車高短ツライチまとめ

    カテゴリ: アメ車



    助けて!キャデラックの中の人を狙撃できない! 


    838



    1: 名無し募集中。。。@無断転載は禁止
    この車の後部座席の人を狙撃するよう依頼を受けたのだが弱点が見つからない
    ドアの厚さ20cm,防弾ガラス12cm
    核、生物、化学兵器にも対応
    どうすればいい?

    no title


    大統領専用車(だいとうりょうせんようしゃ、Presidential State Car)とは、アメリカ合衆国大統領が使用する公式行事用自動車(official state car)である。
    Cadillac-One-1

    アメリカ政府は、1930年代末期から先進通信機器などの便利な装備や、装甲板防弾ガラスなどの防御装備を備えた車を大統領専用車として特別に発注・使用するようになっている。これ以前、1910年代頃からアメリカ政府は大統領の移動にしばしば政府所有の自動車を使用しており、歴史を通じて様々な車が公式・非公式の大統領専用車として知られている。この役目には伝統的に自国製の車が採用され、2012年現在、大統領専用車として使用されている最新の車は、GMC・トップキックシャーシキャデラックのボディを乗せたリムジンである。そのためしばしば「キャデラック・ワン」(Cadillac One、大統領専用機のエアフォースワンに倣って)と呼ばれ、シークレット・サービスからは「ビースト」(The Beast、「野獣」の意、その重装備から)と呼ばれている[1]

    仕様の概要

    保安・警備上の問題からこの車についての諸元は最高機密に属している。現在の大統領専用車は、オバマ大統領の就任と同時に就役したものであり、以前にも増しての重装備が施されていることで早くから話題となった。全長5.5メートル、全高1.8メートル、重量8トン。

    この車は少なくとも厚さ5インチの軍用レベルの装甲板に完全に覆われており、特殊鉄鋼やチタンセラミックなどを素材に使用した複合装甲といわれる。その強度は前モデルの2倍にも達し、近くで爆弾が爆発しようがロケット弾で撃たれようが壊れないとのことである。また、ドアは厚さ20センチ以上、防弾ガラスは厚さ12センチ以上とかなりの強度が確保されており、そのあまりの厚さゆえに窓から十分な自然光が取り入れられないため、天井の内張り内に蛍光照明装置を備えているほどである。タイヤについてはグッドイヤー社製のランフラットタイヤを履いており、銃弾を受けてパンクした場合でも走行できるようになっている。また、化学兵器による攻撃を想定して、内装なども完全密閉式になっているといわれている。エンジンは重い車体を動かすパワーが必要な事と燃料が発火しにくいディーゼル重油であることからディーゼルエンジンが採用されており、爆発を防ぐ特殊な発泡体に包まれた燃料タンク付近には自動消火装置も備える。そして暗視カメラ酸素ボンベ輸血血液製剤を備えている。ほか、過去の大統領専用車と同様に万が一周囲の護衛を突破された場合の装備として、催涙弾やショットガンなどの銃火器も前席に完備されている。これらの装備による重量増加により、公表されている最高速度は時速100キロ前後(燃費はリッター2.8キロ程度、15秒で最高速度に達する)とされている。

    この車は、大統領を含め7人乗りであり、コンソールに搭載された通信装置が配される前席に2名が乗車する。前席と後席はガラス付きの隔壁で仕切られ、前席背後に位置するクッション付きの3人掛けの対面座席は折り畳んで隔壁に収納することができる。大統領と賓客用の2人掛けの後部座席は、個別に背もたれを倒すことができる。左右の後部座席の間には折り畳み式の机、内装に設えられた収納部には通信機器が備えられている[8]。 国内移動の場合ビーストは、屋根に装着した指向性投光ライトに照らされたアメリカ国旗と大統領旗(Flag of the President of the United States )を掲げる。大統領が国外を公式訪問する場合は、大統領旗がその国の国旗に換えられる[8]。この大統領専用車が国内及び国外へ空輸される場合は、主にアメリカ空軍の大型長距離輸送機・C-17 グローブマスターIIIが使用される[10](“エアフォース・ワン”VC-25には積み込む場所がない)またナンバープレートは基本的に国外でもそのまま使用されるが、日本など、そのまま使用する事が禁止されている国の場合は、現地の外交官ナンバーに付け替える。特に日本の場合、外務省の方針により、十分な任意保険に加入した上で日本の外交官ナンバーを取得する。

    アメリカ政府は、外国の元首や政府首脳、その他の賓客が訪問した際に使用するために、ビーストと似たような設計のリムジンを数台保有している。

    p1 (2)
     wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E5%B0%82%E7%94%A8%E8%BB%8A_(%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD)
    引用元:http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1486306925/
    【助けて!キャデラックの中の人を狙撃できない!】の続きを読む


    ガチなのが来ちまった アメリカンマッスルの代名詞「トランザム」復活…7.4リットルV8、1000馬力




    no title

    1: クロイツラス(東日本)@無断転載は禁止 [KW] 2017/04/19(水) 11:06:38.09 ID:BCbJGQJg0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    ポンティアック・ファイヤーバードのハイエンドモデル、「トランザム」が7年振りにニューヨークモーターショーで復活を果たした。

    トランザムと言えば、1977年に登場した角眼四灯、通称「イーグルマスク」を装備したモデルが有名だが、今回ニューヨークモーターショーで
    公開された「トランザム455スーパーデューティー」は、見事にその意匠を継承している。

    シボレー「カマロ」をベースに、ボンネット、フェンダー、フェイシア、デッキリッド、リアスポイラーにカーボンファイバーを採用し、
    ミシュランパイロットスポーツタイヤを履いた20インチホイールを装備している。

    パワートレインは、アップグレードされた7.4リットルLT1V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最大馬力は1000psを叩き出す。

    https://response.jp/article/2017/04/18/293659.html#cxrecs_s
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    動画
    https://youtu.be/ZtSeznGAiM4

    引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492567598/
    【ガチなのが来ちまった アメリカンマッスルの代名詞「トランザム」復活…7.4リットルV8、1000馬力】の続きを読む


    日産の高級部門インフィニティの新車がヤバいwwwwwwwww



    1: ショルダーアームブリーカー(千葉県)@無断転載は禁止 [GB]
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


     インフィニティ(日産自動車)は、高級SUVのデザインスタディモデル「QX80 Monograph」を「2017年ニューヨーク国際オートショー」に展示した。

     ニューヨークで初公開されたQX80 Monographは、ボディサイズが全長5m以上、全幅2m以上(ドアミラーが折り畳まれたもの)、全高約2m(ルーフレールを含む)というフルサイズセグメントのSUV。
    日本の厚木にあるインフィニティのデザインスタジオで製作され、インフィニティの大型SUVが将来どのように進化するかを示したデザインスタディモデルとなる。

     QX80 Monographは未来的な高級SUVデザインの究極の表現とされ、グローバルデザイン担当シニアバイスプレジデントのアルフォンソ・アルベイザ氏は「以前にショーカーで示した顧客との対話の中で、
    私たちはインフィニティに関して大型SUVに対する期待感を知りました。将来的に我々はインフィニティの“powerful elegance”というデザイン言語を使用して、高級SUVを開発することになるでしょう」とコメントしている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/2017newyork/1054901.html

    引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492333663/
    【日産の高級部門インフィニティの新車がヤバいwwwwwwwww】の続きを読む


    ガチなのが来ちまった 800馬力の「悪魔」、エクソシストを返り討ち…ゼロヨン最速記録







    1: ツームストンパイルドライバー(東日本)@無断転載は禁止 [US]
    ダッジの2ドアクーペ、「チャレンジャー」のハイパフォーマンスモデル、「SRT デーモン」が正式公開されると共に、脅威のスペックも公表された。

    先日、この「デーモン」を悪魔に見立てた、ライバル「カマロザ エクソシスト」が公開されたが、悪魔祓いも逃げそうな圧倒的存在感を示した。

    その心臓部には、6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、最大馬力850psを叩き出し、
    その加速力は0-100km/hを2.3秒、0-400mをなんと市販車最速となる9.65秒で駆け抜ける。加速Gは1.8Gを誇る。


    また、スタートと同時に持ち上がる前輪はなんと89cm。ウィリー走行を実現しギネスに認定された。

    エクステリアは、欧州スーパーカーと異なり、ボンネットの大きなエアーバルジが目立つ程度、コックピットも決して派手ではないが、
    米を代表する歴史的マッスルカーとなるのは確実だ。

    生産は2017年後半からで、価格は未定ながら、アメリカ3000台、カナダ300台の限定生産となることが発表されている。

    http://response.jp/article/2017/04/13/293489.html

    チャレンジャーSRT デーモン ダッジ
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    動画
    https://youtu.be/7hb3PLfhYfU

    引用元:http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492132594/
    【ガチなのが来ちまった 800馬力の「悪魔」、エクソシストを返り討ち…ゼロヨン最速記録】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング