15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプション。2014年11月開始。2017年末までに15万円⇒1902万円達成。2018年は勝負の年!

1分足でのスキャルピング練習

週明けの実トレードは休み。

本日は、以下のソフトを使ったトレードの準備を行なった。

スーパースキャルピング225

メンバー専用サイトには「トレードの準備」という動画が18本ある。

それを一通り視聴し、必要な準備を行なった。

それだけで丸1日がかり。

また、本編PDFや本編動画もざっと見た。膨大な情報量。

そのうえで、シミュレーション練習も行った。

以下は6月18日(月)日中の売買サイン(1分足)。


6月18日

黄色い上向き矢印(↑)が「買い」サイン。

ピンクの下向き矢印(↓)が「売り」サイン。

相変わらずタイムリーなサインが多い。

サインが発生すると、アラーム音でリアルタイムで知らせてくれる。

上記のサインを参考に、1分足でのスキャルピング練習をしてみた。

自己流の裁量判断で「買い」と「売り」のエントリポイントを選んでみた。

それが図中の青い矢印。5回のエントリで+250円もの利益。

上記エントリは教材の推奨する条件と異なり、独自の判断で選んだもの。

それでも+250円もの大利。ミニ10枚なら25万円もの利益。

とてもスキャルピングとは思えない成績。

たまたまかもしれないが、今後の大きな可能性を感じさせる結果。

個人的には、1分足でのスキャルピング練習は初めて。

今までは、週足、日足を確認したうえで5分足を見ていた。

1分足を見ながらのスキャルピングには以下のような利点がある。

(1)エントリと手仕舞いが5分足よりも早めにできる。
(2)売買サインにより、トレンドに逆らうエントリをしないで済む。
(3)同じく早すぎる利確やロスカットの遅れも防止できる。

これらは、あくまでも5分足と比較した主観的な印象。

逆にデメリットとしては

1分足を見慣れるまで時間がかかる

の1点のみ。

もちろん慣れれば問題ない。

まだまだ使いこなせていないので、実トレードはしばらく先になりそうだ。

明日も実トレードを行なわず、引き続き教材の学習とスキャルピング練習。

動画やPDFなど情報量が膨大で、まだほとんど消化しきれていない。

今週中にしっかり使いこなせるようにしたい。

なお、「スーパースキャルピング225」
体験用のデモサイトがある。

スーパースキャルピング225

上記リンクの「7大特典無料プレゼント」の下にメールアドレスを入力。

するとデモサイトの案内メールが届く。もちろん
無料。

一見すると怪しい感じだが、実際に登録してみると非常に良心的なサイト。

このデモサイトだけでもかなりの情報量なのでお勧め。

2018年6月第4週の戦略

今週のテーマはずばり

「スキャルピングを極める」

先週は3営業日取引して全勝。+23万円の利益だった。

その際、以下の2種類のデイトレ手法を使い分けた。

(1)「逆コツコツコツドカン」⇒トレンドが出た相場の順張りトレードに強い
(2)「N225ミニうねり取り」⇒もみあい相場での「うねり」を取るのに強い

今週は上記に加え

(3)「スーパースキャルピング225」⇒小さな利益を着実に積み重ねる手法

をデイトレ手法に加えたいと考えている。

これまで多くの手法を試してきたが、スキャルピングは完全な自己流。

自分の知る限り、日経225のスキャルピングをきちんと学べる教材はなかった

は、本格的なスキャルピング手法を学べる初めての教材といってよい。

本日は本編PDF(125ページ)を読み始めた。

随所に「目からウロコ」の実践的なノウハウが満載。

それ以前に、ソフトの準備作業の途中でも以下のような収穫があった。

(1)FXで有名なMT4を使えるようになったこと。
(2)SBI証券では半分の証拠金で先物を取引できること(デイトレのみ)。
(3)基本的なインジケータの理解が深まったこと。


(1)のチャートは非常に使いやすい。楽天のMarket Speedから乗り換える予定。

(2)はSBI証券ならミニ1枚33000円で済む。10枚で33万円。これは大きな強み。

(3)具体的には移動平均線、RSI、転換線、ボリンジャーバンドなどの使い方。

上記の3つだけでも、すでに価格(29800円)以上の元は取れた感じ。

だが、これはほんのさわり。

メンバー専用サイトには膨大な動画と資料がある。

特に本編ではエントリ、ロスカット、利益確定、資金管理など懇切丁寧な解説。

これまで購入したどの商材よりも中身が濃い。

寝る時間も惜しくなるほど盛りだくさんの内容。

学ぶ楽しさ」を味わえる良心的な教材構成になっている。

いろいろな意味でツボにはまった。

さすがトレード教材マニアの友人A君がわざわざ紹介してくれたのも納得。

彼は5月に購入し、すでにスキャルピングだけで+700円という。

彼はラージ10枚を運用しているので利益+700万円。

そういう意味で、売買ソフトとしてもパフォーマンスが高そうだ。

なお、

は、けっこう使いこなすのに時間がかかりそうだ。

上記ソフトを使いこなすのは、基本的なトレードスキルを磨くことになるからだ。

そういう意味で、学習用にも実トレード用にも使える。

よくある「1日5
分」とか「ワンクリックで」のような簡便さはない。

なので以下のような人に向いている。

(1)新しいことを学ぶのが好きな人。
(2)準備や設定に時間をかけるのを厭わない人。
(3)
サインに盲目的に従うのでなく裁量判断でトレードしたい人。

(1)は本教材で学べることが非常に多い。PDFや動画教材も膨大。

(2)は
準備作業だけで10時間以上かかることを覚悟したほうがよい。

(3)はツールに使われるのではなくツールを使う立場になりたい人向け。

以上により、今週の方針は

「スキャルピングを極める」

とした。

具体的には、以下のソフトの試験運用をメインとする。

スーパースキャルピング225

「スーパースキャルピング225」vs「デイリー2018mini」

先日、友人トレーダーA君から2つのトレードソフトを紹介された。

友人トレーダーA君のお勧めトレードソフト

2つともA君が購入してプレゼントしてくれるという。

上記2つの販売サイトをじっくり読んだ。

A君に電話して、両方とも丁重にお断りした。

理由はそれぞれ異なる。

まず、「デイリー2018mini」は前作の「デイリー225」とよく似ている。

その仕様はほぼ同じといってよい。

「デイリー225」のシグナルは今でも購入者特典で毎日メールで配信される。

「デイリー225」もその改訂版も、たしかに直近の成績は良さそうだ。

だが、シグナル通りに売買するなら自分でトレードする必要はない。

子供に代わりにやらせても同じ。

それにシステムトレードのソフトは大きなドローダウンがつきもの。

良いソフトなのだろうが、個人的には相性が合わないと感じた。

今後、「デイリー225」も「デイリー2018mini」も使う可能性はゼロ。

なのでA君には丁重にお断りした。

もう1つの「スーパースキャルピング225」をお断りした理由は真逆。

端的に言えば、ひどく気に入った。

本当に気に入ったものは自分のお金で購入し、徹底的に使いこなしたい。

他人に買ってもらうのでは「借り物」

それでは本当に自分のモノにはならない。

単なる気分の問題だが、トレードでは意外とこういうことが大切。

そう思ったのでA君の申し出を辞退した。

早速、「スーパースキャルピング225」を自分で購入。

週末の土曜に丸1日かけて「スーパースキャルピング225」をセットアップ。

SBI証券に口座を開き、「MT4」もインストールし、無事にセットアップ完了。

なんだかんだで、トータル12時間くらいかかった。

以下が金曜ナイトの大引けまでのシグナル画面(1分足)。

シグナル画面

黄色い上向き矢印(↑)が「買い」サイン。

ピンクの下向き矢印(↓)が「売り」サイン。

一見して分かるように、非常に的中率が高い。

画面左下の一番安いところも、矢印が隠れて見えにくいがしっかり「買い」サイン。

これらのサインがリアルタイムで出てくるなら凄い。

自分がふだん苦労して発見している売買ポイントと感覚的にかなり近い。

矢印の指示通りにやるだけでも、かなりの利益が取れそうだ。

しかも裁量判断で上記の売買ポイントをさらに厳選できる

本編PDFや動画では、そのやり方を詳しく解説している。

このソフトはあくまでも「トレード支援ソフト」という位置づけ。

売買ポイントを絞る作業を通して、チャートを見る眼が鍛えられるという。

結果的に、裁量判断によるスキャルピング売買の技術を向上できる。

これは面白い。

ひさしぶりにヒット作の予感。

スーパースキャルピング225

今週中に上記ソフトを詳しくレビューする。

39日目:604万2501円(+116499円)

開始資金:200万円(→開始資金200万円は引き出し済。利益のみ運用中)
売買対象:日経225先物mini
期間:2018年1月10日~2018年12月末まで
目標:2018年12月末までに200万円を1千万円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2017年12月(15万円→1902万円達成済み)

6/14(木)ナイトに順張り買いを1回だけ行なった。

0614

夕方に仕込んだ買い玉を23:00頃に上記タイミングで利確。

久々の10万円超え。

今回は「逆コツコツコツドカン」で本玉の買いを仕込んだ。

脳内の「売りヘッジ」から入り、5円刻みで買いの逆ナンピン。

仕込みが予定より7枚多くなったが予算の範囲内。

最初の「脳内ヘッジ」は売り買いどちらでもよい。

あらかじめ決めなくても、動いたほうに逆ナンピンで追いかけるだけ。


「逆コツコツコツドカン」は一方向に走り出した相場を捉えるのに強い。

以下、現在の2大デイトレ手法。どちらも当ブログのオリジナル。

(1)「逆コツコツコツドカン」⇒トレンドが出た相場の順張りトレードに強い
(2)「N225ミニうねり取り」⇒もみあい相場での「うねり」を取るのに強い


上記を相場に応じて使い分ける。

言い換えれば、両方揃って完全な手法となる。

つねに「今はもみあいかトレンド相場か?」と自問する。

そうした判断さえ間違えなければ、上記は最強の組み合わせとなる。

今週は3営業日取引し、利益は+23万円。

これで今年の利益が400万円を超えた。

今年の目標である1千万円までも残り400万円。

遅々とした歩みだが、とりあえず生き残っていることに感謝。

なお、今週末は以下のソフトをセットアップしてじっくり研究する予定。


詳しくは後日レビューするが、思ったよりはるかに良さそうだ。

友人トレーダーA君のお勧めトレードソフト

今日、ひさしぶりに友人トレーダーA君から電話があった。

S「もしもし」
A「俺だけど、いま話してだいじょうぶ?」
S「ひさしぶり~。うん、いいよ」
A「あのさ、いま使ってる「スーパースキャルピング225」が凄いんだよ~」
S「なにそれ?」
A「MT4っていうFXで使うツールを使って、日経225の売買サインを出すソフト」
S「へええ」
A「5月にそれ買って、サインを参考にしたらもの凄い利益」
S「そうなんだ」
A「5月はプラス500円、6月もすでに200円。利益700万なんだよ!」
S「げ、それって凄すぎない?」
A「Sさんにはお世話になってるから紹介しようと思ってさ~」
S「ありがとう。でも以前のデイリー225で懲りたから遠慮しとく」

A「そうそう、デイリー225って4ヵ月連続マイナスだったじゃん」
S「うん、それでそういう売買サインのソフトはもう手を出さないことにしたんだ」
A「そのあとの成績知ってる?」
S「ううん、知らない」
A「2017年トータルで+2680円のプラスって知ってた?」
S「そうなんだ?!ぜんぜん知らなかったよ」
A「それで4か月連続マイナス分はチャラで、トータル大幅プラスなんだよ」
S「そっか~、じゃあそのまま使ってたら大幅プラスだったんだ・・」
A「そうそう」
S「それを聞いてちょっと安心したよ。教えてくれてありがとう」

A「じゃ、デイリー225の後継ソフトも知らない?」
S「知らない」
A「デイリー2018miniっていうだけど、これ前作のデイリー225よりいいんだよ」
S「へええ~」
A「よかったら見てみて」


A「今はデイリー2018miniを使って1~3月まで大幅プラス。4月は小幅マイナス」
S「5月と6月は?」
A「そこそこプラス」
S「そうなんだ、すごいね」
A「うん、これもお勧めだよ」
S「でも、サイン通りに売買するソフトでしょ。そういうのはもういいよ」
A「Sさんならそういうと思ったよ。」
S「サイン通りに売買するのは楽だけど、それだと何もスキルアップしないから」
A「それなら、スーパースキャルピング225がぜったいお勧め!」
S「そうなの?」
A「ともかく、内容だけでも見てみて」


A「このソフトは半裁量ソフト。売買サインはあくまでも参考」
S「でも、それだと初心者にはむずかしいでしょ」
A「いやいや、サイン通りにやっても勝率80%。裁量判断入れると勝率90%以上」
S「まじ?!ちょっと信じられないけど・・」
A「このソフトのサインはチャートの見方を学ぶのにゼッタイ役立つ!」
S「そうなんだ・・」
A「さっきも言ったけど、こんな俺でも5月と6月だけで利益700万円」
S「それは凄いけど・・」
A「そんで以下の動画見たら、俺以上に儲けてる人もいる。5~6月でプラス900円」


S「いま販売サイトをちょっと見たけど、半裁量というのはよさそうだね」
A「うん、絶対おすすめ!」
S「じゃあ、時間が出来たらスーパースキャルピング225を試してみるよ」
A「そう?じゃあ、俺のほうで購入してSさんにプレゼントするから」
S「まじ?」
A「うん、Sさんにはいろいろお世話になってるから、安いもんだよ」
S「ありがとう。じゃ、お言葉に甘えて」
A「ついでにデイリー2018miniもいらない?」
S「じゃあ、お願いしようかな」
A「わかった(ガチャン)」

というわけで、以下の2つのソフトが手に入ることになった。

一応、価格を確認したところ、前者は39800円、後者は29800円。

実際に使うかどうかまだ分からないが、A君の話しを聞くかぎり悪くなさそうだ。

特に「スーパースキャルピング225」は半裁量のスキャルピングソフト

これはかなり珍しい。日経225のスキャルピング用ソフトは聞いたことがない。

しかもサイン通りの売買ではなく裁量判断を加味するという点も面白そうだ。

「スーパースキャルピング225」のロジックは非常にオーソドックなものらしい。

A君によると、使っているうちにチャートの売買ポイントが自然に学べるという。

もしそれが本当だとしたら、スキャルピングの練習用にも使える。

いろいろな意味で「スーパースキャルピング225」は期待できそうだ。

この週末に「スーパースキャルピング225」を重点的に研究してみるつもり。

来週中に時間の余裕が出来たら、上記2種類のソフトをレビューする。
お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧め教材

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2017】  「危機と奇跡と負けない投資」
⇒時鳥メルマガの2017年総集編。毎週配信されるメルマガと内容的には同じだが、まとめて読むとまったく別物。目先の相場に振り回されない大局観が養えるだけでなく、読み返すたびに新しい発見と気づきがある。ここ数年の総集編の中でも一、二を争う充実した内容。「負けない投資」のバイブルとして必携。

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」
⇒2016年のバックナンバー。トランプバブルの可能性をいち早く予見。通読することにより、2017年の相場の本質を深く理解できる。

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」
⇒時鳥メルマガの2015年総集編。通読することにより大局的な相場観が養える。永久保存版の参考書

株は技術だ、一生モノ!
⇒相場師朗氏の最新教材。本編動画10本、補講動画、Q&Aからなる。「うねり取り」「建て玉の操作」の前提となる基本を学べる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。以下のラジオNIKKEI番組と併せて当ブログの推奨教材。

トレーディングフロア 毎週月曜16時10分

相場師朗の株塾 毎週火曜16時

いずれも無料番組。

参考図書:相場師朗・著『株は技術だ』ぱる出版

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ