15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプショントレード。2014年11月開始。2016年末に15万円⇒1272万円達成。2017年からオプション開始!

76日目:585万5503円(+42754円)

開始資金:100万円(→開始資金を引き出して利益のみ運用中)
売買対象:日経225オプション/日経225先物mini
期間:2017年1月10日~2017年12月末まで
目標:2017年12月末までに1億円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2016年12月(15万円→1272万5742円達成済み)

一昨日のナイトに以下のように仕込んだ。

0915

5円差での両建て。次のような意図がある。

(1)上がった場合、ロスカット19805円で損失0円で全玉手仕舞い。
(2)もみあいの場合、様子を見て買いを同値撤退で外す。
(3)下がった場合、30円LCで買いを外して売りを本玉とする。


ナイトは結局、高値19800円。ロスカットにかからなかった。

そこで買いを同値で外し、以下のように売りを6枚に増やした。


0915result

残り4枚を翌日の日中に仕込んで売り10枚にする予定だった。

ところが翌日早朝に北朝鮮がミサイル発射。

大幅に安く寄り付いたがその後、急速に戻した。

結局、含み益をだいぶ減らし、上記の評価損益で利確。

その後も日経は上昇し、ナイトでは19895円まで上がっている。

この強さは少々予想外だった。

いろいろあったが、今週のトレードはこれにて終了。

本日のポジション

0915

ナイトで打診売り3枚(19750円)とヘッジ買い3枚(平均19746円)。

これは日足チャートの直近高値により

19750円~19800円くらいで目先天井をつけそうだ

という見通しに基づく。

もちろん、この想定が崩れて19800円を超えたら全玉手仕舞い。

本玉は売り。ヘッジの買いは20~30円下げたらロスカット。

今回は10枚の売り建てとする。

残りの売り7枚は19700~19800円の範囲で仕込む。

ロスカットは19805円。利益確定は19500円を予定。

仕込みは今週中で、利益確定は遅くとも来週中。

ただし15日(金)日中ザラバに利が乗ったら早目に利益確定。

5つの基本戦略(手法)

当ブログでは、戦略、戦術、手法という言葉を使い分けている。

それぞれの意味は次の通り。

戦略:大局的に見た総合的なトレードの方針。
戦術:戦略を実行するための具体的な手段。
手法:戦術とほぼ同義。

当ブログの従来の基本戦略は以下の通り。

(1)通常のデイトレ(2015~2016年の基本手法)
(2)寄り付き売買(オートレ225で2年間検証済み)
(3)オプション売買(20個の基本戦略)
(4)N225うねり取り(売り/買い)
(5)「1億円達成のための」新戦略

これら(1)~(5)は戦略だが、同時にトレード手法でもある。

このうち(1)~(4)の手法は完成している。

現在は(5)の新戦略のための手法を考案中。

そのために「1億円達成の戦略(2017年度版)」も同時作成している。

これは1億円達成の実現可能性、時期、資金、方法に関するもの。

(5)については、すでに数週間に渡って脳内会議が継続している。

ただし(5)の内容はまだ完全には固まっていない。

その内容は(1)~(4)の戦略の使い分けに関するもの。

ある意味、今後の最重要戦略となる部分。

内容が決まりしだい、今後の記事で紹介したい。

3人の「脳内トレーダー」

本日は丸1日かけて戦略会議。

会議メンバーは以下の3人の脳内トレーダー。

先物トレーダー
ポジティブ思考でつねに前向き。そのトレードスタイルは大胆、かつ素早い決断力を最大の強みとする。デイトレが得意。ロスカットも早いので大損することもなく、当たれば大勝ちすることもしばしば。その反面、飽きっぽく、何かの拍子にトレードへの興味を失うと、何か月もトレードに見向きもしなくなる。

オプショントレーダー
慎重で安全重視のオプショントレーダー。やや臆病なほどに緻密な戦略を何十通りも立てては破棄し、また多くのエントリチャンスを検討するが、その大半を見送る。先物トレーダーよりも深い読みと先を見通す叡智があり、新しいトレード手法を編み出す独創性もある。その反面、「相場の体感」に敏感で、数日間トレード不能となるほど深刻な心身のダメージを受けることがある。

ニュートラルトレーダー
3人の中ではリーダー格で最終的な判断を行う。先物トレーダーとオプショントレーダーはしばしば真っ向から対立し、時として激しい議論の応酬となるが、ニュートラルトレーダーは両者の仲介役を務める。両者の意見の妥当性・優位性を総合的に判断し、どの戦略を採用するかを最終的に決める役割を担っている。さまざまな情報、手法、テクニカル分析などを総合的に把握し、大局的なものの見方ができる。性格は穏やかでメンタルも安定している。

トレード戦略を決める場合、これらの3人が脳内でさまざまな会話を行う。

これは実際に文字に書いたり、声に出したりするわけではないが、現実に目の前で3人のトレーダーが激論を交わしているのと同じ状態になる。

特に今回のロスカットに関しては意見が紛糾し、本日だけでも8時間ほど激しい議論が続いた。

こうした脳内シミュレーションは、膨大な情報を処理する右脳の働きによるものだと考えているが、それを言語化するプロセスで左脳も一部利用するようだ。

3人が脳内会話を始めると、しばらくの間は放っておく。

その間、起きている間も寝ている間も、自動的に激論が交わされる。

これまでは最終的な結論だけ出てくるケースが多かった。

ところが最近は、その議論の一部始終をずっと傍観していることが増えてきた。

例えば、空中に何種類ものチャート(日経、為替、NYダウ、ナスダックなど)を浮かべ、3人が激しく議論しているシーンを夢の中でずっと眺めているといった具合。

上記3人のトレーダーは別の人格をもち、それぞれ独自の意見をもっている。

ニュートラルトレーダーがリーダー、オプショントレーダーが参謀、先物トレーダーが実行部隊という感じ。

ちなみに「N225うねり取り」は、先物トレーダーとオプショントレーダーの合作。

統合失調症の疑いを持たれるので、あまりこういうことは他人に話さない。

ただし、普通の人でも本質的に同じことをやっている。

(1)日記を書くこと(「自問自答」という形の人格交代)
(2)スポーツなどで試合中に自分に激を飛ばすこと
(3)ツィッターなどでの「つぶやき」
(4)会社、学校、家庭、友人、各種グループ内での人格の使い分け
(5)映画、TVドラマ、小説、漫画などで作中の人物になりきること


普通に暮らしていても、我々は数十人のキャラクターを使い分けている。

それをトレードに応用しない手はない。

自分の中に3人のトレーダーがいて、それぞれ得意分野を伸ばせば

実質的に自分が3人に増える

のと同等の効果がある。

上記3人には共通のトレードの師がいる。

それが我が家の先祖である本間宗久翁だ。

そして、3人は共通の「大志」をもっている。

そのため、人格が完全に分裂したり、統合失調症になることはまずない。

本日は結局、3人の話がまとまらずにトレードは見送りになった。

今回の話は本邦初公開。

今後も3人の会話の内容を折に触れて紹介する。

75日目:584万2749円(▲44296円)

開始資金:100万円(→開始資金を引き出して利益のみ運用中)
売買対象:日経225オプション/日経225先物mini
期間:2017年1月10日~2017年12月末まで
目標:2017年12月末までに1億円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2016年12月(15万円→1272万5742円達成済み)

金曜ナイトの売りスイングは踏み上げ。

以下の手順で「大幅ギャップアップ」の対処を行った。

http://blog.livedoor.jp/gdpzero-n225/archives/72548937.html

やや利益確定が早かったのでマイナスだが、もう少しホールドすればプラスだった。

相場では一発退場しないことが重要。特に
意地商いは破滅の

「負けは負け」と潔く認めるトレーダーが最後まで生き残る。

今回はややリスクを負ったが、踏み上げリスクへの対処を事前に決めていた。

そのため、被害を最小限に抑えることができた。

それにしても今日の強さは予想外だった。

本日は今週の戦略をあらためて見直している。

しばらく様子見。
お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧め教材

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」
⇒通読することにより大局的な相場観が養える。永久保存版の参考書

【時鳥メルマガ・総集編】
⇒ある程度資産が出来た人向けの長期投資戦略のバイブル

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」
⇒2016年のバックナンバー。トランプバブルの可能性をいち早く予見。通読することにより、2017年の相場の本質を深く理解できる。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
⇒「うねり取り」の基本を7日間でマスターできる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ