アスリート

1: 2017/03/23(木) 08:38:03.38 ID:UODDm6UJM● 
日本の女子バレーボールで初めて五輪4大会連続出場を果たした木村沙織(30)が22日、所属チーム東レの本拠地の大津市で引退会見を開いた。
高校2年生で日本代表入りし、バレー一筋の生活を続けてきたが、今後は昨年末に結婚した元バレーボール選手に寄り添い「普通の生活というか、家族の時間を大切にしたい」と主婦専念を宣言した。

引退理由については銅メダルを獲得した12年ロンドン五輪後から「負けず嫌いなのに負けて悔しい気持ちが薄れた」と涙を浮かべながら語った。
プレミアリーグ開幕前の昨年10月に今季限りでの引退を表明。
25日のオールスター戦には出場する予定だが、5日の最後の公式戦以降は料理や掃除を「新鮮」と感じる日々だという。
「子供が好き。2、3人は欲しい。にぎやかな家庭になれば」と理想の家族像も口にした。
会見後には東レの仲間から胴上げされ、1メートル85の体が6度宙に舞った。

東京五輪については「期待している」と一ファンとして見守る予定ながら、マネジメント事務所によるとコメンテーターなどの打診を非公式で複数受けているという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000029-spnannex-spo

no title

no title

no title


【女子バレー木村沙織、引退記者会見で中出しセックス宣言!「子供が好き。2、3人は欲しいw」】の続きを読む

1: 2017/03/19(日) 16:45:10.70 ID:CAP_USER9
 米女子ゴルフ界で「天才少女」として一世を風靡したミシェル・ウィーも今や27歳。
185センチという恵まれた体格を生かした飛距離を生かし、男子ツアーにも挑戦して話題を呼んだ。
美貌ぶりに変わりはないが、最近はけがやパッティングの不振などに泣かされて成績が芳しくなかった。
だが、今年3月のHSBC女子チャンピオンズでは優勝争いに絡むなど復活を印象づけた。
この大会では露出度の高いユニホームでプレーしており、女子選手の衣装のあり方で物議を醸していた。

 4歳でゴルフを始めたウィー。
史上最年少の13歳で米国の女子アマ大会を優勝。
タイガー・ウッズ以上の才能の持ち主と称賛されたほど。
2002年からプロの試合に参戦すると、04年には14歳で女子メジャー大会のクラフト・ナビスコ選手権で4位に入り、ローレウス世界スポーツ賞最優秀新人賞を授賞。
05年には推薦や特別招待で出場した全米女子プロを2位、全英女子オープン3位と驚異的な成績を残した。

 男子ツアーにも挑戦し、議論を巻き起こすことに。
日本でもプロ転向の1カ月後となる05年、11月開催のカシオ・ワールドに登場。
第2日の終盤17、18番で連続ボギーをたたきカットラインに1打足りず予選落ち。
日本男子ツアーで史上初の女子プレーヤーによる決勝ラウンド進出という快挙を逃したが、鮮烈な印象を残していった。

 タイガー・ウッズは当時「彼女は男子大会で予選通過できる力を持っている。
いろんな要素がかみ合って一つになれば十分実現できるはず」とコメントし太鼓判を押していた。

 そんな強烈な印象とは裏腹に優勝とは縁遠かった。
米女子ツアーの初優勝は09年11月のロレーナ・オチョア招待まで待たねばならなかった。メジャー大会の優勝も14年に全米女子オープンを制したのが初となり、やっと悲願を果たした格好だった。

 そのまま波に乗るかと思われたが、15年にはけがや病気に悩まされ、24試合出場で10位以内が一度もなく、賞金ランクは前年の4位から一気に49位に降下。
16年はパッティング(平均パット数は1.85で120位)のスランプがあり、12度も予選落ちし、同105位まで落ちた。

 今回のHSBC女子チャンピオンズでは米ゴルフ・メディアが指摘していたが、パッティングでさまざまなグリップ、スタンスを試みて修正を図ったようだ。
その成果を具現化するように、初日、3日目には首位に立った。
実に14年のウォルマート選手権以来、3年ぶりの首位だったが、最終日に伸ばしきれずに4位に終わり、3年ぶり優勝はお預けに。
それでも4日間で28~31パットに納め、平均パット数は1.65と手応えを感じたことだろう。

 復調しつつあるゴルフで注目される一方で、ボディーラインが浮き出るタンクトップ風のトップスと、長くスレンダーな脚が出るミニスカートという格好が注目を浴びた。

 米誌ゴルフダイジェストはウィーのウエアについて「我々が知るような伝統的なゴルフウエアとは異なる」と戸惑い気味。
一部の選手からも派手なウエアと反発する声が出ていたという。

 ただ同誌はテニスやヨガなどのスポーツのウエアを挙げつつ「世界のベストプレーヤーたちがウィーのようなウエアを着ても良いのに、なぜ他の女性ゴルファーに選択肢がないのだろう。LPGAではゴルフウエアの近代化が他のツアーよりも速いペースで進んでいる」と主張。
美に関しても観客を楽しませる要素であると考えているようで、ウィーはその具現者なのかもしれない。


2017.3.19 01:00
http://www.sankei.com/premium/news/170319/prm1703190030-n1.html

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


【女子ゴルフ・ミシェル・ウィー、論争になるほどのセクシーなウェアを着る】の続きを読む

このページのトップヘ