モデル

1: 2017/04/24(月) 05:11:36.83 ID:CAP_USER9

  女優でモデルの馬場ふみかさんが、24日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)19・20合併号の表紙と巻頭グラビアに登場した。
グラビアはハワイで撮影され、青いビキニ姿で抜群のスタイルを披露した。

 グラビアの担当者は「先日、マウイ・オーシャンフロントマラソン2017のハーフマラソンに挑戦した彼女(馬場さん)がハワイに初上陸。
マウイの大自然の中で、(アンニュイな雰囲気が似合う彼女には珍しい?)満面の笑顔と、トレードマークの“神の造形”、パーフェクトボディーが映えます」とコメント。

 馬場さんは、「今回のロケは、マラソンの応援をするために私の母も帯同していたんです。
すべてのシーンを母親が見守る前で撮りましたが、仕事の現場に家族がいるというのはなんだか不思議な感じがして、ちょっと恥ずかしかったですね」と話している。

「週刊プレイボーイ」19・20合併号の表紙と巻頭グラビアに登場した馬場ふみかさん

no title

no title

http://mantan-web.jp/2017/04/24/20170423dog00m200022000c.html

【馬場ふみかが「週プレ」グラビアで“神の造形”披露】の続きを読む

1: 2017/04/19(水) 22:29:09.59 ID:CAP_USER9
タレント活動を突如として休止し、メンタルが心配されているすみれが4月13日、ビーチでくつろいでいる様子をインスタグラムで公開した。
健康的な水着姿でにっこり微笑む表情に「楽しそう」「安心した」とファンからも安堵の声が寄せられている。

同時に話題になっているのが彼女のビキニだ。上は黒、下は水色のプリント柄という組み合わせで、上下がそろっていない。
そのチグハグさに彼女のメンタル面の不安定さを感じとっている人も多いようだ。

「上下バラバラのビキニの組み合わせは、数年前から流行っているんですよ。
もちろんセットのビキニを選ぶ人もたくさんいますが、水着にも個性を出したいと考える人が増えているんです。
手持ちの水着を好きなように組み合わせている人もいますし、購入の際にバラバラに選んで買うこともできます。
さすがはすみれさん、流行をしっかり押さえているなと感じました」(ファッション誌ライター)

ということで、心配する必要はなさそう。不安定どころかむしろ元気になっている証拠ではないかとこのファッション誌ライターは指摘する。

「ハワイで育ったすみれさんですから、水着も相当数、持っているでしょう。
『今日はこれでいこうかな?』という感じで気軽にチョイスしている印象ですが、新鮮でとても可愛い組み合わせだと思います。
余裕を持っておしゃれを楽しんでいるんじゃないでしょうか」(ファッションライター)

人は本当に落ち込むとオシャレを楽しむ余裕がなくなるという。メンタル面が心配されているすみれだが、復活も近いのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1302484/

no title


【活動休止中のすみれ「上下バラバラ水着」公開で心配されるメンタル面】の続きを読む

1: 2017/04/20(木) 04:41:59.33 ID:CAP_USER9

 女性ファッション誌「non-no(ノンノ)」(集英社)の専属モデルを務める松川菜々花さんが、20日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(同)21号の巻末グラビアに登場した。
グラビアでは「愛らしいほど甘いルックスと確かなスタイル!」「期待の新“モグラ(モデル兼グラビアアイドル)”ガール」などと紹介され、ビキニ姿でほほ笑む写真やベッドで寝そべる写真などが掲載された。

 松川さんは、グラビア界の“スター”を発掘する同誌の企画「ゲンセキ2017~spring~」の第5弾として登場。
「ゲンセキ2017~spring~」は、読者投票で同誌の表紙と巻頭グラビアに登場する“スター”を決める企画で、3月23日発売の同誌17号から5週連続で候補者を紹介している。


「週刊ヤングジャンプ」21号の巻末グラビアに登場した松川菜々花さん

no title

no title

no title

https://mantan-web.jp/2017/04/20/20170419dog00m200021000c.html

【【グラビア】現役ノンノモデル・松川菜々花が大胆ビキニ】の続きを読む

1: 2017/04/18(火) 12:27:05.91 ID:CAP_USER9
11日、女優でモデルの内田理央が自身のTwitterで、「今日がデビュー7周年だとファンの方達が教えてくれました。
みんなのおかげで頑張れているよ! ありがとう」とツイート。
と同時に、2010年4月に放送された、『アイドルの穴~日テレジェニックを探せ!~』(日本テレビ系)で、テレビ初出演した当時の画像をアップしたのだが、黒髪でナチュラルメイクなその姿に、「顔が全然違う!」「まさか整形!?」などといった疑惑の声が広まった。

「ネット上が騒然となったことから、内田はその後すぐに、『7年前、そんな顔違う?!事務所にスカウトで入ってから一週間であの番組に出たからド新人アイドルなの』とツイートしていました。
内田は当時18歳ということで、成長による顔の変化やヘアメイクの違いもあるのでしょうが、
『それを考慮しても、まるで別人』『特に目はイジッた感があるよね』などと、疑いの目が向けられてしまっているようです」(芸能関係者)

整形疑惑が広まっているのには、他にも理由がある。内田が所属する芸能事務所・レプロエンタテインメントには、新垣結衣や川島海荷、菊地亜美など、以前から整形を疑われている女優やタレントが少なくないからだ。

「いずれも目と鼻に直しを入れているのではないかという疑いが根強くささやかれているだけに、内田の7年前の画像がアップされると、『目を手直しさせるのはレプロのお家芸か?』『レプロの闇だな』などといった否定的な声が殺到。
また、レプロといえば今年2月、女優の清水富美加が突如として退所した際、新人時代に交通費が出されずにヒッチハイクしたことを明かして話題になっていただけに、『この日の収録の時はヒッチハイクで帰ったの?』と、レプロの闇を揶揄する声も飛び交っていました」(同)

昨年ののん(能年玲奈)、今年の清水と人気女優の退所が続いていることで、内田に、事務所からのプッシュが強まっているのはファンとしてはありがたいところだろう。
その活躍でレプロの光となれるか。

http://dailynewsonline.jp/article/1301929/
2017.04.18 09:00 おたぽる

no title

【内田理央、デビュー時の画像公開で「顔が違う!」 “レプロの闇”を指摘する声も】の続きを読む

このページのトップヘ