15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプショントレード。2014年11月開始。2016年末に15万円⇒1272万円達成。2017年からオプション開始!

2016年04月

オートレ225:2016年4月第5週の結果

4月第5週

見かけ上は損失となっているが想定通りの大きな損益。

それに呼応するかのように、必要証拠金も減額となっている(本日時点で7万円台)

言い換えれば、現状のようにボラティリティが低下している場合は

(1)寄付き成行き売り。
(2)建値ー40円で指値決済




(1)5分ルール買い
(2)建値+40円で指値決済 

という2つのルールによって高い勝率で利益が得られる。

なお、ロスカットのルールが微妙なところだが、大引け決済にすると思いもよらない損失になるおそれがある。

そこで考えたのは

利益確定の値幅(40円)の2倍
(80円)をロスカット値として設定する

というもの。

通常の場合では、

(1)ロスカット40円
(2)利益確定の値幅80円

のようにロスカット値の2倍を利益確定の値幅としている

一方、現在のようにボラが低下しているときはそれを逆にすればよいことになる。

上記の逆ルールでは勝率が高いので、1勝2敗でもとんとん。

現状では90%以上の勝率なので、かなり安定して利益が積み上がりそうだ。

トレード再開予定は5月2日。

以上の考察を参考にしてトレードに臨みたい。 

オートレ225:2016年4月第4週の結果

4月第4週

ひさしぶりの大きな利益。

ボラティリティが大きくなっているのと比例して利益も大きくなっている。

現状では強い上昇傾向にあるが、待鳥メルマガによる「上限値」にそろそろ近づいている。

実売買では売り場を探していけそうな水準になってきたともいえそうだ。

トレード再開は5月上旬、GW明けの予定。

 

オートレ225:2016年4月第2~3週の結果

4月第1~2週

損益は大幅なプラス。これは昨日までの3日間で、千円近い上昇をしたことによる。

これはボラティリティが回復傾向にあるということでもある。

現状のルールでは

(1)明確なトレンドが出ている
(2)変動率が大きい

という2つの条件を満たしたときに有効といえる。

言い換えれば、オートレ225の結果を人間の裁量判断の参考にできる。

ここ数週間、多忙と体調不良で実トレードは休んでいたが、5月には再開したい。


 

オートレ225:2016年4月第1週の結果

4月第1週

33500円という大きな利益。

先週は大きな動きが2回あった。これはボラティリティが快復してきていることを意味する。

長い間、膠着相場が続いてきたが、本日は日経も16000円を割り込んだ。

これから面白い相場になりそうだ。

今週は多忙のため、実売買での参戦は来週からとなる。

オートレ225:2016年3月第4週の結果

3月第4週

上記の期間は必要証拠金が10万円を切っていたときのもの。

やはり想定した通りの結果。見事に全敗となっている。

やはりボラティリティが低い場合は、逆トレードをするとよさそうだ。

具体的には

(1)寄付き成行き売り⇒建値-40円で指値設定
(2)5分ルール買い⇒建値+40円で指値設定
(3)大引けで手仕舞い


という3つのルールになる。
 
上記のルールを適用するのは、必要証拠金が10万円未満の場合。

ただしロスカットでなく大引け決済すると、相場の変り目には大けがをする。

引き続き 様子を見たい。
お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧め教材

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」
⇒通読することにより大局的な相場観が養える。永久保存版の参考書

【時鳥メルマガ・総集編】
⇒ある程度資産が出来た人向けの長期投資戦略のバイブル

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」
⇒2016年のバックナンバー。トランプバブルの可能性をいち早く予見。通読することにより、2017年の相場の本質を深く理解できる。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
⇒「うねり取り」の基本を7日間でマスターできる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ