15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプション。2014年11月開始。2017年末までに15万円⇒1902万円達成。2018年は勝負の年!

60日目:658万7159円(+102678円)

開始資金:200万円(→開始資金200万円は引き出し済。利益のみ運用中)
売買対象:日経225先物mini
期間:2018年1月10日~2018年12月末まで
目標:2018年12月末までに200万円を1千万円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2017年12月(15万円→1902万円達成済み)

8月22日(水)は日中の前場のみ取引

合計6回のエントリ。


結果は負けなしの6戦全勝。

取れた値幅は+95円。損益+102678円。


8月22日結果

久しぶりの+10万円超え。

本日のトレードはほぼMT4のサイン通り。

全6回の取引は以下の通り。

時刻 価格 売/買 枚数 損益 ホールド メモ
--------------------------------------------------------------------------------------
9:07  22195  売り 11   +55円 8分 直近安値を割りエントリ
9:24  22180    買い 12 +10円 2分 サイン通りの逆張り買い
10:25 22260   売り    12   +5円 2分  サイン通りの逆張り売り
10:30 22260   売り    12   +15円 1分   再エントリで利益を伸ばした
11:02  22235   買い   12    +5円 2分 サイン通りの逆張り買い
11:05  22250   買い 12 +5円 2分 22315に急伸。利確早過ぎ
---------------------------------------------------------------------------------------


今日のトレードは最初の+55円が大きい。

これはスーパースキャルピング225」の「先物の必勝パターン」を応用。

「実践動画」でもたびたび紹介されている手法。

おかげでエントリから利確まで、ほぼ完璧なトレードができた。

今日は前場しか見れなかったが、概ね素直な動き。

こういうときはスキャルピングで勝ちやすい。

取引したのは午前9時から11時までのわずか2時間。

エントリ回数も6回と少なかったが、値幅、利益ともに十分。

後場は所用のため見送り。

明日も引き続きスキャルピング。

59日目:648万4481円(+38440円)

開始資金:200万円(→開始資金200万円は引き出し済。利益のみ運用中)
売買対象:日経225先物mini
期間:2018年1月10日~2018年12月末まで
目標:2018年12月末までに200万円を1千万円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2017年12月(15万円→1902万円達成済み)

8月21日(火)は前日ナイト取引

合計8回のエントリ。枚数はミニ10枚。


結果は負けなしの7勝1分け。

取れた値幅は+45円。損益+38440円。

このうち特に印象に残ったトレードが以下の買いエントリ。
(青い丸印がエントリと決済のポイント)

8月21日ナイトエントリ


ここはMT4のサインが出る前に「待ち伏せ」し、フライングエントリ。

予想通りに力強く上昇し+15円で利確。

8月21日ナイト

その他
のトレードはレンジの+5円が中心。

日中は見送り。

「休むも相場」

明日も引き続きスキャルピング三昧。

8/22(水)追記
誤って当記事を最新記事で上書きしてしまいました。
この記事は簡略版として再現したものです。

58日目:644万6041円(+20160円)

開始資金:200万円(→開始資金200万円は引き出し済。利益のみ運用中)
売買対象:日経225先物mini
期間:2018年1月10日~2018年12月末まで
目標:2018年12月末までに200万円を1千万円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2017年12月(15万円→1902万円達成済み)

先週末のナイトセッションで11回、8月20日(月)日中には1回だけ取引

合計12回のエントリ。枚数はミニ10枚前後。


結果は7勝2敗3分け。2敗はいずれも先週末のナイト。

取れた値幅は+30円。損益+20160円。

1日の目標+30円をぎりぎり達成。

ナイト、日中ともにレンジ相場が多く、ナイトで同値撤退が3回もあった。

レンジ相場では+5円抜きがメイン。

2敗は比較的大きなロスカットとなり、▲25円を2回。

結局、+80円だった利益を+30円まで減らしてしまった。

あとで振り返ると、ロスカットした2回はいずれも「見送り」が正解。

「限られた時間でエントリ回数を増やしたい」という欲が裏目に出た。

スーパースキャルピング225
」の強味は「見送り」の判断基準が明確なこと。

(1)バンド幅とRSI
(2)ローソク足の長さ
(3)移動平均線の位置関係


など多くの「見送り」基準が明確に定義されている。

当ブログでも

「見送りは最高の戦略」

ということを再三強調してきた。

これは

余計なエントリをして利益を減らさない

という「勝ち」にも等しい大きな意味がある。

今回のトレードはその大切さを痛感。

損失が出ていないので負けたわけではないが、今後の教訓としたい。

なお、現在は安全策で+5円~10円を利確の目安としている。

今回のエントリでは、利益を20円以上に伸ばせたチャンスが何度かあった。

以上まとめると、今後の課題は以下の2点。

(1)見送るべきところで見送ること
(2)利益を伸ばせるところは伸ばすこと

明日も引き続きスキャルピング三昧。

2018年8月第4週の戦略

先週はミニ10枚でのスキャルピングにトライ。

枚数が増えても、ミニ1枚練習とほぼ同じ感覚でトレードできた。

1日負けたものの、他の日は目標である1日+30円以上を安定して取れた。

今週も引き続きミニ10枚トレードを基本とする。

今週の方針は以下:

(1)スキャルピングを軸とする
新しいトレードスタイルに慣れること
(2)1日+30円以上を着実に取る経験を積むこと
(3)オーバートレードに気をつけること


利益が積み重なったら、建てる枚数を少しずつ増やす。

ただし資金を大きく増やすのは9月以降の予定。

先週は

(1)N225うねり取り(逆張り手法)
(2)逆コツコツドカン(順張り手法)
(3)スーパースキャルピング225(スキャルピング手法)


の連携をほとんど試すことができなかった。

チャンスがあれば(1)(2)との連携もトライしたい。

スキャルピングの学習も継続。

特に

スーパースキャルピング225

の過去の「投稿動画」からのロジック抽出も継続している。

話は変わるが、今日、以下の時鳥ブログ記事を初めて読んだ。

夏の夜の夢ー私には夢があります

当ブログを開始する前の記事。

その中で

「資産10億円以上のビリオネアを100人以上誕生させたい」

という内容があった。

そして元金15万円~20万円(しかもこの種銭はタダ)を運用し

「無から有を生む」

という表現もあった。

いずれの点についても、当ブログの当初の主旨と完全に一致する。

また今日の時鳥メルマガでは

「お金がなくて進学できない子供」
「貧困で食事ができない子供」
「子供食堂」


についても言及があった。

これらについても、方向性は異なるものの当ブログの主旨に近い。

我が家の長男は入学予定の私立中学が3.11で被災し、放射能汚染で廃校。

2か月間も行き場を失い、中学難民となった。

東京の一戸建ても放射能にまみれ、売却して地方脱出。

数千万円の不動産売却損。7年経った現在もローン返済に苦しんでいる。

長男は中・高一貫教育の私立中学に転入し、6年間で1200万円もの教育費。

その間、親は貧困の極み。1日数百円で暮らしてきた感じ。

どんなに働いても、それを上回る多額のローンと教育費の負担。

日本には、我が家のような「貧困層」がたぶん想像以上に多く存在する。

なので経済的に考えて

「結婚しない(したくても経済的に無理)」
「(結婚しても)子供をつくらない」


という若い世代が増えるのは当然。

そうした事実を忘れてはならない。

だが決して悲観しているわけではない。

上記のような出来事のおかげで国や組織や会社や団体に頼らず(←ここ重要)

「15万円を1億円にする」

という新しい生活をスタートできたのだ。

そういう意味で福島第一原爆」(我が家ではこう呼ぶ)には感謝している。

2014年11月にトレードを開始して以来、これまで無事生き残ってこれた。

先物トレードで最低限の生活も維持できるようになった。

年間200万円近い子供の教育費も捻出できた。

それだけでも奇跡であり、現在の生活には感謝しかない。

もし自分のような不器用で「頭が悪い」(だが頭は強い)人間でも

「15万円を1億円にする」

ことができるなら、たぶん軽く100人以上は「億り人」になれるはず。

上記目的を達成したら、全ノウハウを以下で無料公開する予定。

「15万円を1億円にするためのゲーム感覚サイト」

特に10代、20代の若い世代が、タダで気軽に参加できるようにしたい。

話がそれた。

今後の相場の見通しに戻る。

先週末の金曜ナイトの終値は22250円。

これは時鳥メルマガの基準値とわずか20円の誤差。

先週の動きを見る限り、22000円を割り込むと大きく反発してくる。

ただし、下げ止まり感はまだない。

まだ下値をトライする可能性はある。

今週も引き続き下値を探る展開になると思われる。

ただし2万2千円という心理的節目でサポートされる可能性はある。

いずれにせよ、目先は

「比較的大きなもみあい」

を想定しておくのが妥当と思われる。

ただし現在の22250円であっても、明らかに安値圏。

上がるときは一気に上昇する。

23000円まで一気に戻してもおかしくない。

なので安易な売りは危険。

要するに一方向への決めつけは禁物

今週もスキャルピングをメインとする。

スキャルピングなら目先のトレンドに関係なく利益を積み上げることが可能。

なお、月曜の日中は所用のため原則として見送り。

すでに先週末ナイトのスキャルピングで+25円は確保。

あと1回、+5円取れば目標の+30円に到達。

だが無理はしない。

本格的な参戦は月曜ナイトまたは火曜日以降の予定。

SN3N00220001

「1分足チャット練習」(1-minute bar chatting practice)

以下、当ブログオリジナルのスキャルピング練習法を紹介。

「1分足チャット練習」(1-minute bar chatting practice)

「1分足チャート練習」ではない。

「1分足チャット練習」という点がポイント。

ごく簡単に言えば

1分足を見て1分毎に「ひとりごと」を言う

という練習法。

「ひとりごと」には次のものがある。

(1)心の中で声に出さないで言う(Say to myself)
(2)声に出して言う(Talk to myself)
(3)心の中で対話(自問自答)する(Chat with myself)
(4)短いセンテンスでつぶやく(Tweet)
(5)熟考しながら独り言をつぶやく(Monologue)


上記のどれでもよい。

特におすすめなのが(3)


もともと chatting とは「雑談」というニュアンス。

つまり、心の中で複数の人格が雑談(対話)している感じ。

・強気派(大胆・直観的)の先物さん
・弱気派(慎重・緻密)のオプト君
・リーダー格のニュートラルトレーダー


自分の場合、心の中でつねに上記の3人が対話している。

トレード中には、ブログ記事には書ききれない膨大な対話が発生する。

「1分足チャット練習」とは、こうした対話を意図的にやる方法。

お勧めなのは1分毎にメモを取ること。

以下は8月16日(木)の1分足チャート。

8月16日チャート

図中の青い丸印が買いエントリと利確のポイント。

取れた値幅は+90円。約2時間のホールド。

以下は、エントリ前後の1分毎の記録(手書きでメモ)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
17:01 これまで11
連続陰線で下げてきた。WTBを意識した買い目線
17:02 安値22110円から強い陽線で切り返し。1本目なので様子見
17:03 陽線2本目。板を見ると強い。ここでフライングエントリ
17:04 3連続陽線。一気に
25MAを上抜け。よし!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようにトレード根拠を1分毎に文字にするか、口に出すとよい。

頭の中の漠然とした売買イメージを「言語化」するのが大切なのだ。

スキャルピングでは、こうした言語化を1分足を見ながら1分毎に行なっている。

上記の場合、およそ
2時間。

その間、ずっと1分足ごとに独り言をつぶやく。

つまり

60分×2=120回

もの「ひとりごと」をつぶやくことになる。

これは練習法としては、とてつもなく中身が濃い。

例えば、相場師朗氏の「チャートリーディング」は日足で練習する。

日足で120本なら約6か月分。

つまり、半年分の練習をわずか2時間で行うことができるのだ。

この練習法には多くのメリットがある。

特に

1分ごとにつぶやくので集中力が維持しやすい

のが最大のメリット。

これが5分足だと間隔が長すぎて集中が続かない。

以下、
8月17日(金)のエントリの全記録。

特にホールド時間に注目してほしい。

      時刻 根拠  枚数 エントリ(損益)ホールド時間 メモ
-----------------------------------------------------------------------
(1)  0:02 順買い 9 22220買い(+5)12分 0:29に前の高値到達
(2)  0:33 逆売り 9 22240売り(▲10)2分  直後に逆行
(3)   0:37 順買い 9 22250買い(+5)8分   有利指値でエントリ
(4)   0:47 順買い 9 22255買い(+5)1分   終値指値で再エントリ
(5)   0:53 順買い 9 22255買い(±0) 3分  25MA下抜け
(6)   1:11 順買い 9 22325買い(+10)5分   裁量判断でエントリ
(7)   1:23 逆売り 9 22325売り(+5)2分  終値指値でエントリ
(8)  1:29 逆売り 9 22325売り(+5)1分  終値指値で再エントリ
(9)   1:32 順売り 9 22310売り(+10)2分  ダウ為替より裁量判断
(10) 1:54   順買い 10 22305買い(+5)2分  有利指値で再エントリ
(11) 13:37 逆売り   10 22275売り(+10)30分  レンジでエントリ
-----------------------------------------------------------------------

大半が10分以内に取引が完了している。

つまりスキャルピングなら

せいぜい10分程度の集中が続けばよい

のだ。

これは「時間のロスカット」の15分ルールの根拠にもなっている。


なので通常は最大15分間、1分毎にひとりごとを言う

これは声に出したり、心の中でつぶやくだけでもよい。

特に大事だと思うときだけ手書きでメモを残すとよい。

実際にやると分かるが、負担が少なく、非常に快適なリズムとなる。

以上が当ブログオリジナルの「1分足チャット練習」の基本手順。

実トレードでもできるし、仮想トレードでもよい。

スキャルピングに上達するための極めて有効な練習法だと考えている。

以下、参考までにこれまでのつぶやきの例。

「大陽線で25MAを抜けた。これは強い」
「上ひげが出て陰線。これは弱い」
「大きな陽線を陰線2本で否定。上値は重そう」
「3連続陽線で3本目が大きい。そろそろ天井か」
連続陰線から下ひげ付き陽線。下げ止まりの兆候」
「5本中3本陰線のパターンが多い。下げ先行か」
「上向き25MAを割りそうで割らない。これは底堅い」
「25MA、100MA、300MAすべて上向き。最強トレンド!」
「高値圏での十字線。そろそろ反転の兆し」
「2連続で窓開け下落。これは下方向に強そう」
etc.

このようにつぶやく内容はなんでもよい

慣れてきたら次のように自問自答するとよい。

(問い)「次の1分足はどう動くか?」

この問いに対し、1分以内に自分の答えを出す

「上がる」「下がる」「もみあい」の三択問題。

そして次の1分でその「答え合わせ」をするのだ。

エントリ中、こうした「1分即答クイズ」をずっとやる。

すぐに「正解」が分かるので飽きがこない。

これは想像以上にスキャルピングのスキルアップに役立つ。

しかも上記の「問い」は以下のようなバリエーションも可能。

・いまは「売り」か「買い」か「見送り」か?
・(エントリ中なら)「ホールド」か「決済」か?

これが「1分足チャット練習」の応用手順。

基本手順、応用手順ともに、自分にとっては有効な練習法だった。

もちろん、いまも継続している。

万人向けとはいえないが、少しでも参考になればと思う。

お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧めメルマガ。

スーパースキャルピング225
⇒当ブログ一番のお勧め教材。日経225ミニのスキャルピングに特化したソフト&教材。精度の高い売買サインが表示される。ソフトは半裁量なので使いこなすには時間がかかるが実用性は高い。実践的なスキャルピングスキルをマスターできる懇切丁寧な教材が充実している。初心者にもお勧め。投資スタイルのなかで最も資金効率が良いのがスキャルピング。特にデイトレーダーにお勧め。

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2017】  「危機と奇跡と負けない投資」
⇒時鳥メルマガの2017年総集編。毎週配信されるメルマガと内容的には同じだが、まとめて読むとまったく別物。目先の相場に振り回されない大局観が養えるだけでなく、読み返すたびに新しい発見と気づきがある。ここ数年の総集編の中でも一、二を争う充実した内容。「負けない投資」のバイブルとして必携。

株は技術だ、一生モノ!
⇒相場師朗氏の最新教材。本編動画10本、補講動画、Q&Aからなる。「うねり取り」「建て玉の操作」の前提となる基本を学べる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。以下のラジオNIKKEI番組と併せてお勧め教材。

トレーディングフロア 毎週月曜16時10分

相場師朗の株塾 毎週火曜16時

いずれも無料番組。

参考図書:相場師朗・著『株は技術だ』ぱる出版

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ