1: 2016/12/08(木) 21:20:01.04 ID:LKvPUK0D0
人気グラビアアイドル・岸明日香が自身のTwitterで7日、クリスマスオフ会の告知とともにサンタ帽を被った水着姿を披露し、話題になっている。


 岸は、「クリぼっちさんに朗報!←私も 岸明日香、戸田れい、橘花凛、野々宮ミカXmas BBQオフ会開催決定!先着50名様 12月24日(土)13:00~15:30 (受付12:50開始) 新豊洲
 WILD MAGICにて! 18,000円 asche_info@yahoo.co.jp」というコメントとともに、写真を公開した。

 これに対してネット上では「クリぼっちを解消されに行かねば!」「セクシー過ぎる」「なんか わからんけどたまりませんわ!」などのコメントが寄せられている。


 グラビア活動だけでなく、TV番組や映画などでも活躍している岸。2017年の初春には出演映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。』の公開が予定されており、注目が集まっている。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161208/Gree_162434.html

no title
岸 明日香(きし あすか、1991年4月11日 - )は、日本のグラビアアイドル、女優、バラエティタレント。
大阪府堺市出身。ASCHE(アッシュ)所属。

2013年、グリコ乳業のドロリッチガールズ2期生として今野杏南・佐山彩香・亜里沙・星名美津紀と共にCM出演。

no title

【クリスマスぼっちに朗報! Gカップグラドル・岸明日香とクリスマスが過ごせるぞ!!】の続きを読む

1: 2016/12/08(木) 22:42:23.20 BE:485983549-PLT(12346)
C大阪の元日本代表FW柿谷曜一朗(26)とタレントの丸高愛実(26)が8日、結婚を発表した。
丸高は同日午後8時に「ご報告」のタイトルでブログを更新。

「私事ではありますが、本日12月日、かねてよりお付き合いをさせて頂いておりました、サッカー選手の柿谷曜一朗さんと結婚いたしました。
約2年半前にお付き合いが始まり、今年から一緒に住み始め、結婚に至りました。

そして今日のこの日を迎えることができ本当に幸せでいっぱいです。まだまだ未熟者ではございますが彼のサポートが出来るよう頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します。

そして何よりファンの皆様、事務所の皆様、お仕事関係の皆様にお付き合いしていたこと、結婚したことを伝えることができ本当嬉しく思います。

文面でのご報告になりましたこと、お許しください。

これからは柿谷曜一朗さんと妻として、そして丸高愛実としてもこれまで以上に努力して行きます。

今後とも応援して頂けると光栄です」とつづって喜びの報告を行った。

◆柿谷曜一朗(かきたに・よういちろう)1990年1月3日、大阪府大阪市生まれ。26歳。C大阪の下部組織で育ち、クラブ史上最年少の16歳でプロ契約デビュー。
J2徳島への期限付き移籍を経てC大阪に12年に復帰。14年からバーゼル(スイス)に所属し、16年から再びC大阪戻った。今季は6月に靱帯損傷で長期離脱。
リーグ終盤に復帰し、チームのJ1復帰に貢献した。177センチ、66キロ。

◆丸高 愛実(まるたか・まなみ)1990年6月12日、東京都生まれ。26歳。09年デビュー。グラビアアイドル発掘オーディションでグランプリを受賞。
グラドルとしてDVDを5作リリース。バラエティー番組にも出演多数。164センチ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000156-sph-socc

2: 2016/12/08(木) 22:42:40.39 BE:485983549-PLT(12346)
丸高愛美さん

no title

no title

no title

no title

no title


【【グラビア】 グラドルの丸高愛美とサッカー元日本代表の柿谷曜一朗が結婚】の続きを読む

1: 2016/12/08(木) 11:24:28.87 ID:CAP_USER9
◆いちばん好きな'70~'90年代アイドルランキング、ダントツ1位はあの人!

さまざまな伝説が語り継がれる1970年代~'90年代のアイドル。
若手アイドルが往年の名曲をカバーする例は数知れず、また、中森明菜の7年ぶりのディナーショー“復活”が注目を集めるなど、今でも話題に事欠かない。
この時代に活躍したアイドルについて、『週刊女性』ではアンケートを実施。
わずか6日間で466票が集まり、根強い人気をうかがわせる結果となった。

特に、男性1位の田原俊彦にはラブコールが殺到! 
「『チャールストンにはまだ早い』の歌とダンスは田原俊彦なくしてはありえない」(70代・主婦)
「私の王子様。初めてのコンサートもファンクラブもトシちゃん」(40代・会社員)
「キレキレのダンスと生歌でごまかしのないステージ。本物のスター」(40代・職業不詳)
「逆境に負けず今も歌って踊り続ける人としての強さを尊敬」(40代・会社員)

2位の光GENJIに対してはこんな意見が。
「上半身裸で歌う姿に衝撃を受けた」(30代・主婦)
「ローラースケートが斬新。コンサートはおとぎ話の世界にいる感覚だった」(40代・会社員)
「ケガをしていても笑顔で踊るプロ根性に励まされた」(40代・主婦)

3位の西城秀樹は「絶唱型はヒデキしかいなかった」(50代・会社員)、
「ペンライト、アクション、武道館公演など今の音楽界の先駆者。私のすべて」(50代・職業不詳)というように、規格外のアイドルの登場にハートをわしづかみにされた女性が多数。
また、「寝ても覚めても秀樹秀樹秀樹。青春=秀樹」(50代・会社員)という声も。

4位は解散を発表したSMAP。
「元気をくれ感動をくれる。ひとりひとりより、SMAPという集合体が好き」(50代・主婦)という意見が寄せられた。

5位は郷ひろみ。

◇中森明菜がダントツ1位のワケ

一方、女性1位は中森明菜が86票で圧勝。
「『難破船』を歌いながら泣いている姿が印象的だった」(40代・主婦)
「歌の主人公が乗り移ったかのような神がかったパフォーマンスは唯一無二」(年齢不明・自由業)
「今の20歳前後の子とは比べものにならない色気と圧倒的歌唱力」(20代・職業不詳)
「カッコよくて美しくて儚い。ウソ偽りのない歌、生き方が大好き」(20代・会社員)
などと、歌姫として高い評価が。

2位の松田聖子には、こんな意見が。
「まさに、アイドル」(50代・会社員)
「夢の国にいるようなキラキラワクワクした気持ちにしてくれた」(40代・主婦)
「日本語ひとつひとつを丁寧に歌いあげる抜群の歌唱力。
品があるのにガハハ笑いや大ボケなところが楽しい」(40代・フリーター)

3位は山口百恵。
「男尊女卑が色濃くあった時代、“バカにしないでよ!”に勇気をもらった」(50代・NPO職員)
「あの若さで芯の通った生きざまに憧れました」(40代・会社員)
また、「引退コンサートの映像は見るたびに鳥肌が立つ」(20代・会社員)との声も多かった。

4位の小泉今日子には、「可愛いけど真顔が美しい。危なっかしい歌にもやられた。
何より声が好き、癒される!」(40代・会社員)という意見が。

5位は中山美穂は、「歌も演技もうまい。年齢より大人に見え憧れた」(40代・会社員)などの声が集まった。
「歌、踊り、芝居、立ち居振る舞い、発言、何をとっても超一流。彼こそキングオブアイドル」(50代・会社員)

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

週刊女性PRIME 2016/12/8(木) 7:00
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00008689-jprime-ent
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00008689-jprime-ent&p=2
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161208-00008689-jprime-ent&p=3
no title

【いちばん好きな70~90年代アイドルランキング 男性1位はギンギラギンな、あの人!女性1位は馬鹿にしないでよ!のあの人】の続きを読む

このページのトップヘ