芸人

1: 2017/04/07(金) 01:26:15.23 ID:CAP_USER9
女優の濱松恵(34)が6日、ニコニコ生放送「女優濱松恵の言い訳先生」に出演。
お笑い「トリオ東京03」の豊本明長(41)との関係を生告白した。

この番組は濱松は写真週刊誌「フラッシュ」で報じられた豊本との熱愛騒動についてぶちまけるというもの。
同誌は豊本が女子プロレスラー・上林愛貴(40)と事実婚の状態にあることから“不倫”と報じたが、濱松はそれに反論した。

2人は知人を介して知り合い、連絡先を交換。当初はLINEでゲームについてトークしていたが、豊本から食事の誘いがかかったのだという。
過去に流産の経験がある濱松は豊本に「子供は欲しい?」と聞かれ「産むつもりだった」と答えた。すると豊本は「じゃあ子供をつくろう」と避妊は一切しなかったという。
豊本は上林との関係について「入籍していないし、俺は独身」と結婚するつもりはないと言い切り「妊娠すれば、いいきっかけになる。
責任を取るという形が取れる」と、豊本は上林と別れるつもりで、濱松と子づくりに励んでいたというのだ。

濱松は先月30日、自身のブログで豊本が「(上林とは)ただのビジネスパートナーだから仕方なく一緒に暮らしてるだけと言ってた」とつづった。
この日明らかにしたのはさらに突っ込んだ内容だった。

「彼女(上林)が北海道にリングを置いている。彼女は収入がなく、その事業資金は全て豊本さんが出している」というのだ。
豊本自身はプロレスに関するコラム執筆などを抱えており、上林と別れると「プロレスの仕事が切られて(なくなって)しまう」と危惧。
また「あと1~2年、彼女が引退するのを待つ」とも話したという。これが豊本のいう「上林とはビジネスパートナーの関係」の実情だというのだ。

濱松は「不倫」「略奪」と言われることを改めて否定。それから「芸人さんが(豊本さんを)かばっているようですが、私が知っていることを言ったら困る人がいますよ。
その人もやっているのに…」と発言。豊本の前に交際した、“その人”は「日本中誰もが知っている人」で、共演の「ぶる」(webクリエーター)に耳打ちしただけで正体は明かさなかった。

また、豊本と温泉旅行で箱根に行く準備もしていたが、今回のフラッシュの熱愛報道で自然消滅したという。

濱松はブログやテレビのインタビューでは言いたいことが伝えられないとニコ生で「豊本との関係」を話しまくった。豊本は騒動後発覚後に謝罪と上林との関係を修復する意向を示したが、今回の濱松発言にどう答えるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000067-tospoweb-ent

no title

【東京03豊本の不倫相手・濱松恵が生暴露!「子供をつくろう」「妊娠すればいいきっかけになる」】の続きを読む

1: 2017/04/07(金) 05:38:38.30 ID:CAP_USER9

 タレント大久保佳代子(45)が10日発売の「週刊大衆」(双葉社)でセクシーグラビアに挑戦し、同誌の「創刊60周年記念スクープ袋とじ」として掲載されることが6日、分かった。

 下ネタトーク連発の姉御キャラで人気だが、「実はエロい」と業界では評判の美ボディーを初披露。
温泉を舞台に、胸元もあらわに着物で横たわる姿など、“和”の雰囲気漂うエロスを見せている。


no title

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1803667.html

【大久保佳代子がセクシーグラビア挑戦 袋とじで美ボディー披露】の続きを読む

1: 2017/03/31(金) 10:51:33.52 ID:TkDhGcGi0
今週発売の写真週刊誌『FLASH』で、「二股交際」が報じられたお笑いトリオ・東京03の豊本明長(41)が29日深夜、自身のツイッターを更新し、騒動を謝罪。
婚約中の女子プロレスラーのミス・モンゴルこと上林愛貴(40)を「裏切らないようにしていきたいと思います」と思いをつづった。
記事によると、豊本は婚約中にもかかわらず、昨年11月に知人の紹介で知り合った女優の濱松恵(34)と交際に発展。
2人がやり取りしていたLINEの画像が誌面に掲載された。
沈黙を続けていた豊本だったが、29日に「この度は、お騒がせしてしまいまして大変に申し訳ございませんでした」とツイッターで謝罪し、「これからは、関係者やファンの皆様、仲間や友人、そして、上林愛貴を裏切らないようにしていきたいと思います」と決意を新たにすることを宣言した。

no title

no title

no title
no title

【お笑いトリオ「東京03」豊本が不倫アナル舐めLINE流出を謝罪】の続きを読む

このページのトップヘ