社会

    1: 2017/01/19(木) 09:55:11.07 ID:MzW3x+yr0● 
    佳子さま、突如トレンド入り 「写真集」発売で「欲しいいいいいい」

    「美しすぎるプリンセス」として注目される秋篠宮家の次女、佳子さまの写真集(ムック本)が発売され、インターネット上がにわかに沸き立っている。

     日本中を魅了し続ける佳子さまのご公務と学生生活を、数多くの写真とともに紹介するオールカラーの1冊だ。

    ■タイトル「麗しの佳子さま 成年皇族のご足跡」

     2017年1月15日午後、ツイッターのトレンドに「佳子さま」が登場した。何か特別なご公務や報道があったわけではない。前日14日に発売されたムック本の影響だった。

     タイトルは「麗しの佳子さま 成年皇族のご足跡」(宝島社)。全155点の写真を贅沢に用いた、佳子さまの22年の歩みを辿る内容だ。佳子さまのシーン別ファッションスタイルやヘアアレンジ特集も見逃せない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000001-jct-soci

    no title

    【佳子さまの写真集、全155枚が発売あそばせられる (お前らどの画像でお抜きになられる予定?)】の続きを読む

    1: 2017/01/17(火) 14:08:19.08 ID:fnlmv1/K0 
    AFP=時事 1/17(火) 13:25配信

    人間とセックスするロボット、年内にも市場に?

    スペイン・マドリードで開催された人型ロボットの国際会議で、ロボットハンドに指を近付ける男性(2014年11月19日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

    【AFP=時事】ロボットとセックスできる時代はすぐそこまで来ている──昨年末に英ロンドン(London)で開催された、人型ロボット(ヒューマノイド)との関係に関する倫理基準について話し合う国際会議で、ある専門家はこう語った。

     映画『エクス・マキナ』や米ドラマ「ウエストワールド」などを見ても分かるように、「セックスボット(sexbot)」と呼ばれるロボットのセックスパートナーは最近のSF作品では定番の題材だ。

     だが一部の専門家たちは、セックスボットはもはやSF世界の話ではないと考えている。
    今年中には、人間のセックスの相手をするようにプログラミングされた、金属とゴムと樹脂製のセックスボットが現実世界に登場するというのだ。

    「セックスボットの第一号の誕生に伴い、ロボットとのセックスは2017年中には現実になる」と、人工知能(AI)の専門家デービッド・レビー(David Levy)氏はロンドン大学ゴールドスミスカレッジ(Goldsmiths, University of London)で開催された「ロボットとの愛とセックスに関する国際会議」で語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000026-jij_afp-sctch

    6e519a8ac6e1bb51076292fc69c129be


    【童貞に朗報! 人間とセックスするロボット、年内にも市場に!】の続きを読む

    1: 2017/01/11(水) 00:04:00.23 ID:ThlU1j030 
    VR専用ゲーム バーチャルリアリティカノジョ体験『VRカノジョ』公式サイト VR-only 
    http://vrkanojo.com

    http://youtu.be/NvK_YiS8k4E


    no title

    【【朗報】 VRカノジョでできるスカートめくりがエロすぎるwwwww】の続きを読む

    1: 2017/01/11(水) 14:04:19.45 ID:nnmjS6Na0●
    イギリス、ロンドンのサウスバンクの川沿いにて黒いビキニを着た女性が次のような文字の書かれた段ボールを持って立っている。
    「MODEL:NEED MONEY FOR BOOB JOB」これを直訳すると「マヌケな仕事のために~」となるが、
    「BOOB JOB」は豊胸手術のスラング。つまり「モデル:胸の豊胸手術の費用が必要」と言う意味になる。
    「BOOB JOB」はこのほかにも胸を使った前議の意味としても使われる
    (パが付く4文字の奴)

    話を戻してビキニの彼女の話題になる。彼女はこのようは文字が書かれた段ボールを持ち立っていると、通りすがりの男性に声を掛けられたり口笛を吹かれたり、中には一緒に写真を撮ってくれという者も現れた。
    中には彼女に対して「見た目では無く内容が重要だよ」と真剣にアドバイスする女性も登場。

    そんな中、最も酷い通行人が「手術のために幾ら必要?」と聞かれ「5000ポンド(約70万円)」と答えると、聞いてきた男性は「一晩付き合ってくれたら1000ポンド(約14万円)あげる」という提案だった。

    しかし、このモデルは実際に手術する予定は無かったのだ。

    どういうことなのだろうか? これはユーチューバーである「デングギース」が企画したもので、豊胸手術する際に人々はどのように反応を見せるかというもの。

    動画そのものは昨年8月に掲載されたが、この動画が海外メディアについ最近取り上げられ数日前に話題となった。

    その動画を見ると紙コップの中に実際にお金を入れてくれる人や遠くからスマホで写真を撮る人、更には見て笑う人など様々である。

    http://gogotsu.com/archives/25308

    no title

    no title

    no title

    no title

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=Avhl_uSnki0

    【川沿いで黒いビキニを着た美女、胸の豊胸手術募金を募る】の続きを読む

    このページのトップヘ