開始資金:200万円(→開始資金200万円は引き出し済。利益のみ運用中)
売買対象:日経225先物mini
期間:2018年1月10日~2018年12月末まで
目標:2018年12月末までに200万円を1千万円に殖やすこと。
特記事項:2014年11月~2017年12月(15万円→1902万円達成済み)

8月9日(木)は前夜8回、日中は前場に4回、後場に2回トレード。

すべてミニ3枚トレード。

昨日と同じく、現状では一括エントリ、一括決済。

結果は以下の通り。

(1)前夜ナイト 5勝3引き分け +25円
(2)日中前場 3勝1 +20円
(3)日中後場 1勝1敗 +5円

以下はその記録メモ。

8月9日メモ

合計14回のエントリ。
トータルで9勝2敗3引き分け。

取れた値幅は+50円。損益+11556円。

偶然だが、昨日とまったく同じ損益。

8月9日結果

以下、今回のエントリについてざっと振り返る。

まず、昨夜ナイトは負けなしだったが、3回も同値撤退があった。

これは逆行したのではなく、超小動きだったため。

レンジ相場と判断し、「先物の必勝パターン③」でエントリ。

ところがレンジというより、ほとんど動きのない相場。

そこで「時間のロスカット」を適用。

「時間のロスカット」は標準15分、長くても30分としている。

同値撤退の3回は、いずれも15~30分で手仕舞った。

利確できた5回のエントリの多くは1分~2分。長くても10分くらい。

日中で特に印象に残ったのは以下のエントリ。

WTB買い 10:36 22540買い3枚⇒11:32 22575円決済(+35円)

これは会心のトレード。

だが、その1つ前のトレードで凡ミス。

10:31 22515円売り3枚⇒10:35 22545円決済(▲30円)

この売りは10:21の順張り売りのサインの再エントリ。

ほんの一瞬、目を離したすきに強い1分足陽線が4本も出てしまったのだ。

あわててロスカット。

メモを手書きで記入したあと、しばらくぼーとしていたのが敗因。

これは集中力が途切れたことを意味する。

こういうときはトレードの疲労がたまっていることが多い。

たとえ自覚がなくても少しでも集中力の低下を感じたら休むのがよさそうだ。

その他のトレードは概ねサイン通り。

これで12連勝。

52日目:622万2815円(+11556円)+50円
51日目:621万1259円(+11556円)+50円
50日目:619万9703円(+9024円)  +35円
49日目:619万0679円(+20262円)+70円
48日目:617万0417円(+16836円)+85円
47日目:615万3581円(+37344円)+190円
46日目:611万6237円(+10196円)+60円
45日目:610万6041円(+7172円)+75円
44日目:609万8869円(+8336円)+85円
43日目:609万0533円(+7336円)+75円
42日目:608万3197円(+2918円)+30円
41日目:608万0279円(+12360円)+140円
--------------------------------------
合計損益 +154896円

今日の重要な教訓:

少しでも集中力の低下を感じたら休む