吉高由里子

1: 2017/03/22(水) 17:24:02.55 ID:zQj9k40B0 
女優・吉高由里子さん(28)が取った軽率な振る舞いに、インターネット上で批判が集まっている。

吉高さんは朝のニュース番組「ZIP!」(日本テレビ系)にゲスト出演した際、小熊美香アナウンサー(30)に向かって突然、同じくゲストの俳優・坂口健太郎さん(25)の体を突き飛ばしてぶつける行為に出た。
ぶつかった小熊アナは「妊娠中」であると公表しているため、「あれで転んでたら大変だよ」といった声があがった。

吉高さんが突然「どーん!」と言いながら、隣の坂口さんを小熊アナに向かって突き飛ばしたのだ。
小熊アナは転倒こそしなかったが、体がよろけた。
桝アナはたまらず「ああ!」と焦ったように身を乗り出し、不意に体がぶつかった形となった坂口さんは小熊アナに「失礼しました」と頭を下げた。
小熊アナは笑いながら「大丈夫です!」と安心させて見せ、一方で吉高さんは腹を抱えて笑っていた。

「ものすごくヒヤヒヤしたわ」

以前からテレビ出演時やツイッター上の発言について、「天然」「不思議系」などと言われることの多い吉高さん。
今回も「天然」ぶりを発揮したか、あるいは単なる悪ふざけと言えばそれまでかもしれないが、小熊アナは2月17日に同番組内で第1子妊娠を発表していた。
吉高さんがこれを知らなかった可能性はあるものの、形としては妊娠中の女性の体に乱暴をはたらいた結果となり、ツイッター上では吉高さんに批判が噴出した。

「小熊アナって妊婦さんでしょ、、、あれで転んでたら大変だよ、、、知らなかったのかもしれないけどなにしてんだ吉高由里子」
「吉高由里子危なー。小熊アナ妊娠してるのに あんな感じで坂口健太郎押すかよ、普通」
「ものすごくヒヤヒヤしたわ。桝アナも慌ててたね」
「吉高由里子ほんま無理。坂口健太郎くんを押して小熊アナ妊娠しとるのに当てるとかもう人間としてほんと無理、これで小熊アナの赤ちゃんに何かあったら」

http://www.j-cast.com/2017/03/22293671.html?p=all

no title

【吉高由里子が妊娠中の女子アナを突き飛ばし非難殺到、これは懺悔ヌードか?】の続きを読む

1: 2017/02/17(金) 02:31:28.24 ID:/rHZFb2f0 
■「人間的にとんがっていた」昔の吉高由里子

10年前というと、吉高はまだティーンエイジャー。高校1年生の頃、原宿でスカウトされて芸能界入りした彼女は、そのわずか数年後に出演した映画『紀子の食卓』(2006年公開)で、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。早くから若手演技派女優として注目されていました。
そのため、本人曰く「人間的にとんがっていて、周囲への感謝を知らなかった」といいます。

若くして成功を掴んだ者が陥りがちな、自分は特別な存在という全能感。
そんな感覚のまま、好き放題振舞った結果、仕事がなくなったタレントが過去にどれほどいたことでしょうか。

しかし、そんな天狗になりかけていた吉高に、アクシデントが襲います。
2007年9月、オーディションで映画『蛇にピアス』の主演を射止めた翌日、交通事故に遭ってしまったのです。それも、顎の骨を折る全治半年にもなる重傷。そのため、集中治療室へ数日間入り続けることになります。

こうした体験を通して、女優生命どころか、本当の生命の危機も感じたという吉高。
「いかに、周りに助けられていたのかを知るきっかけになった」と後に語っているように、この事故並びに入院経験は彼女にとって、人生の大きな転機となったようです。

■「裸を見ないで撮れるんですか?」蜷川幸雄の前で裸に

この一件で吹っ切れた吉高は、復帰後に出演した『蛇にピアス』で、周囲の度肝を抜く行動に打って出ます。

それは、衣装合わせのときのこと。彼女は監督を務めた故・蜷川幸雄に「ほとんど裸の映画なのに、裸を見ないで撮れるんですか?」と発言。
そこで蜷川が「じゃ、見せて」というと、更衣室へ行って躊躇なくパっと素っ裸に。「あ、大丈夫、大丈夫、撮れる、撮れる」と、逆に世界の蜷川を狼狽させたというのだから、その思い切りの良さたるや、たいしたものです。

http://www.excite.co.jp/News/90s/20170217/E1487227333176.html

no title

no title

【吉高由里子がヌード披露 濃厚ラブシーンを演じた伝説の映画『蛇にピアス』】の続きを読む

このページのトップヘ