15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプショントレード。2014年11月開始。2016年末に15万円⇒1272万円達成。2017年からオプション開始!

2017年08月

「新手法」のネーミング決定!

昨日のトレード結果は44万円もの大利。

これは以前から何度も当ブログで紹介している「新手法」によるもの。

以下は過去記事の抜粋:

新手法のコンセプト

新手法のまとめ

これらの基本コンセプトに基づき、これまで実トレードで試行錯誤してきた。

今回の取引結果をもって、新手法はほぼ完成したといってよい。

新手法の基本コンセプトは

「オプション戦略」と「うねり取り」を高次元に融合したトレード手法

簡単に言えば、オプション戦略とうねり取りのいいとこ取り。

その秘密は

ロスカットの代わりに逆指値のヘッジと「うねり取り」で対応する

という点にある。

この手法には

「大損しにくく当たれば大勝ちできる」

というメリットがある。

一方、欠点としては

(1)不発や見送りが多い
(2)単独の買い(または売り)より効率が悪い
(3)要所での裁量判断がややむずかしい


という点が挙げられる。

新手法のノウハウは、当ブログ記事で100%公開している。

すべてを言語化すると膨大な文字数になるが、重要部分はほぼ記事にしている。

ここであらためて強調しておきたい。

今後も当ブログの手法はすべて無料で公開する

今後、有料情報を配信することもないし、有料トレード教材を作成するつもりもない。

あえて有料にしなくてもトレードだけで十分な利益が得られるからだ。

それどころか、将来的には以下の夢がある。

(1)当ブログで1億円を達成したノウハウをすべて無料で公開する
(2)必要な人には初期投資15万円を提供する(返済不要)
(3)15万円以上の利益が出たら次の人用に15万円+αを還元してもらう


簡単に言えば

ノウハウも無料、必要ならお金(15万円)までタダでもらえる

という非常識なサービス。

すべて無料で、強制、義務、ノルマなどは一切ない。グループも作らない。

これにいったい何のメリットがあるのか?

あるといえばある。それも並みのメリットではない。

むしろ自分の中では、一貫した悲願といってもよい。

この夢は、当ブログの最終目標にも密接に関連する。

これについて書くと膨大になるので、いつかまたじっくり記事にまとめたい。

話を元に戻す。

新手法とは、以下の従来手法を独自のコンセプトで組み合わせたものだ。

(1)うねり取り
(2)OP売買戦略
(3)「天底」の判断


(1)の「うねり取り」は相場師朗氏の書籍と教材に基づく。
(2)は当ブログで紹介した20個のOP戦略に基づく。
(3)の「天底の判断」は主に時鳥メルマガを参考にしている。

上記以外にチャート分析(トレンドライン)や板読みも利用している。

ヘッジには反対売買(本玉が「買い」なら「売り」等)のほかOP売買も利用できる。

中心的な手法はあくまでも「うねり取り」。

というわけで、新手法のネーミング(正式名称)を以下のように決定した。

日経225(N225)うねり取り(売り/買い)

これでは長すぎるので、略称として以下を使用する。

N225うねり取り(買い)

または

N225うねり取り(売り)」

通常はまとめて

N225うねり取り

と記載する。

1つ前の記事は本玉が「買い」なので「N225うねり取り(買い)」手法となる。

なお、本手法はいわゆる「聖杯」でもないし、これだけで100%勝てるわけではない。

当ブログの従来の基本手法は以下の通り。

(1)通常のデイトレ(2015~2016年の基本手法)
(2)寄り付き売買(オートレ225で検証済)
(3)オプション売買(20個の基本戦略)

今回は新たに

(4)N225うねり取り

が加わったことになる。

現在は、5番目の新手法を考案中。おそらくこれが最後の戦略となる。

(5)「1億円達成のための」新戦略

その前に「1億円達成の戦略(2017年度版)」を現在作成している。

これらについても、今後の記事で紹介したい。

69日目:542万3225円(+448370円)

開始資金:100万円(→開始資金を引き出して利益のみ運用中)
売買対象:日経225オプション/日経225先物mini
期間: 2017年1月10日~2017年12月末まで
目標:2017年12月末までに1億円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2016年12月(15万円→1272万5742円達成済み)

0829

上図が昨日に打診買いしたポジション。

これを出発点として、以下のような手順でうねり取りを行った。

(1)19350円 10枚 打診買い
(2)19300円 10枚 逆指値売り
(3)
19250円 10枚 うねり取り買い
(4)
19250円 10枚 (2)の利益確定(+5万円)
(5)19500円 20枚 (1)(3)の利益確定(+40万円)

上記(1)(2)は打診買い&攻めの売りヘッジ。

上記(3)(4)は典型的なうねり取りの手順。

(3)も(4)も各1回の取引だが、通常は分割決済、分割仕込みを行う。

今回は分割でなく1回で代用できたのは、以下の理由による。

直近7営業日(日経225先物ミニ9月限)の日足における安値:
→19310円、
19250円、19330円、19305円、19320円、19400円、19260円

注目したのは、19300円を割り込んだときの安値。

昨日のナイトセッションでは夕方早々に19235円の安値を付けた。

その時点で、19250円、19260円、19235円の直近安値があったことになる。

しばらく板を見ていたが、安値を更新する気配はなかった。

そこで

19250円あたりが目先の底値だろう

と判断した。

これが上記手順(3)(4)の根拠となった。

ちなみに(3)(4)の順序は逆にしてはならない。

売りヘッジを外すのは最後でよい。

今回はたまたま(3)(4)が同値だったが、(4)の利益はおまけのようなもの。

通常、ヘッジの売りは「同値撤退」または「ロスカット」で全く問題ない。

今回の本玉は、あくまでもうねり取りで仕込んだ「買い玉」だからだ。

上記(5)は本日の日中ザラバを見て判断した。

当初、以下のような手仕舞い方針を用意していた。

(1)遅くとも8月31日(木)日中大引けまでに手仕舞う。
(2)心理的節目である19400円、19500円などで利益確定。
(3)伸び悩んだらトレーリングストップで手仕舞う。


19500円は特に大きな心理的節目。

後場に様子を見て、指値19500円で買い20枚を全玉決済。

ひさしぶりの大きな利益となった。

今回は自分が理想としてきたトレードといってよい。

オプション戦略やうねり取りの手法を融合したオリジナル手法だ。

つねに成功すると限らないが、今回は会心のトレードだった。

本日は打診買い

0829


上が本日のポジション。ミニ先物を打診買い10枚。

今朝の寄り付きは北朝鮮のミサイル発射で大幅安。

前日比165円安の19270円で寄り付いた。

大引けにかけてもちなおし、ほぼ高値引け。

当初、寄り付きで「売り」を狙っていた。

ところが、寄り付き前の板を見て「買い」に方針転換した。

なぜ「買い」なのか。

いくつか理由がある。

(1)寄り付き前の気配値が思ったほど下げなかった。
(2)信用売り残がかなり膨れ上がっている。
(3)ニュースの取り上げ方が以前ほど大きくない。

最終的にはカンだが、(1)が決め手となった。

CME先物では19045円まで下げた。

だとすれば、本日の日経も19200円、19100円と下げてもおかしくない。

ところが日経先物は19270円で寄り付いた。

「思ったよりだいぶ高い」

というのが第一印象だった。

その後も本日の安値19260円を寄り付き直後に付け、その後はしっかり。

大引けは本日の最高値だった。

大引け近くで19350円指値買い10枚。

現状では、2万5千円の含み益が出ている。

ただし今夜の米国株の動きによっては、早めの利確または同値撤退。

北朝鮮の地政学的リスクはまだ始まったばかりだからだ。

8月第5週の戦略

今週の基本シナリオとしては「もみあい」を想定とした。

そのコアとなるレンジは

19400円~19500円

となると考えた。

簡単に言えば

19400円近辺で買い、19500円近辺で売り

が基本戦略となる。

また、これだけ値幅が狭いということは

スイングでなくデイトレ

に向いている。

実際の値動きを見てみると、本日の日中ザラバは

安値 19400円
高値 19520円


であり、ナイトは

安値 19400円
高値 19490円(22:19)

となっている。

これは、ほぼ想定通りのレンジといえる。

というわけで、今週は50円程度の値幅を取るデイトレを基本とする。

当然のことながら、

19500円を大きく超えて上昇、または19400円を大きく割り込んで下落

した場合は上記の戦略は無効となり、

トレンドに素直についていく順張り

に戦略を切り替えることになる。

本日の日中は所用のため板を見れなかった。

ナイトもなかなか時間が確保できず、現時点まで見送り。

先週まではスィングトレードが中心だったので、頭の切り替えも必要。

ただし、全体的な印象として

今は無理してエントリする必要はない

と感じている。

経験上、こういう時はあまりバタバタ動かないほうが良いからだ。

明日以降、

「これは!」

というタイミングがあれば参戦する。

そうでなければ、今週は見送りでよいと考えている。

68日目:497万4855円(▲50780円)

開始資金:100万円(→開始資金を引き出して利益のみ運用中)
売買対象:日経225オプション/日経225先物mini
期間: 2017年1月10日~2017年12月末まで
目標:2017年12月末までに1億円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2016年12月(15万円→1272万5742円達成済み)

0824

上図の打診売りのポジションは50円ロスカット。

これはナイトの動きを見て判断したものだ。

日中は弱く、かなり含み益も出ていたが、ナイトは強含みだった。

そこでナイトの大引けで早目に成り行き決済。

結果的に50円ロスカットとなった。

当初、19420円まで上昇したら逆指値買い10枚の予定だった。

その場合、買い19420円、売り19370円の両建てとなる。

両建ての外し方については、以下の記事にまとめた。

両建ての外し方

今回は早目に手仕舞ったが、上記記事のシナリオAは戦略としては有効だった。

週明けの戦略についてはまだ検討中。

お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧め教材

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」
⇒通読することにより大局的な相場観が養える。永久保存版の参考書

【時鳥メルマガ・総集編】
⇒ある程度資産が出来た人向けの長期投資戦略のバイブル

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」
⇒2016年のバックナンバー。トランプバブルの可能性をいち早く予見。通読することにより、2017年の相場の本質を深く理解できる。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
⇒「うねり取り」の基本を7日間でマスターできる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ