加藤綾子

1: 2017/06/18(日) 14:33:11.81 ID:CAP_USER9
中出しSEXしたい女子アナ1位は、やはりダントツ人気の“カトパン”こと加藤綾子(32)だった。

 女子アナ界のトップに君臨すること約10年。昨年4月、フジテレビを退社しフリーになった彼女は、司会のみならず、グラビア出演など活躍の幅を広げている。そんな今の活動に賛否両論はあるが、カトパンに対する男性票の多さは不動だ。

 「小顔で巨乳。しかも細い手足は、そこらにいる中途半端なモデルなどお呼びではない。とくに、自身もテレビで公表したEカップ巨乳は健在。彼女と中出しSEXをしたい男は、星の数ほどいるでしょう」(女子アナライター)

 カトパンは、昨年から「彼氏いません」「募集中」など、メディアで堂々と公言。たしかに、局アナ時代は男性関係に関してスクープされたことが一度もない。

 「学生時代はホストと付き合い、すでに80人斬りしたとの噂も出ましたが、社会人になってからというもの、決定的なスキャンダルはキャッチされていない。業界内では、“完全本処女”と言われていますよ」(スポーツ紙記者)

 そんな彼女だからこそ、男たちの妄想も止まらない。
 「中出しSEXも最高だけど、あのエッチなお口でのフェラサービスで、射精してみたいタイプの顔です。半年間くらい溜めて一気に放出、大量の精液に、むせ返る彼女の表情が見てみたいです」(広告デザイナー)

 2位は、テレビ東京の大江麻理子アナ(38)がランクイン。大江アナは、'14年にマネックス証券の創業社長・松本大氏(53)と結婚。今や、総資産100億円以上といわれる超セレブアナだ。
 「大江アナは、結婚するまで男性の噂がなく、本人も『相手がいないのよ~』と、まったく興味がなさそうな素振りだったんです。ところが、松本氏と出会うと1年も経たずに結婚。局内では、“しょせん金か”と、裏切られた怒声が続出した」(テレビ局関係者)

 大江アナは、かつて「お嫁さんにしたい女子アナ」ナンバー1と呼ばれるほどの人気。現在、情報番組『ワールドビジネスサテライト』のMCを務めているが、品のよさは変わっていない。
 「番組が終わって、すぐ帰っても深夜1時過ぎ。夫婦の性生活は大丈夫なのか心配になりますね。もし、セックスレスで欲求不満なら、僕が代わりに夫婦の寝室で、中出しSEXしてあげたいです」(雑誌編集者)

 3位は、テレビ朝日の竹内由恵アナ(31)だ。カトパンとのフジテレビ入社争いに敗れ、テレビ朝日に入ったものの、しばらくは目立った番組はなし。しかし、'15年3月、局の看板番組である『スーパーJチャンネル』のMCに抜擢されるや、一躍、人気者となった。
 「上司とのスパ密会や、巨人・片岡治大との交際疑惑など、男関係の脇が甘過ぎで、それが原因で出世が遅れたのは事実です。

しかし、“男断ち”を一部写真誌に宣言したことで、出世路線に乗った。これまで顔が可愛いだけでしたが、三十路になってからというもの、二の腕がムッチリして、胸も巨乳化。今、彼女はとても素敵なエロ香を出していますね」(雑誌芸能記者)

 仕事一途の“男断ち”をしているだけに、今は本命らしき相手はいないのか。
 「本命の噂は聞こえてきませんが、最近の彼女は、画面から見ても妙に脂ぎっていると評判です。セフレがいるかは分かりませんが、間違いなく“精子ほしい”っていう欲求不満の顔をしていると、ネットでは話題になっている。彼女が口を半開きのときなど“ラブドール”を想像してしまいます。“子宮”に注入すべしです(笑)」(ネットライター)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13217347/

no title

no title

no title


【【画像】人気女子アナ「中出しSEXしたい」ランキング 業界関係者300人アンケート!】の続きを読む

1: 2017/06/01(木) 19:35:09.99 ID:CAP_USER9

 加藤綾子(32)が、フジテレビ亀山千広(60)社長と心中か!? との噂で持ち切りだ。
理由は、昨年4月の退社後も後見人的存在だった亀山社長が、6月に退任するからだという。
 「視聴率低迷と業績不振の責任で、亀山社長は就任4年で退任します。加藤は退社後も『ホンマでっか!?TV』のMCを続けたり、『スポーツLIFE HERO'S』MC、さらには4月からの新番組『最上級のひらめき人間を目指せ!』MCになるなど、厚遇されていた。加藤がお気に入りだった亀山社長の一存だったとされ、彼の退任とともに加藤の特別待遇はなくなるでしょう」(フジ関係者)

 フジの新社長になる宮内正喜・BSフジ社長(73)ら新執行部は、加藤への扱いに、強い違和感を抱いているとされる。
 「フリーになってもフジの番組に出続けられると、局アナに示しがつかない。新役員らにより、早々に加藤の番組は打ち切りになるか、外される“追放”人事が粛々と実行されていくと言われます」(同)

 そうした風当たりに見切りをつけてか、加藤は最近、突如として他局への出演を開始する動きを見せている。4月3日には、日本テレビ系『しゃべくり007』特番で、退社後初めて他局に登場。同7日には日テレ系『アナザースカイ』に出演。5月17日には『谷原章介の25時ごはん』でTBS初出演を果たしたばかりだ。
 「自身への風評に敏感な加藤だけに、追放後のことまで想定し始めているのでしょう。他局の仕事を積極的に入れ始めています」(スポーツ紙記者)

 それだけではない。先日、自ら告白した「Eカップ乳」を駆使したセクシーグラビアの話も舞い込んでいるというのだ。
 「ずばり、“脱カトパン”となるランジェリー姿を、ファッション誌のグラビアで披露する話が進んでいます。彼女は4月12日のフジ系『ホンマでっか!?TV』でEカップを初告白した。
それは“グラビアもやっていきたい”という売り込みだったとみられています。
おっぱいが目立つセクシー下着を披露し、三十路フリーアナのエロスを全開にするグラビアになりそう。
また一説には、亀山社長は退任前、すでに加藤よりも宮司愛海アナにお熱だったという話もある。
そういう意味でも、失意の加藤がフジと完全決別を決意すれば、グラビア実現の可能性はさらに高まるでしょう」(同)

 5月24日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジ)でさんまに、「お前が簡単にエッチする、って言うからやな…」と突っ込まれていたカトパンだが、それだけ、セクシー下着がお似合いというわけではないのか…。
ぜひ、エロいランジェリー姿のグラビアでご登場願いたい。
 さようなら…フジ! カトパンのセクシー下着グラビアが置き土産ですわ。

http://wjn.jp/article/detail/5068044/ 

no title


【カトパン、“セクシー下着”グラビアはフジ「追放人事」への置き土産!?】の続きを読む

1: 2017/04/12(水) 23:50:17.40 ID:EQGXxpxk0 
元フジテレビの加藤綾子アナウンサー(31)が、番組進行を務める12日放送のフジテレビ系バラエティー「ホンマでっか!?TV」(水曜・後9時)で、MCの明石家さんま(61)からEカップネタを突っ込まれた。

この日の放送の話題は「ファーストキスが年上だと結婚率が高い!?」。
マーケティング評論家の牛窪恵さんが、ファーストキスと胸の大きさとの因果関係を裏付けるデータと共に「1番遅いのはAカップの女性」と紹介すると、ゲストで元宝塚の遼河はるひ(41)が映し出されて「何で(私を)映しているの」と遼河は不快顔。
隣のマツコデラックス(44)が「いやBです」と、詰め物で大きさをキープしているとフォローするのを、遼河が「シー」と止めようとすると、これにさんまは「Cやないやろ、Aやろ」と突っ込みスタジオは笑いに。
続けて隣の加藤アナに「また胸を突き出す」と胸を自慢しているとして文句を言った。

これまでも、さんまにEカップネタを突っ込まれている加藤アナは、さんまと「出していないです」「ぐっと前に寄っている」と問答に。
これを見た牛窪さんが「加藤さん、Eカップですか」と単刀直入に問うと加藤アナは恥ずかしそうに「はい」。
牛窪さんは、Fカップだとファーストキスが早いだけでなく、キスを交わすことで男性ホルモンの影響を受け、胸の成長が早くなると言う説もあると紹介した。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170412-OHT1T50211.html

no title


【加藤綾子、「Eカップ?」と単刀直入に聞かれ「はい」と答える】の続きを読む

1: 2017/04/09(日) 12:33:25.50 ID:CAP_USER9
昨年4月末にフジテレビを退社し、フリーに転向したカトパンこと加藤綾子(31)が予期せぬ事態に右往左往している。
最近、古巣のフジ以外のテレビ局出演を解禁したのだが、予想に反し出演オファーがさっぱりなのだという。

「当初は本人をはじめ、所属事務所も各局からさばききれないほどの出演オファーがくると予想していたんです。

ところが、いざフタを開けてみると、きたのは日テレ系『しゃべくり007』に出演した“ご祝儀”で、同じく日テレ系の『アナザースカイ』と『今夜くらべてみました』のみ。
加えて、TBSとテレ朝がそれぞれ1本だけ。当初は『休みが取れなくなったら、どうしよう』とはしゃいでいたカトパンも、いまは黙りこくっています」(芸能プロ幹部)

そこで急浮上しているのが女優への転身だ。そもそも所属事務所は、フリーアナのマネジメント業とは縁もゆかりもなかったという。

「カトパンの所属先『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』は篠原涼子、鈴木杏樹、谷原章介ら俳優陣が有名です。
カトパンがフジ系列の『フォニックス』や多数のフリーアナが所属する『セント・フォース』を選ばなかった理由は、女優転身を最初から念頭に置いていたからだといわれているんです」(前出の芸能プロ幹部)

一見、おっとりしているように見えるが、素は非常にクレバーで計算高いと、古巣のフジでも有名だったという。

「独立を考えるようになった時からフリーアナの未来はないと思っていたようです。女子アナは年齢という賞味期限がある上、いまや供給過多。
今後は女優などの肩書がないと食べていけないと考えていた。だから、俳優業に強い事務所を選択したんです。
ただ、それはまだ、あと数年先のことだと高をくくっていたらしい。
今回、異例の早さで自分の不人気ぶりを知り、正直、落ち込んでいるようです」(フジテレビ関係者)

早くもフリーアナから女優への転身を決意したというカトパン。
俳優業に強い事務所だけあって、ドラマの仕事は次から次に決まり始めたという。

「もちろん脇役が大半ですが、カトパンというキャラを最大限に生かしてくれるドラマを選定している。
今クールでは、フジ系『貴族探偵』や日テレ系『母になる』、さらにTBS系『小さな巨人』に一話限定のゲストとして、内定したみたいです」(放送作家)

数年後、カトパン主演のドラマが始まっているかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/12911276/

no title

【フリーアナ稼業はさっぱり カトパンに“女優転身”急浮上】の続きを読む

このページのトップヘ