2008年03月30日

マンガ大賞2008

マンガ大賞というのが創設されたんだそうです。
マンガ業界関係者を含まない書店員等による投票で選ぶんだそうです。
んで、第1回のノミネート作品と受賞作はこちら(得票順)↓

『岳』 石塚真一 (大賞)
『よつばと!』 あずまきよひこ
『海街 diary1 蝉時雨のやむ頃』 吉田秋生
『フラワー・オブ・ライフ』 よしながふみ
『君に届け』 椎名軽穂
『大奥』 よしながふみ
『皇国の守護者』 佐藤大輔 伊藤悠
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』 河合克敏
『もやしもん』 石川雅之
『夏目友人帳』 緑川ゆき
『ひまわりっ 〜健一レジェンド〜』 東村アキコ
『きのう何食べた?』 よしながふみ

ノミネート12作品のうち、読んだことのある(読む予定含む)のは8作品。
マンガ書評ブログをやってる人間としては、まあこんなもんでしょうか。
でも、大賞受賞作は読んだことがないです!あわわ。本屋で見かけたことはあるけど。
脳内積ん読リストに入れておこう。
こういう賞は、ベストセラーとはまた別のおすすめ作品を紹介してくれるので、いいことだなぁと思います。単行本が8巻以内の作品に絞るということで、知られていない佳作を世に知らしめるという役割を果たしているのだろうし。

受賞作品のリストを見ると、なかなか個性的なノミネートというか、今のマンガ好きに受けている作品だなぁと思います。私には好感の持てるリストだな。このリストの中から私がおすすめするとしたら、よしながふみの3作品と吉田秋生ですよ。全部ブログで書評を書いた作品ばかりで、今さらですが。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔