2015年03月27日

明日3月28日といえば神田 うのや水野 真紀の誕生日。
めでたいわけでありますが、その他にもめでたいイベントが催されます!

以前もブログで告知した「タイフェア芝浦」。
タイ料理やタイマッサージ、カービング、ムエタイ、タイ舞踊など、さまざまなタイカルチャーが紹介される、一大イベントなのです。

thai1












「タイフェア芝浦」ではGダイもブースにて出店します!
最新号のGダイアリーやバックナンバー、第三弾GダイオリジナルTシャツ、さらには先日発売したばかりの「タイのお祭り写真素材集」も販売します。

G186_Cover-JPs










Gダイ最新号の表紙でございます


EY7A2158s











GダイTシャツ(黒バージョン)

EY7A2144s











GダイオリジナルTシャツ(白)

86826140







タイのお祭り写真素材集


Gダイブースでは、突破記者のりりんが待機。
いまかいまかと、Gダイ読者を待ち受けておりますので、ぜひ足をお運びいただきからかってやってください。

IMG_3932













そのほか、Gダイで連載中のチャオプラヤ工藤も参戦!
昼過ぎから来るという情報です。

IMG_9433












Gダイライター陣も参加する「タイフェア芝浦」。
タイ好きならゼッタイ楽しめるはず!


詳しくは「タイフェア芝浦」公式サイトにて
http://www.thaifair.org/


2014年5月号カバーガールのアンヤ―ちゃんを
ワンクリックしていただければ、Gダイも彼女も大喜びです。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


GダイアリーのFace Bookファンページ
「いいね」を下さいませ。
https://www.facebook.com/gdiary.asia

Twitterはコチラ
https://twitter.com/Gdiary_staff




gdiary_staff at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月17日

来月はついに、タイ最大のお祭りソンクラーン!
なんて、すっごく楽しみにしているかのように書いてますが、ソンクラーン期間中、日本へ帰国するビーフンまさおです。

私は日本へ行っちゃいますが、ソンクラーンをタイで過ごそうと今からウハウハしている人も多いはず。
水かけ祭りと呼ばれるだけあり、街中のあちこちで水をかけ合いが勃発していて、男も女もびっちょびちょ!!


もちろん美女もびっちょびちょ!!


そんな、びっちょびちょな彼女たちの気を引きたいならば、

「第三弾GダイオリジナルTシャツ」の着用


をオススメいたします。


EY7A2144s













EY7A2150s













私の友人は、このTシャツを着てテーメ―カフェへ行ったら

「いつもの3倍は引きが強かった」

とウソのような、本当か分からない話をしておりました。

サイズはS、M、L、XL。
色は白と黒の2種類!

EY7A2158s













お値段は1200円(税込)で。
ソンクラーン前に購入して、びっちょびちょにしてあげてください!

http://arqos.com/?mode=cate&cbid=1157799&csid=0


ワンクリックでこのブログはちょっとずつ成長していくと思います。

2014年7月号カバーガール、リンリンちゃん
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


GダイアリーのFace Bookファンページ
「いいね」を下さいませ。
https://www.facebook.com/gdiary.asia

Twitterはコチラ
https://twitter.com/Gdiary_staff


Gダイのバックナンバーをお探しでしたら、下記ページに全て掲載しています。
http://arqos.com/?mode=cate&cbid=351608&csid=3


電子版G-DIARYは「Fujisan」などのサイトからお求めいただけます!

Fujisan

雑誌オンライン

ebook Japan

Booky



好評連載だったマンガ「鬼嫁烈伝」が電子版で復活しました!

380円で販売中です。

「鬼嫁烈伝〜微笑みの下の素顔〜」


gdiary_staff at 17:38コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月12日

10日の火曜日、6月発売号の表紙撮影をしてきました。
場所は水上マーケット「Damnoensaduak Floating Market(ダムヌン・サドゥーアック水上マーケット」と
日本人観光客もたくさん訪れる「メークロン市場」。

どちらも初めて訪れましたが、白人の観光客が目立ち、パツキン美人を見つけてはジロジロと眺め、悦に入っていた、ビーフンまさおでございます。


さて、今回はGダイアリーからのお知らせです。
来る3月28日、東京の田町で「タイフェアin芝浦」が開催されます。

thai1












タイ料理教室やタイ雑貨販売、カービング、タイマッサージなどなど、タイカルチャーがまとめて楽しめるイベントです。
なんとこのイベントに、Gダイアリーもブースで出店!
最新号のGダイアリーやバックナンバー、GダイアリーTシャツなどを販売いたします。

こちらのブースでは、突破記者ののりりんが登場!
彼女がGダイアリーを販売し、さらにその模様を5月発売号のGダイアリー「オンナも往く!」で紹介します。
みなさん、ご来場いただき、のりりんに熱い声援を送ってやってください。

場所はこちらです。

タイフェアin芝浦-Map-OT







みなさまのワンクリックにより
Gダイは東南アジアの最新情報を
配信していける存在であり続けられます。


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


GダイアリーのFace Bookファンページ
「いいね」を下さいませ。
https://www.facebook.com/gdiary.asia

Twitterはコチラ
https://twitter.com/Gdiary_staff


Gダイのバックナンバーをお探しでしたら、下記ページに全て掲載しています。
http://arqos.com/?mode=cate&cbid=351608&csid=3



電子版G-DIARYは「Fujisan」などのサイトからお求めいただけます!

Fujisan

雑誌オンライン


ebook Japan

Booky



好評連載だったマンガ「鬼嫁烈伝」が電子版で復活しました!

380円で販売中です。

「鬼嫁烈伝〜微笑みの下の素顔〜」








gdiary_staff at 14:15コメント(0)トラックバック(0) 

2015年03月06日

真昼間、タニヤ通りをほっつき歩き、スリウォン通りまで出たところで、赤い旗に目が止まった。
あんなもん、あったかいな。
目を凝らして見てみると、「博多ラーメン」という文字がなびいている。

IMG_0246






ここの店、以前は「豚銘蘭(ブーメラン)」という、センスのかけらも感じさせない店名で、豚しゃぶ鍋をメインに出していた店だった。

知らぬ間に博多ラーメンへと転身したようだ。
「豚銘蘭」の店名がいまだ残っているところを見ると、オーナーは同じなのだろう。
店が変わったのは分かるが、軒先には「博多ラーメン」の赤旗はあれど、店名がどこにも掲げられていない。
てっきり「博多ラーメン」が店名かと思いきや、店前まで近付いたところで店名が判明した。

IMG_0245











前回の「豚銘蘭」といい、「谷屋」といい、ここのオーナーさんは当て字が好きでやめられないらしい。
当て字を使うことに反論するつもりはないが、もうちょっと粋な当て字はなかったのかが悔やまれる。


店内へ入りメニューを見てみた。
すると、ラーメンが驚くほど安い。
ラーメンの価格高騰が叫ばれているバンコクにおいて、ラーメン1杯99バーツである。

IMG_0244











連日の散財で財政難に陥っている私の財布にとって、非常にありがたい。
しかしここで、最低価格の「博多とんこつラーメン」を注文したなら、店員から
「あっ、こいつ財政難だな」
と見破られること必至。
少しだけ背伸びをして「味玉ラーメン」129バーツを選ぶあたり、己の器の小ささを痛烈に感じる瞬間である。


IMG_0242








器が若干こぶりだが、見た目はどこからどうみても紛うことなき博多ラーメン。
テーブルの脇に紅ショウガと高菜が小瓶に入れられ待機しているあたり、合格点を差し上げたい。

さてお味のほうは…。
濃厚な豚骨スープで、麺もしっかりしており、実に美味い。
129バーツでこれほどのクオリティーを提供できているなら、十分だ。

食べ終わってからタイ人の店員に話を聞いたところ、今年の1月からオープンしたとのこと。
Gダイの事務所がすぐ近くにあるにも関わらず、約2ヵ月間、「谷屋ホープ軒」の存在に気付かなかったのだから、きっとまだまだ知られていないラーメン屋なのだろう。

美味しいよ、「谷屋ホープ軒」。

(町ル田マチオ)


2014年5月号カバーガールのアンヤ―ちゃんを
ワンクリックしていただければ、
Gダイも彼女も大喜びです。


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村


GダイアリーのFace Bookファンページ
「いいね」を下さいませ。
https://www.facebook.com/gdiary.asia

Twitterはコチラ
https://twitter.com/Gdiary_staff


Gダイのバックナンバーをお探しでしたら、下記ページに全て掲載しています。
http://arqos.com/?mode=cate&cbid=351608&csid=3



電子版G-DIARYは「Fujisan」などのサイトからお求めいただけます!

Fujisan

雑誌オンライン


ebook Japan

Booky



好評連載だったマンガ「鬼嫁烈伝」が電子版で復活しました!

380円で販売中です。

「鬼嫁烈伝〜微笑みの下の素顔〜」




gdiary_staff at 20:06コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月22日

4月15日発売号の「タニヤ特集」の取材で、ここ数日、タニヤ通りばかり訪れているビーフンまさおです。

 タニヤ通りのど真ん中に「タニヤプラザ」というビルディングがあり、ここの3階に中古本屋「DDブックス」が営業しています。
「DDブックス」ではGダイアリーのバックナンバーを販売してくれているのですが、ひさしぶりに訪れたら今でも販売していました。

 IMG_8106














価格は50バーツ。
破格値やがなー!

4月15日発売号のことはさておき、先日発売されたばかりの3月号。
第二特集では、バンコクのホストクラブを取り上げました。
執筆したのは、突破記者のりりん!

185_028-029_hostclubs







意外とネット上でも情報が出回っていないバンコクのホスト情報。
なんとか調べ上げ、3店舗をのりりんが取材しました。
もともと、ホストクラブなんてまったく興味がない彼女が、いったいどのようにホストと対峙するのか。
ホストクラブ情報と併せ、そちらもお楽しみください!
最新号のお求めは下記サイトにて販売しています。

[Gダイアリーオンライン書店]
http://arqos.com/?pid=86825181


みなさまのワンクリックにより、
Gダイは東南アジアの最新情報を
配信していける存在であり続けられます!


にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

GダイアリーのFace Bookファンページ
「いいね」を下さいませ。
https://www.facebook.com/gdiary.asia

Twitterはコチラ
https://twitter.com/Gdiary_staff


Gダイのバックナンバーをお探しでしたら、下記ページに全て掲載しています。
http://arqos.com/?mode=cate&cbid=351608&csid=3



電子版G-DIARYは「Fujisan」などのサイトからお求めいただけます!

Fujisan

雑誌オンライン


ebook Japan

Booky



好評連載だったマンガ「鬼嫁烈伝」が電子版で復活しました!

380円で販売中です。

「鬼嫁烈伝〜微笑みの下の素顔〜」






gdiary_staff at 20:56コメント(0)トラックバック(0) 
Gentleman's Comments
Gentleman's Search