりじゃん

    5: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/03/25(土) 15:38:49.056 ID:k6eYYpqQ0
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://vipper.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1490423801/
    【トヨタはS-FR、ホンダはZSX、マツダはRX-VISION】の続きを読む

    1: まはる ★ 2017/04/01(土) 13:14:34.92 ID:CAP_USER
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/12/dendrobium_n_15324086.html

    シンガポールのベンチャー企業「ヴァンダ・エレクトリックス」は3月7日、スイスのジュネーブ・モーターショーで
    スーパーカーの「デンドロビウム」を初公開した。motoringなどが報じた。

    デンドロビウムは、2人乗りの電気自動車で1000馬力のモーターを内蔵する。
    最高速度が時速320km以上。停止状態から時速97kmまで2.7秒で達するという。
    F1の名門チーム「ウィリアムズ」の関連会社が技術提供した。
    ヴァンダ・エレクトリックスによると、今回のコンセプトモデルは世間の関心を計るために作ったもので、2020年にも市販する可能性があるという。

    Autoblog日本版によると、デンドロビウムとはシンガポールに生育するランの一種。
    自動で上昇するルーフとドアが、満開の花びらに似ていることから、この名前が付けられたという。

    no title

    no title

    https://youtu.be/CVdTudKrDbk


    引用元:http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1491020074/

    43: 名刺は切らしておりまして 2017/04/01(土) 13:58:55.74 ID:dSrauZ+p
    >>1
    モックアップのコンセプトカーならここまでやらないと
    夢でもこれならカッコいい

    【【車】その名は「デンドロビウム」 1000馬力の電動スーパーカーの華麗な姿】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング