小出道場
小出道場申し込み
ホーム | 監督!最近どうですか? | 小出道場虎の巻 | ランニングモニター練習日誌 | あの日あの時 | 小出道場会員の広場 | 佐倉アスリート倶楽部
Go To Gold Coast!

July 07, 2006

ゴールドコーストマラソン特派員を終えて 【遊作】

5月から始まったGCM特派員生活も7月2日(日)のハーフマラソンのゴールで幕が下りました。
今回は最後の投稿ということで、GCハーフマラソンで1時間40分以内を目標に、ランニング練習に取り組んだこの2ヶ月を振り返り、自分の感じたことを書いてみたいと思います。

■小出道場との出会い
私のランニングを始めた動機は、みなさんと同じようにダイエットと体力向上です。
ただ、散発的に何となく走ってはいたものの”型”を持たない自分ではうまくいかず、ネットで検索してたどり着いたのが小出道場でした。
そのころ3月の小出道場では5期生が奮闘されていて秋葉さん、柴田さんの練習メニューを参考に、ただこのままではキツすぎるので70%くらいのメニューに置き換えて挑戦したらランニングの魅力に取り憑かれ毎日小出道場HPを見るのが楽しみになりました。
これがきっかけとなり、マラソンのおもしろさを知ることが出来き、以降GCMの応募につながります。

もし、小出道場に出会わなければマラソンに参加することは無かったでしょう。
そういう意味で小出道場は私の人生の中で大きなターニングポイントでした。

■小出監督の本
孤独な練習、心の中で監督との対話。
私の好きな一節です。
小出良雄著「へこたれるもんかい」より

僕は色紙にサインを頼まれますと、必ず招く言薬があります。
『夢と希望』です。
〜中略〜
チャンスはすべての人に等しくあるんですが、要はそれを各人が活かしされるかどうかの問題だと思うんです。
〜中略〜
「何のために人間は生きているんだ?」
僕は常々、自問自答してきました。
偉そうなことをいうようで恐縮ですが、人生はたった一度しかないんです。三十年、四十年、五十年……と生きてくれば、いろんな事がありますよ。
「どうしてもうまくいかない」と悩む事も、苦しくて立ち上がれないくらい落ち込む事もあるでしょう。また、悔しくて悔しくて、その思いの持って行き場のない虚しさを感じる時もあります。
でも、このたった一度の尊い時間を決して無駄にしてはいけない。あれこれ悩んでいるより自分の夢に向かって進んだほうがどれだけいいだろう。決して苦難から目を背けることを言っているのではありません。面と向かう時は向かってそれと対決しなければならない時も当然ありますし、もしそれを避けてしまえば、一生負け犬のまま自分の中に負い目を抱えたまま人生を送らなければならなくなります。
だからこそ、『夢と希望』なんです。

監督にはこの本にサインしてもらいました。私の宝物です。

■ランニングの奥深さ
"人生とはときには残酷でときにはアンフェアーなものだ。しかしフェアーなものをひとつだけあげるならそれは自分への投資だ"
私がランニングの世界を思うとき、浮かぶ言葉です。

人生においては多々難しいことがありましょうが"自分への投資"も難しいものです。
言い換えれば、自分との内なる戦いに勝つこととも言えましょう。
これは、ある意味人に勝つよりはるかに難しい。
問題は自分に勝つにはまず自分という人間を知らねばならないということ。
内部の敵を知らずして勝つことはあり得ない。
その内部の敵とは自分の弱さにほかならない。

自分がランニングを始めて思うことは、その弱さをまず知ることが出発点ということ。
自分を知ることイコール自分に勝つこと。これが自分のランニングのエンジンとなる。
全開させれば生きる上で最大の武器になる。 だがストップさせれば人生はしぼむ。
どっちになるかは自分の"努力"次第。

飾り気のない運動ゆえにいろいろ考えさせてくれるランニング。
奥深い運動だと思います。

■海外マラソン大会参加の魅力
海外へは15年ぶりでした。
また今回は、家族も応援団として一緒に来ましたが、始めての海外家族旅行。
妻とは新婚当時は余裕が無く、近場の温泉地へ1泊旅行しか連れて行ってなかったのでこれで人並みに海外旅行に連れて行くことが出来ました。
そんな中、今回の旅で我が家族は、慣れない海外、一人は手のかかる1歳児、だっこヒモ&デジタルカメラ&ベビーカーの紛失などのアクシデント、などいろいろ大変な思いもしましたが、紛失したものは翌日以降に出てくるし、よく泣く1歳の娘はなぜか皆さんからよく声をかけてもらい、地元の方との交流のきっかけになったり、苦労はしましたが、その分得難い貴重な経験も出来ました。

◆たとえば機内ではこんなこともありました。
――泣き続ける娘に後部座席のオージーが助けてくれる、それがきっかけで日豪井戸端会議――
オージー 「これは何という意味デスカ?」といって紙ナプキンに“夫”という字を書いて私に見せる
私 「It's meaning is husband.」
オー 「それではダンナサマとどう違うの?」
  (うーん弱ったなー)
私 「ダンナサマ meaning is similar but If anything dominant mean.」
  (こんなんでいいのかなー)
オー 「娘さんの名前はナンというのですか?」
私 「Mayu」
オー 「その名前の意味はナンですか?」
私 「真由 meaning is “Real Reason”.(真の理由)
   After having understood some “Real Reason”,
   I hope she touch on wisdom of the human
  (そしていくつかの“Real Reason”を理解したのち、いつかはチョットでも人類の英知に
   触れることが出来たらいいなぁ。これが名付けの意味です。)
  っとバーンと言ってしまった。そうしたら、
オー 「私の友達の飯○○子は意味なんて知らないと言っていたけど意味は大事だと思うわ」
私 「Yes I think so」

なんてやっていると他のオージー達も集まってきて、退屈している機内の中で日豪井戸端会議の勃発!
オージーは日本語を試し、我々家族は英語を試す。子育ての考え方の相違点などお国柄もうかがえ、とっても楽しくためになるひととき。
海外に出ると不自由な思いもしますが、これを頑張るとチョットいい思いも出来るんですね。

◆また、オージーランナーの生態についても興味深いことがたくさんでした。
・ 参加のオージーは皆さん大人で礼儀正しい
・ フル(2,400人)よりハーフ(4,500人)の方が人気?
・ レスラーのような体で長距離が苦手そうな体のオージー。
 ところがこれが速くて最後まで良いペースで走るんですよ。
 彼と比べれば軽自動車で燃費の良さそうな私は彼の後塵をあびてゴール。
 オージーは身体能力高いなぁ
・ 私の目でオージーの6割以上はアシックスのシューズ。人気ですね。
・ オージーはキュートな女性ランナーがいっぱい。鼻の下長いですね。

いろいろありますが、自分の趣味マラソンが海外でどういうように行われ、どういうランナーが走って、どういうランニング文化があるのかに触れることは、漫然と海外旅行に行くのとは違うおもしろさがあるものだと思いました。

■ゴールドコーストマラソンの魅力
・フラットなコースで自己最高記録を手に入れる。
 私の今の力でここまでのタイムは想像出来ませんでした。
 自己ベスト更新やリベンジレースにはGCマラソンはうってつけです。
 有森選手はマラソン初心者にホノルルよりここを勧めているのも納得です。
・大会会場は美しく優雅なサウスポート地区
 こんな美しい場所でマラソン大会があることだけでもプレミアものです。
23
・スタート前、朝焼けの空の下でアップしたときに聞いた"Sarah Brightman"の"A Question Of Honour"は美しい景色にマッチした素晴らしいBGMでした。
1


さいごに、

■小出監督、阿部コーチ その節は本当にありがとうございました
監督から直接、または本で教わったことはたくさんあります。「走る楽しさ」、「夢の実現」はランニング以外でも役立つ優れた知慮深き言葉だと思います。
これからも小出道場の道場生として頑張って走りつづけたいと思います。

■小出道場歴代ランニングモニターの方々ありがとうございました。
皆さんいろいろ山あり谷ありを乗り越えの汗の結晶であるこれらレポートはとても参考になりました。また、書いてらっしゃる生々しい内容に、私の走るモチベーションも大いに刺激を受けました。

■また6期生の方へ
いつも拝見し勉強させて頂いております。ありがとうございます。
・樋口さん 私は豊平側沿いに住んでいたこともあり札幌は第二のふるさとです。札幌市民ランナーのあこがれ北海道マラソンでは是非頑張って下さい。
・谷本さん、小野寺さんも目標達成に向け頑張って下さい。

■小出道場関係スタッフの方々へ
ライツの有森さん、杉本さん、大塚さん、豊田さん、オーストラリア政府観光局の木下さん、ライターの大栗さんほか関係スタッフの方々本当にありがとうございました。この素晴らしい企画に参加できたことは生涯の思い出です。

■キャノントレーディング藤本さん
GCM特派員の練習メニューは自分で考え実践することになっていますが、なにぶん一人で練習を重ねることはとても難しいことです。
今回はキャノントレーディングさんからモニターとして 心拍計付ウォッチ ポラールRS100 を提供頂きましたがこれは効きました。
自分の運動負荷を見つめる心拍系の存在なしに私のレベル向上は考えられませんでした。
ありがとうございました。

■GCM特派員の仲間達へ
お疲れ様、最高だったね!GCM。
今度は10月の手賀沼エコマラソンよろしくお願いします。
また、今度の皇居ラン練習会+一杯の件は追って連絡しましょう。

■小出道場をご覧頂いた全ての方へ
ありがとうございます。皆さまの閲覧のおかげで成り立つこのHP。今回の私の機会があるのも皆さんが居てからこそ。


マラソンを通じた素敵な出会いに感謝!


小出道場 2006年ゴールドコーストマラソン特派員 遊作 健
ハーフマラソン公式記録 Gun Time 1:33:06 / Net time 1:32:29 / 419位(参加4562人)
22  

Posted by gcm_takeshi at 12:00TrackBack(0)

July 02, 2006

フラットなコースで最高でした! 【遊作】

■実践メニュー/ハーフマラソン本番
■実践負荷/◆◆◆◆◆(12O%!)
■体調/★★★★☆(寝不足と海外での家族サービス疲れ)
■コース/サーファーズパラダイスハーフマラソンコース
■天気/晴れ(快晴、澄み切った空気)、スタート気温9度

ついにきました。GCハーフマラソン大会当日の朝です。
起床は3時。昨日寝たのが11:30頃だから3時間半しか寝てませんが大会当日という緊張からか寝不足感はありません。小さい子供と一緒に行動しているとなかなか自分の思うとおりに時間を使えませんがしょうがないですね。
朝食は3:30頃、昨日スーパーで買っておいたパン2個にヨーグルトを食べました。
食事を終えたらストレッチ。ゴールドコーストの朝は寒いので厚着しながら簡単に済ませたあと、大福ととらやのようかんを補給しエネルギー対策は終了。
その後、5時にゴールドコーストマラソン専用周回バスに乗るため特派員全員で停留所に集まり会場を目指しました。

会場に着いたら風が吹いて寒いのでアシックスブースの中でスタートまで待つことにしました。
この時間に着けば荷物の預かり所やトイレなど全く混雑はなくスムースに準備が出来ます。スタート直前では荷物預かり所は長い列が出来ていたので早めの乗り込みにして正解でした。
時間までは特派員みんなで雑談をしていましたが、落ち着いていたのはぐっさん。フル組はさすがに長距離なのか緊張感が伺えました。
そうこうしていると、ハーフ組のスタート時間30分前になったので、4人全員で固い握手を交わしスタート位置に向かい並びます。
並んでいるとペースセッターランナーを発見。目印の風船と目標タイムが表示してありました。
こういう方が居るのも大きな大会ならではなんでしょうね。
スタート直前に大会スポンサーでアシックスの社長さんが挨拶をし終わると音楽も更にアップテンポ(VAN HAREN/JUMP!)なものに代わり参加者のボルテージが高まります。
今回の参加者は大会全体で13,000名、うち日本人は1,100名なので、ほとんどがオージーとお見受けする方たちでした。

そしていよいよ6;30スタート。
最初は“SUB 1:30”のセッターをマークする作戦にしました。
無謀かもしれませんが今までの練習を信じて前半引っ張ってもらおうとの考えです。
ところがこれは誤算でした。このセッターさんは5km過ぎあたりで気持ちよさそうに一気に走り去ってしまいました。ついて行った回りの人たちも一斉に置き去られていました(笑)。
気を取り直して自分の気持ちいいペースよりちょっと早めの人を捜し、ちょうどいいランナーが来たのでその人のあとをついて行くことに。しかしその方も折り返し地点でペースダウンされたので、以降このようなヤドカリ走法を繰り返し17km地点までたどり着きました。

しかし順調に走ってきたのもここまで、ラスト4kmで突然、赤信号が点滅を始めました。
今まで経験したことのないペースで走ってきたせいか、呼吸が苦しく集中力が切れて「緩めちゃう?」っと気持ちが折れそうなってきました。
どうしよう?このまま頑張りたい! そこで、トコトコ走を試みました。
6期生さん達が教わって小出道場HPに紹介されているあの足の運びを(自分のイメージでは)強調してトライ!
自分の疲れた足をロボットと思い、淡々と動かしていくうちにまた前に進む気持ちが復活しました。
そしてなんとかゴール出来ました。
本当はスタート以降がトコトコで、ラストスパートがバネを使った走りということでしたが、使い方が逆ですね(笑)。

今日は今までで(といっても過去2回)一番苦しいラストでした。
でも、自分の力を100%出し切れた満足感も一番です。
そして、今はすがすがしい澄んだ気分。
ゴールドコースト気分です。

It’s a G’Day!

■GCハーフマラソン結果
1 4:35
2 4:12
3 4:24
4 ----
5 ----
6 13:13
7 4:26
8 4:24
9 4:28
10 4:22
11 4:21
12 4:21
13 4:22
14 4:24
15 4:23
16 4:19
17 4:23
18 4:23
19 ----
20 8:27
21.1 5:02
TOTAL:1時間32分29秒 ※手元の時計による

1
■ゴール後、私の応援団と

2
■ハーフのフィニッシャーTシャツとフィニッシャーメダル  
Posted by gcm_takeshi at 16:01TrackBack(0)

July 01, 2006

明日は頑張ろう! 【遊作】

61915aa3.JPG■今週のテーマ/コンディショニング(ゴールドコーストM前日)
■実践メニュー/モーニングラン3km+3km
■練習負荷/◆◆◇◇◇(景気づけ)
■体調/★★☆☆☆(スケジュール過密疲れ)
■コース/サーファーズパラダイスビーチの測道
■天気/晴れ(快晴、澄み切った空気)

■今日は7時から有森裕子さんのモーニングランに参加しました。
走る前にビーチで行ったストレッチはとても参考になり今後は自分でも取り入れたいと思いました。とくに走る前は骨盤回りのストレッチが重要とのことでした。

2
■モーニングランが終わったら家族でシーワールドに出かけました。
いるかのショーは大迫力で子供たちも大満足でした。

3
■夕食は家族そろってGCマラソンのイベント、パスタパーティ−に参加。
明日に備えて炭水化物をたっぷり食べました。
また、このイベントで有森さんがスピーチをされて、マラソン参加者への激励とともに、自身の今後について述べられました。
それによりますと、9月のベルリンマラソンに参戦、出るからには記録をねらうと意気込みを語り、2月の新しく始まる東京マラソンではプロランナー最後のレースとして挑むそうです。
有森選手は、体の中のエネルギーを全て出し切ったような感動的なゴールシーンが印象的ですが、もう見られなくなるのは寂しい気がしますが、最後にもう一度、感動的な有森選手のゴールの姿を見せてほしいと思います。みんな応援してますよ!

ところで、今回のゴールドコーストマラソンの日本人エントリーは過去最高の1,100名(昨年は670名)だそうです。
関係者の方のご苦労のたまものですね。ご苦労様です。
今回参加させて頂いた私としても、素晴らしい大会を更に盛り上げていってほしいと思います。
  
Posted by gcm_takeshi at 21:06TrackBack(0)

June 30, 2006

サーファーズパラダイスで洗濯 【遊作】

2a96df93.JPG6月30日練習内容
■今週のテーマ/コンディショニング(ゴールドコーストMまで1日)
■実践メニュー/サーフィン
■練習負荷/◆◇◇◇◇(メロー)
■体調/★☆☆☆☆(飛行機疲れ)
■コース/サーファーズパラダイスビーチ
■天気/晴れ(最高気温18〜23℃)

やっと着きました。ゴールドコースト。
昨晩は20:55成田発、ケアンズ05:30〜07:00頃乗り継ぎでブリスベンに着いたのが09:00。
機内では一晩中寝たり起きたりの薄い睡眠でした。
ブリスベン空港の入国審査を済ませたと出口に迎えの人が「遊作、伊藤」の名前ボードを持って立っているのでピックアップしてもらい車でゴールドコーストに向かって下さいとのことだったので、その人を捜しましたが全然居ない!
いきなりトラブルかと必死で探したらスキンヘッドで体格の良いボディーガード風のオージーが「KOIDE-DOJOU」というボードを持っているのを発見!
そんなローマ字見落としますよ!でも見つかって良かった。
そして彼に案内されて乗り込んだ車がBMW7シリーズの悪そうなヤツ!うーん怪しいけどVIP気分でGCまで約一時間のドライブで到着しました。

その後、特派員4人と軽い打合せを終えて、先日からGCに乗り込んでいる家族と再会。
家族みんなでサーファーズパラダイスのビーチに行って、私はサーフィン、女房と子供たちは砂遊びで楽しみました。
さすがにサーファーズパラダイス。美しい砂浜、きれいな海、のんびりした空気は飛行機の疲れを取り去ってくれました。命の洗濯です。

そうこう海でのんびりしているうちに、夕方になってしまい、後ろ髪引かれる思いでビーチをあとにしました。
いったんホテルに戻りシャワーを浴びて、夕食に出発です。
夕食はシーフードのビュッフェ「REZ252」というレストランに行きました。
ここは大人@A$40、子供@A$20でえび、かに、カキはじめパスタや肉など色々なものが食べられて子連れには良かったです。とくに生ガキはおいしくてレモンを搾って30個くらい食べてしまいました。

今日の一日はタイトできつかったー。でも家族も大満足の一日でした。

そして今、ブログもアップしてようやく業務終了。
これからバーで一杯引っかけて自分にお疲れサンします。

2  
Posted by gcm_takeshi at 21:45TrackBack(0)

June 29, 2006

こんな暑い日に冬のAUSって楽しみです! 【遊作】

6月29日練習内容
■今週のテーマ/コンディショニング(ゴールドコーストMまで2日)
■実践メニュー/5km jog
■練習負荷/◆◇◇◇◇(ゆっくり)
■体調/★★★☆☆(暑さでだるい)
■コース/横浜丘陵市街地
■天気/晴れ(最高気温31℃)

ハー暑い! ホントは10km走ろうとしましたがあまりの暑さに5kmでギブアップです。
こんな感じだと真夏に練習する自信なくなります。

一応今日からカーボローディング期間開始なのでごはん多めにとってます。
私の場合、ハーフだからそんなに関係ないかもしれませんが。

さて、もう一息ついたら成田に向かいます。
オーストラリアは冬だから涼しそうなので楽しみです。
それでは行ってきます!

■Lap Data by 心拍計付ウォッチ ポラールRS100
距離   心拍  Lap
5km  139  30:31  
Posted by gcm_takeshi at 14:44TrackBack(0)

June 28, 2006

拝啓 小出監督様 【遊作】

85508b7a.jpg拝啓 小出監督様
軒下にツバメの巣作りも見られる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
このたびは練習会にて監督様にお会い出来ましたこと、練習のご指導頂きましたこと、ステキな思い出となりました。ありがとうございました。
おかげさまで、その後の練習も順調にすすめることが出来き、このプロセスを大いに楽しみました。
そして明日はオーストラリア ゴールドコーストに「夢の実現」に向けて無事出国出来そうです。
佐倉での練習会では有名選手のエピソードも交え非常に楽しくわたりやすい説明でたのしく勉強させていただいたこと、ほんとうに夢のような時間でした。
またいつか、楽しいお話をお聞かせいただく機会が訪れますことを楽しみにしております。
まずは取り急ぎお礼まで。
※写真は栃木県鹿沼市のそば屋「東本陣」(監督若いッス!)

6月28日練習内容
■今週のテーマ/コンディショニング(ゴールドコーストMまで3日)
■実践メニュー/10km jog
■練習負荷/◆◆◆◇◇(復路だけ全開!)
■体調/★★★★☆(良好!)
■コース/横浜丘陵市街地
■天気/晴れ(湿度高し)

今日も気持ちいいペースでゆったりめのスタート。
ただ、折返し地点では全力を出しペースアップして走りました。

最近は自己ベストに全然及びませんが今日までの練習には満足しています。
あとはなるようになるだけ。
Go for it!

■Lap Data by 心拍計付ウォッチ ポラールRS100
距離   心拍  Lap
5km  ---  27:47
10km  ---  23:08
Total 50:55
  
Posted by gcm_takeshi at 23:32TrackBack(0)

June 27, 2006

AUSのお金ってビニール製? 【遊作】

6月27日練習内容
■今週のテーマ/コンディショニング(ゴールドコーストMまで4日)
■実践メニュー/10km jog
■練習負荷/◆◆◆◇◇(復路だけ全開!)
■体調/★★★★☆(良好!)
■コース/横浜丘陵市街地
■天気/晴れ(湿度高し)

今日は気持ちいいペースでゆったりといこうと思いスタート。
片道はゆったりペースで走りましたが、折返し地点でで「ちょっと入れといた方がいいよな」とまたしても貧乏性で全力のペースアップして走りました。

ところで、いま私の疑問は、季節のタイム差ってあるのかなってこと?
最近練習をしてて「今までで一番きつい追い込みをした!」と確信をもって時計を見ると「エッ!たったこんなモン?」っという日がしばしばです。
単に自分の実力なのか、それとも夏場のタイムの特徴なのか、ランナー生活初の夏期トレに疑問はつきません。
ウーン、心拍数は高いしなー....。

■Lap Data by 心拍計付ウォッチ ポラールRS100
距離   心拍  Lap
5km  131  31:20
10km  161  24:10
Total 55:30

s
■今日はオーストラリア渡航準備の第一弾としてA$に両替してきました。
受け取って、始めて見る紙幣にビックリ。
コレってビニール製?
しかもすかしが透明で向こうが見えます。
コレはオーストラリアのお国柄から来てるのかな。だとしたら....
t
■また、レース直前のエネルギー補給食としてQチャン愛用(監督情報)で、私も前回の洞爺湖マラソンで効果のあったとらやの羊羹も仕入れました。
  
Posted by gcm_takeshi at 23:59TrackBack(0)

June 26, 2006

たどり着けて感謝! 【遊作】

6月26日練習内容
■今週のテーマ/コンディショニング(ゴールドコーストMまで5日)
■実践メニュー/10km
■練習負荷/◆◆◆◆◆(最初から全開!)
■体調/★★★★☆(可もなく不可もなく)
■コース/横浜丘陵市街地
■天気/晴れ

今日も昨日と同じくスピードを意識して10kmを最初から最後まで全力で走りました。
一応、これできつめの練習はおしまい。

今日まで大きなダメージが残らずハーフマラソン大会に参加出来そうな体調でたどり着けたことに感謝!
明日から大会前日まではスローダウンしてのんびりやろうと思います。

オーストラリアの渡航準備はほとんどしていません。
明日からビルドアップして準備するから今日は早めに寝ちゃいます。

■Lap Data by 心拍計付ウォッチ ポラールRS100
距離   心拍  Lap
5km  159  24:10
10km  161  24:14
Total 48:24

ふと思うことは、この練習が全くの日常になっていること。
4ヶ月前は10km走に家を出ることは冒険で、重い腰を上げる覚悟が必要だったけど今は日常。
走らない日は凄く損をした気になります。
コレって私自身のランナー化がだいぶ進行した証?
  
Posted by gcm_takeshi at 22:29TrackBack(0)

June 25, 2006

新シューズ投入! 【遊作】

6月25日練習内容
■今週のテーマ/シュシュシュっと軽くスピード(ゴールドコーストMまで6日)
■実践メニュー/10km
■練習負荷/◆◆◆◆◆(最初から全開!)
■体調/★★★★☆(可もなく不可もなく)
■コース/横浜丘陵市街地
■天気/晴れ

今日はスピードを意識して10kmを最初から最後まで全力で走りました。
心拍数も最初からずっと高めで推移しましたが、こういう最後まで心臓バクバクの練習は久しぶりでした。

ぐっさんスイカマラソンお疲れ様でした。
レース中の心拍数179は凄いですね!私は苦痛に弱い(?)のでここまでは追い込めないです。ともかく本番前の良い追い切りですね。お互いハーフ頑張りましょう!

■Lap Data by 心拍計付ウォッチ ポラールRS100
距離   心拍  Lap
5km  157  23:59
10km  159  23:20

さて、今日は練習用シューズ「アシックスGT2100」を新たに投入しました。
これは、来年2月開催の東京マラソンのエントリーも済ませたことだし、ゴールドコーストハーフマラソン以降の中長期練習計画をあれこれ思案しているときに、 プロが教えます。!正しいランニングシューズの選び方! でおなじみのシューズマスターの野村さんに相談し、その頂いたアドバイスに基づくものです。

このアドバイスは他の市民ランナーの方にも参考にと思い、シューズマスター野村さんの了解も得たので紹介したいと思います。
以下やりとりです。

----- 使用目的 -----
フルマラソン
----- コメント -----
いつも楽しく勉強させて頂いており、ありがとうございます。
私は2月からランニングを始め、
2月 体重:69kg 月間距離107km 
3月 体重:67kg 月間距離237km
4月 体重:66kg 月間距離338km
5月 体重:65kg 月間距離324km
6月 体重:63kg 月間距離250km※現在
という練習状況です。

タイムは5月の洞爺湖マラソンで3時間41分でした。今後は、7月のゴールドコーストハーフマラソンで1時間40分以内、8月の北海道マラソンで3時間30分以内を目標にしています。
故障箇所は左足くるぶし回りのけんしょう炎(靱帯炎)で痛めており、今は走れますが、常時慢性的に鈍い痛みを感じている状況です。
使用シューズは●●●●、●●●●(洞爺湖M使用)、ライトレーサーGD(ゴールドCM使用予定)です。
レース用の最適なシューズを探していますが、私の次に考えている候補は、アシックスのTARTHER UL、GENERACER、SKYSENSOR などを考えております。
こんな状況ですが、私にお勧めの練習用とレース用シューズを教えて下さい。
よろしくお願いします。

------------------------------------------------------------

遊作さま
シューズマスターの野村です。メールありがとうございます。早速、回答させていただきますね。

>故障箇所は左足くるぶし回りのけんしょう炎(靱帯炎)で痛めており、今は走れますが、常時慢性的に鈍い痛みを感じている状況です。

ちょっと頑張り過ぎかもしれません。
軸足(左足)の腸頸靱帯炎はランナー膝と言われるようにどうしても負担が出ます。練習後のアイシング等でケアをしてください。
「くるぶし」周りが内反していれば膝は外転しています。つまり左足の腰から膝関節、くるぶしまで強い捻れが出ています。
もう少し判り易くいいますと遊作さんの左足は疲労が原因で棒のように堅くなっています。

もう一つの原因は履かれているシューズが柔らかい事です。
現在履かれているシューズもそうですが今後予定されているシューズも柔らかいです。
柔らかいシューズが好きな方はどうしても「捻りたいタイプ」の方が多いです。
シューズの真ん中が減っていませんか?(右足)

まずジョグ用のシューズは●●●●は最悪です。
次にレース用のシューズですがハーフまででしたらお好きなシューズで挑戦してみてください。レースなんですから。
しかしフルの場合は、30kがハーフになります。
「残り10k」これをどうするかが課題ですね。
つまり残り10kのペースが5分/km以上かかるのならやはり支えてくれるシューズを選んだ方がいいですね。
TARTHER UL、GENERACER、SKYSENSOR は4分台/kmのシューズです。後半支えてくれません。

ジョグ用のシューズは出来るだけ硬めのシューズを「正しいシューズの履き方」で練習されることをお勧めいたします。
フルのレース用は現状からですとアシックスのDSトレーナーが一番近いシューズだと思います。
もちろん3時間30分でしたらアシックスのGT−2110でも十分はけます。
その意味では微妙な所にありますね。多謝

------------------------------------------------------------

以上のアドバイスから、早速アシックスのDSトレーナーを買いに行ったのですがあいにく店に在庫が無く、残念に思っていましたところアシックスのGT−2110の先代モデルGT−2100がセール品で売っていたので迷わずゲット!

履き心地は、走ってみてウーンと唸りました。
堅いシューズというのはこういう事を言うんですね。
うまく言えませんが「粘り堅い」というような感じで、必要なクッション性はありながら心地の良いほどよい堅さがあるという感じです。(良い自動車と一緒 ?)
店でソールを指で押してみても解りません。
プロのアドバイスに脱帽です。
シューズは記録達成にも、足の故障にも大いに関係する道具。
慎重に選びたいものです。

シューズマスター野村 Thank you so much !  
Posted by gcm_takeshi at 23:59TrackBack(0)

June 24, 2006

体への投資 【遊作】

6月24日練習内容
■今週のテーマ/シュシュシュっと軽くスピード(ゴールドコーストMまで7日)
■実践メニュー/21km
■練習負荷/◆◆◆◆◆(前日21km走6時間後に再度走る)
■体調/★★★★☆(気分上々↑↑)
■コース/横浜→鎌倉→由比ヶ浜 往復(復路アップヒル)
■天気/晴れ

今朝は、昨晩の21km走の疲労が残っているうちにさらに負荷をかけてやろうということでもう一度同じコースで21kmを走りました。
レース1週間前のセオリーとはちょっと違うかも知れませんが、せっかく体が疲労している状態で時間もあるので「やっちゃえ!」っと言う意気込みで走りました。
足が動きませんでバテバテです。

コレを財テクに例えると、体が疲労すればするほど金利が高くなるので、リスクは高いけれど身を削って投資したという感じでしょうか。

この投資が当たれば身体能力はさらに向上する。タイムが縮む。

はずれたら元本割れとなり、私の場合左足首のけんしょう炎、風邪により1週間練習しないことにより小出監督の法則によると「半分になっちゃう」といった自体を招き、結果タイムも悪くなったり障害が残ったりする。

ランニングも投資も自分のポートフォリオ(資産の一覧表)を良く認識し、攻めと守りの配分(運動・栄養・休養)を、バランス良く組み立てて、安全性や収益性を考えた、有利な分散投資の組み合わせを考えたいものですね。

■Lap Data by 心拍計付ウォッチ ポラールRS100
距離   心拍  Lap (6H前)
5km  137  28:19  (24:47)
10km  142  30:20  (25:30)
15km  144  32:35  (26:08)
20km  147  30:03  (24:00)
21km  142  05:55  (04:38)

h
■海水浴場の海の家準備が進む由比ヶ浜海岸  
Posted by gcm_takeshi at 17:33TrackBack(0)