15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプショントレード。2014年11月開始。2016年末に15万円⇒1272万円達成。2017年からオプション開始!

2015年09月

第一期メルマガ購読者の感想

本日、全30回の第一期メルマガの配信が完了した。

多くの方から感想を頂いたが、その中から1通(Nさん・男性)を紹介したい。

-------------------------------------------------引用ここから
N225のメルマガ配信 いつも有難うございます。
 
第一期メルマガは非常に有意義で新しい発見に満ちていました。

私は、現在のところ実トレードは行っておりませんが、
1月31日のブログの「デイトレ練習法」を参考に
時間のある時に練習でバーチャルトレード(裁量)してみました。

LC徹底&損小利大を念頭に練習していますが、
いかんせん何の技もなしに取り組んでおり散々な状態です。

過去2カ月で(ミニ1枚で)59回エントリーして

9勝(=利食い)47敗(=LC)3分け(=損益なし)、(勝率0.161)
19万2千円の負け越し

となりました。(勿論バーチャルなので実損はゼロです)

しかしこれにより

素人が自分の力量で裁量トレードを行ったらどうなるか

という事がわかっただけによかった思います。

また自分の裁量でエントリーして負けが続くと如何に実損ゼロのバーチャルといえど
ストレスが溜まるのが実感できました。
(特に自分なりに考えてエントリーしてるのに12連敗した時は、
「誰かが意図して逆に動くように操作しているじゃないの?」
と感じたほどです(笑))

それに引き換え、オートレ225の自動売買はシンプルな設定であるにも関わらず
きっちりと結果を出しており(特に自分のバーチャルトレードの結果比較を通じて)
私には驚き以外の何物でもないという印象です。

私の集計ではオートレ225の自動売買結果は、
(設定が間に合わず参加していない日が数日以上ありますが)

本日時点で、(ミニ1枚で)57回エントリーして

12勝45敗
(勝率0.212)
13万2千円の勝ち越し

となっています。

勝率わずか2割で、LCが続くシーンも少なくないにも関わらず
結果は45回のLCの損失(1回あたり4千5百円として約20万円の損失)を打ち消した上で、
13万円を超える勝ち越しで、かつ勝率も私の全身全霊をかけた(?)裁量トレードを
上回っています

ストレス感じつつ素人の私が悩み考えながら取り組んだトレード結果が
 
ザラバ中に1秒も時間を要しないシンプルな設定の自動売買

に全く及ばない結果を目の当たりにし、いかに正しい取り組みが大切かを痛感しました。

おかげで、この数カ月で、投資に対する概念がすっかり変わりました。

将来、是非取り組んでみたいと思っているN225トレードに今は光が差し込んでいます。

引き続き第二期メルマガも楽しみにしております。
------------------------------------------------------------------引用ここまで

メルマガで紹介したオートレ225の基本設定はきわめてシンプルなルール。

それにもかかわらず、この2か月で大幅プラスになっている。

第二期では、この基本ルールをさらに拡張する。

第二期メルマガの開始時期は未定だが、遅くとも10月中には開始する予定。

次回は誰でも無料でメルマガ登録でき、自動配信するようにしたい。


暴落時の引かれ玉の救済法

今日は700円超の暴落。

大引けで買いを入れようかと思ったが、胸と胃が痛んで注文できなかった。

…強烈な相場の体感。

多くのトレーダーの悲鳴が聞こえてきそうな相場だった。

「引かれ玉は投げよ」(=損失を抱えた建て玉は損切せよ)

江戸時代から伝わる格言だが、なかなかできないトレーダーが多いはずだ。

投げるのが最善策と分かっていても、おそらくはメンタルがもたないからだ。

あくまでも対症療法だが、こういうときの救済法がある。

例えば100万円の資金で買い建て玉をもち、追証が100万円かかったとする。

余裕資金は100万円しかない…こんなときどうすればよいか?

答えは簡単。

投げる(=損切り)が出来ないのであれば、余裕資金で追証を支払うしかない。

もし追証資金が足りなければ、一部の玉を決済してから追証を解消する。

そのあとで絶対しておくべきことがある。

それは追証を解消した時点で「両建て」にしておくことだ。

例えば、買い玉を持っていて、明日さらに1000円下げたら致命傷となる。

もはや追証を払う余裕資金はないからだ。

数千万円や数億円を動かしている人なら、さらに追証がかかると莫大な借金となる。

人によっては、一生立ち直れないダメージになるだろう。

もしかしたら命までも失うハメになるかもしれない。

それを避ける唯一の方法が追証解消時点での両建てなのだ。

両建てにしておけば、追証を解消した時点からいくら下がってもそれ以上の損失はない。それで数日持ちこたえ、上昇に転じれば適当な時点で「売り建て」を外せばよい。

底値に近いところで外せれば、逆に売りで利益が出るかもしれない。

通常はしばらく様子を見て、戻りそうなら追証解消時点の近辺で売りを外す。

売りを外したあとは、買い値近辺に戻るまで待つだけだ。

この戦略は

現在が異常な安値であり必ずこれから値が戻る

という前提のもとにある。

この前提が満たされるまで多少時間かかっても、両建てにしている限り破滅は避けられる。逆に上記の前提が崩れ去った場合は、買い玉を外すことになる。

こうした相場観は当ブログの右コーナーで紹介している「待鳥メルマガ」が非常に参考になる。

半年以上購読しているが、「天底」(高値・安値)の見通しが外れたことが一度もない。

先物の「買い」は怖い…つねに暴落の恐怖がつきまとうからだ。

99勝しても、たった1回の暴落で命まで失う人があとをたたない。

今日は、そんな暴落相場で己の利益を追求する気にはとてもならなかった・・

一人でも多くの方々が、今回の暴落相場を無事に乗り切れるよう切に願う。



 

御礼:33万アクセス

33万アクセス

昨年11月4日に当ブログを開設して以来、早くも33万アクセスを達成していた。

当ブログは自分の覚書であり、かつ長期間のブランクがあるにもかかわらず、記事を更新しない日も含めて1日平均千人近い人が訪問してくれたことになる。

当ブログを愛読してくれた方々には、これまでご愛読いただいた感謝の気持ちを何らかの形で還元したいと考えている。

現時点で考えているのは以下の通り:

(1)3次元FXを日経225ミニに応用するための小冊子
(2)当ブログの手法を解説する無料メルマガ


(1)と(2)は密接に関連している。(2)は(1)の検証も兼ねているからだ。

(2)は本日時点で26回目のメルマガを発行している。30回で完結予定なので残り4回。

 今回の30回分のメルマガを第一期とし、10月には第二期メルマガを発行したい。

第二期メルマガは自動配信するようにし、登録すればだれでも閲覧できるようにする予定。

 また、(1)に関しては当ブログオリジナルの手法に昇華しているので、第二期メルマガで配布したいと考えている。

自分としてはトレードで十分な利益が出ているので、有料メルマガや商材を販売する予定はない。

これまで得たノウハウは、すべて無償で当ブログの愛読者に還元したいと考えている。

現在、身辺は多忙を極めており、(1)(2)ともに遅々としているが10月中には実現したい。

 

51日目:331万9509円(+299180円)

開始資金:15万円(→口座から引出し済。現在は利益のみ運用中)
売買対象:日経225先物mini
期間:2014年11月4日~2016年12月末まで
売買ルール:「カテゴリ別アーカイブ」記事を参照。
目標:1年程度(13か月)で15万円を1億円に殖やすこと。
特記事項:目標を達成するか2016年12月末の時点で取引終了。

来週までスイングトレードのつもりが、ナイトで大きく上げてしまった。

事前に指値をしておいた+300円で約定していたのだ。

17715円10枚買い⇒18015円決済

手数料別でちょうど30万円の利益。今月最大の利益。

22時現在、日経225先物ミニ(12月限)は18000前後でもみあっている。

もう一度買いポジションを取るかどうかは米国市場がオープンしてから判断する。

予定よりだいぶ早い手仕舞いだったが、とりあえず今日は合格点。

本日損益+299180円(手数料差引後)
総資金331万9509円(+299180円)

本日の戦略:中期スイング

今週はシルバーウィークもあり、なかなか仕掛けのタイミングがなかった。

戦略はただ1つ

リバウンド狙い

だった。

日経平均が2万円割れしてからほぼ暴落状態で3000円近くの下げ。

1回だけ、1000円超の爆上げがあったものの単発で終わった。

そろそろ目先の底をつけて、大きなリバウンドがあっても不思議ではない。

特に昨夜のナイトセッションでは17000円に接近する場面もあった。

目先の底のようにも見えた。

一瞬、深夜に全資金を投入して買おうかと思ったほどだ。

だがかろうじて思いとどまった。

買いは遅かれ売りは早かれ

のセオリー通り、買いは慎重すぎるくらいでちょうどいい。

もし昨夜買っていれば、500円近い値幅が取れたがそれでも悔いはない。

いったん上がり始めれば上昇幅はおそらく1000円級のものを見込めるからだ。

今日は寄り付き高かったが、そのあとは下げた。

その下げがどこまで続くか見極め、結局、後場に17500を回復してから買いエントリ。

17550円、17600円、17650円と1枚ずつ買い上がった。

いわゆる「逆ナンピン

現時点の持ち玉は以下の通り

9gatu

17700円を超えてからの枚数が多かったので、平均単価は17715円になった。

それでも大引けで55000円もの含み益が出ている。

今回は初の試みで中期スイングトレード

利益確定目標は次の通り。

期間:来週の5営業日以内
ロスカット:250円(50円×5回分に相当)
利益目標:500円以上


以下、今回の戦略の覚書:

(1)中期スイングなので、ロスカットは原則として大引けで判定する。
(2)建値+300円以上になったら裁量判断で決済する。
(3)今夜のナイトセッションでのロスカットはしない。

上記の戦略で失敗したとしても、今月の利益(概算70万円)の3分の1を失うだけ。

今夜のナイトセッションでは一時的に下ぶれする可能性があるが、よほどの悪材料が出ないかぎりホールド。

今日持ちこたえれば、来週中に18000円以上になる公算が大きいからだ。

一番むずかしいのは利益確定のタイミング。来週の相場の動向は予想できないからだ。

千円級の大きな値幅が取れるかもしれないし、もみあいで数百円しかとれないかもしれない。

これはそのときの状況に応じて判断したい。
お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧め教材

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」
⇒通読することにより大局的な相場観が養える。永久保存版の参考書

【時鳥メルマガ・総集編】
⇒ある程度資産が出来た人向けの長期投資戦略のバイブル

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」
⇒2016年のバックナンバー。トランプバブルの可能性をいち早く予見。通読することにより、2017年の相場の本質を深く理解できる。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
⇒「うねり取り」の基本を7日間でマスターできる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ