15万円を1億円にするまでのブログ

日経225先物/オプション。2014年11月開始。2017年末までに15万円⇒1902万円達成。2018年は勝負の年!

1億円達成の戦略

1億円達成の戦略(2018年1月版)

”数学における最も偉大な発見は複利の力である。”
(アルバート・アインシュタイン) 

以前アップした

1億円達成の戦略(2017年10月版)

において、以下のような目標を掲げた。


目標1:2017年12月末までに、100万円を700万円以上にする
目標2:2018年12月末までに、200万円を1千万円以上にする
目標3:2019年12月末までに、1千万円を1億円以上にする

「目標1」は達成済み(利益600万円のうち400万円は生活費として消費)。

今年の戦略は「目標2」に基づき

2018年12月末までに、200万円を1千万円以上にすること

とする。


そのための具体的な方法は

月利25%以上で複利運用すること

となる。

以下に複利計算表を示す。
25%

この場合、11ヵ月目で「1千万円」を達成する。

ここで当初資金が「100万円」となっているのは次の理由による。

(1)元金は「200万円」
(2)ただし実際に日経225先物で運用するのは「100万円」
(3)残り「100万円」は
ヘッジや逆ナンピン用に温存

ヘッジ」とは主に「N225うねり取り」で利用するもの。

「逆ナンピン」とは以下の2パターン。

1)100万円分を買い建て、かつ強い上昇トレンドが出た場合に「買い増し」
2)100万円分を売り建て、かつ強い下落トレンドが出た場合に「売り増し」

どちらのケースも「大利」を目指すうえで欠かせない順張り手法。

通常は資金の半分の「100万円」を1回の投資額の上限とする。

「逆ナンピン」は「ここぞ!」という勝負所にのみ仕掛ける。

なお、月利25%の運用では、2か月しか余裕がない。

そこで裏目標として

毎月30%以上の利益率を目指す

くらいの気持ちで運用する。

その場合、以下の表のようになる。

 月利30%の複利計算表
30%

これなら最短9か月で目標の1千万円を達成。

しかも3か月も余裕がある。

以上まとめると

月利25%(理想的には月利30%以上)で複利運用すること

を今年の目標とする。

ただし今年は以下の「重要事項」を厳守する。

***重要事項***
万一、年内に「200万円⇒1千万円」という目標を達成できなかった場合、
もしくは年内に
200万円⇒1千万円」を実現不可能と判断した場合、
当ブログは予告なく閉鎖し、今後トレードは一切行わない。

この理由については次の記事で説明する。

「1億円」とは何か?

今年は1日も休まずブログを更新できた。

これが今年1年で、いちばん嬉しかった出来事。

「継続は力なり」

自分は生来不器用で、何をするにも人より時間がかかる。

上達も遅い。

だからどんなことでも人の3倍以上の時間をかける。

スロースターターだが、最後まであきらめない。

ほかの人が1年でできることを自分は3年かける。

人が3年かかるなら10年は継続する。

その間、膨大な回り道をする。

そして1つ1つをバカ丁寧にやる。

そうしたことが肥しとなり、目に見えない根を太らせてくれる。

「不器用でもかまわない」

いまはそれを自分の強みだと思うようになった。

今年1年、相場でも生き残ることができた。

「今日1日を無事に生き延びる」

1年はその積み重ね。

1つのことを継続すると自分の中で「何か」が育つ。

それをなんと呼べばよいのか分からない。

少なくとも物質的なお金や数値ではない。

もっと大切な何かだ。

それはアニメ「C」に登場した「アセット」に近い。

Masyu

当ブログのタイトルとなっている「1億円」は単なる数値ではない。

自分にとって「大切な何か」を「1億円」というニックネームで呼んでいるだけ

例えば、以下を見てどう思うだろうか?

親の遺産で転がりこんだ「1億円」
一代で自分で事業を起こして得た「1億円」
主婦がコツコツ貯蓄と利殖で貯めた「1億円」
宝くじで当たった「1億円」
多くの人の善意の寄付金で集めた「1億円」
保険金殺人で得た「1億円」
詐欺商法で稼いだ「1億円」
ベストセラーを書いて印税で得た「1億円」
トレードで苦労して得た「1億円」
etc.


数字のうえでは同じ「1億円」

だがこれらがすべて同じ「1億円」であるはずがない!

そもそも異質な物や品を、本当に同じ数値で比較できるのだろうか?

世の中の大半のことをお金で換算できるのが不思議でならない。

こう思うのは自分だけだろうか?

こういう当たり前の感覚を忘れないことが自分のトレードの出発点。

2018年はどのような1年になるのだろうか。

自分の性格上、目標を達成できなければ、予告なくブログは閉鎖する。

すべての記事も残らず削除し、バックアップも残さない。

そこに一切のためらいはない。

トレードも一生しない。

もちろん、そうならないよう最善を尽くす。

だが最善を尽くして達成できなければ、トレードをやめることに一片の悔いもない。

来年も、そうならないよう最善を尽くす。

ブログも1日も休まず更新する。

願わくば1年後の大晦日にも、今日と同じようにブログを更新できる自分でありたい。

The today that you wasted is the tomorrow that a dying person wished to live yesterday.
(今日あなたが無駄にした日は、昨日死んだ人が切に生きたいと願った明日である。)

「1億円達成の戦略(2017年12月版)」

”数学における最も偉大な発見は複利の力である。”
(アルバート・アインシュタイン) 

以前アップした

1億円達成の戦略(2017年10月版)

において、以下のような目標を掲げた。


目標1:2017年12月末までに、100万円を700万円以上にする
目標2:2018年12月末までに、200万円を1千万円以上にする
目標3:2019年12月末までに、1千万円を1億円以上にする

「目標1」は達成済み。

今日は「目標2」について検討した。

元金が200万円とすると、実際に運用するのは100万円前後。

その理由は2つ。

(1)リスクヘッジ
(2)資金温存


(1)は、資金めいっぱい建てて
身動きが取れなくなるのを回避するため
(2)は、
オプションで本玉を守ったり、大きな投資機会を逃さないため。

フル資金を投入するのは「ここだ!」というチャンスのみ。

これは年に数回くらいしかない。

そこで100万円を温存し、当初の実質的な運用資金は「100万円」とする。

「目標2」を達成するため、以下のサイトで複利運用の表を作成した。


まず、当初資金を100万円、毎月の利益率を20%としてみた。

20%

12か月目で892万円。目標の「1000万円」に届かない。

そこで22%にしてみた。

22%

ギリギリ12か月目で「1000万円」を達成。

次に、きりのいい数字で「25%」としてみた。

25%

これなら10か月あまりで達成する。

目標としてはこれくらいでちょうどよさそうだ。

すると来年の目標は以下のようになる。

月利25%以上で複利運用すること

これなら毎月の目標がイメージしやすい。

15万円から開始したときは

「1か月で2倍(=月利100%)」

だったので、以前よりはだいぶ余裕をもった目標だ。

ちなみに「月利25%」という数字は上位2%あたりに相当する。

GMOクリック証券の「トレードアイランド」のランキングでは

17922人中、340位~400位くらいの成績

となる。これはそれほど飛びぬけた数字ではない。

実際、先物トレードで月利25%はそんなに厳しい数字ではない。

ただし、それをコンスタントに1年間継続するのはむずかしい。

1か月でも失敗すると、それを挽回するために他の月が厳しくなるからだ。

月利25%の運用では、2か月しか余裕がない。

以上まとめると、来年の目標としては

月利25%以上で複利運用すること

を現実の目標とする。

ただし、裏目標として

毎月30%以上の利益率を目指す

くらいの気持ちで運用したい。


(参考)月利30%の複利計算表
30%

今年の目標達成!

以前アップした記事の

1億円達成の戦略(2017年10月版)

において、以下のような目標を掲げた。


目標1:2017年12月末までに、100万円を700万円以上にする
目標2:2018年12月末までに、200万円を1千万円以上にする
目標3:2019年12月末までに、1千万円を1億円以上にする

また

上記目標が達成されなかった時点でトレードを中止し、当ブログも終了する

と書いた。

これらに関して変更はない。

先週、今年88日目にして「730万円超」を達成した。

これで今年の目標をクリアしたことになる。

また、

2014年11月~2016年12月(15万円→1272万5742円達成済み)

なので、今年の730万円と合算して「2千万円達成か?!」と一瞬思った。

1272万円+730万円=2002万円!

だが、これまで引き出した金額や、口座残高との計算がどうしても合わない。

どう計算しても100万円ほど足りないのだ。

「???」

3時間ほど経って

今年1月に元金100万円から開始した

ということをやっと思い出した。

つまり今年の純益は「730万円」ではなく「630万円」だったのだ。

自分の場合、生来不器用で、この程度のボケはまだましなほう。

なので、トレードの上達も人の3倍くらいは遅いという絶大な自信がある。

だからそれをカバーするために

ほかの人の10倍以上の時間と労力をかけて研究する

ように心がけてきた。

ともかく、これで累計で

15万円⇒1900万円超

となった。

これはこれで1つの大きな節目。

当ブログを開始して、今月で丸三年が経過した。

長いようで短いような3年だった。

途中、家内の意見で1千万円超の利益を住宅ローンの繰り上げ返済に充てた。

その結果、1億円達成はほぼ最初からやり直しになった。

だが、今でもこうしてトレードを続けていられる。

これまで無事に過ごすことができ、かつトレードを継続できること自体に感謝。

感謝といえば、当ブログのOUTランキングが初めて4位になった。


4位


「にほんブログ村」のランキング板では、これまで5位が過去最高。

正直、「なぜこんなに?!」と意外な気持ちのほうが強い。

「こんな記事で参考になるだろうか」という葛藤もつねにある。

ともかく、多くの読者にご愛読頂き心より感謝したい。

「1億円達成」のタイムスケジュール

以下の

1億円達成の戦略(2017年10月版)

において、以下のような目標を設けた。


目標1:2017年12月末までに、100万円を700万円以上にする
目標2:2018年12月末までに、200万円を1千万円以上にする
目標3:2019年12月末までに、1千万円を1億円以上にする

また

上記目標が達成されなかった時点でトレードを中止し、当ブログも終了する

と書いた。

これらに関して変更はない。

以下、それぞれの目標のタイムスケジュール。

目標1に関しては、現時点で「657万5403円」であり、残り43万円。

ロスカットの連続さえなければ、あと数回のデイトレで11月中に達成できそうだ

目標2に関しては、当初は今年前半と同程度の低いボラティリティを想定していた。

今月のような大相場が継続すれば、目標2は大幅に前倒しが可能と思われる。

目標3に関しては、2015年~2016年のような動きの活発な相場環境を想定しており、想定した通りの変動率なら2019年末までに目標達成できると考えている。

いずれの目標も、相場環境によって大きく左右される。

そのため、上記目標1~3は、かなり余裕をもったタイムスケジュールにしている。

また、以下の3条件が揃えば、来年中の1億円達成も可能だと考えている。

条件1 ボラティリティの大きい相場環境が持続すること 
条件2 資金を引き出すことなく、そのまま複利運用できること
条件3 自身の生活環境、体調などの面でトレードに専念できること


以上まとめると、現時点の1億円達成のタイムスケジュールとしては

最短で2018年中、遅くとも2019年12月末

であると考えている。
お勧めのメルマガと教材↓
【メールマガジン】時鳥・政経レポート「天の時」
⇒当ブログ一番のお勧め教材

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2015】  霞が関の予言「日本未来設計図」
⇒通読することにより大局的な相場観が養える。永久保存版の参考書

【時鳥メルマガ・総集編】
⇒ある程度資産が出来た人向けの長期投資戦略のバイブル

【時鳥・政経レポート「天の時」メールマガジン・バックナンバー2016】  「AI時代」と「百年の富」
⇒2016年のバックナンバー。トランプバブルの可能性をいち早く予見。通読することにより、2017年の相場の本質を深く理解できる。

【相場師朗】 7step株式投資メソッド
⇒「うねり取り」の基本を7日間でマスターできる。当ブログでは日経225デイトレ用にアレンジした「N225うねり取り」手法をブログ記事にて紹介中。

記事検索
↓ブログランキング表示
satosan888
日経225オプション/先物トレード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

免責事項
当ブログは独自のトレードスタイルの検証を目的とするものであり、実際の売買を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。当ブログのトレード手法、ルール、情報等により損害・不利益等が生じた場合でも当サイトは一切責任を負わないものとします。
  • ライブドアブログ