アメリカ

1: 2017/02/11(土) 18:10:04.374 ID:jTVs6Y/V0
大学 

米国 
no title

no title


日本 
no title

no title


高校

日本 
 
no title


米国 
no title

no title



日本、まともじゃない

【日本とアメリカの女子高生・女子大生を比べるととんでもないことに気づくよな】の続きを読む

1: 2017/01/31(火) 15:05:58.36 ID:OoixZCB46
人気巨乳モデル、“売春婦”と呼ばれた過去を明かす

高校を17歳でドロップアウトしているシャーロットは、フロリダ州マイアミの情報誌「オーシャン・ドライブ」のインタビューで高校時代のつらい思いについて語った。
「明らかに私は、女性より男性側の注目を集めていたわ。女友だちはいなかった。たくさんの友だちは男性で、私は多くの人に“売春婦”と呼ばれていたわ。
若いときから胸は大きくなっていて、どういう服を着て、どう振る舞えばいいか全くわからなかったの。間違いなく気まずかったわ」。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1772155.html

no title

【人気巨乳モデル 「私が巨乳すぎて、女の嫉妬にあい女友達は1人もおらず、「売春婦」と言われた」】の続きを読む

1: 2017/01/16(月) 09:52:57.83 ID:CAP_USER9
2010年10月の日本初上陸以来、「フーターズ」は大阪や名古屋でも開店してすっかり定着した感のあるコンセプトレストランだが、本場アメリカではフーターズ以外にもいくつかのチェーンがあり、総称として「ブレストラン(breastaurant)」と呼ばれている。
意訳すれば“おっぱいレストラン”ということになるだろうか。
このブレストラン市場は今も意外ほどの成長を続けているという。

■テキサス州のローカル“ブレストラン”が全米進出へ

日本でもアメリカでも総じて低迷しているといわれている外食産業だが、何故か元気なジャンルなのがこのブレストランで、ここ数年でも毎年5%程度の成長が続いているといわれている。
そして今後も成長が見込まれるアメリカのブレストラン市場にまた新たな動きが起こっているようだ。

現在、米・テキサス州で4店舗が営業中のブレストランチェーン「Bombshells(ボムシェルズ)」は、ウェイトレスのミリタリー系の露出コスチュームが特徴なのだが、今年からは遂に“侵攻作戦”を開始する。

「New York Post」紙によれば、Bombshellsの売り上げは昨年第4四半期に10.5%の上昇を見せ、同店を経営するRCI Hospitalityの株価は40%近い高い伸びを記録したという。
この余勢を駆って、同レストランは地元テキサスの垣根を越えて全米へ進出する計画を温めているという。
なんと今後5年間で100店舗にまで急拡大するチェーン展開が練られているのだ。

いままで4店舗だったレストランを100店舗にまでチェーン展開するというのは率直に驚くべきことだろう。
この強気の経営戦略はいったいどこからくるのか? その背景にはもちろんブレストラント業態全体の好調さがあるのだが、事業拡大を判断させるもうひとつの大きな要素に「トランプ現象」があるということだ。

「我々は偉大なるアメリカを再興する」を旗印に米大統領選を戦い抜いたトランプ氏だが、第二次世界大戦当時の“強いアメリカ”をテーマにしたこのBombshellsのコンセプトが「トランプ現象」に実によくマッチしていて、チェーン展開の追い風になっているという。

「アメリカ大統領選はこれまでのところ我々にとってとてもポジティブに作用しています」と同社CEOのエリック・ランガン氏は「Business Insider」に話している。
トランプ氏の当選から株式相場や為替市場が大きな動きを見せていることはご存知の通りだが、このBombshellsにとっても“トランプ効果”が波及していることは間違いないようである。
Bombshellsをはじめとするブレストラン業態が今年さらに盛り上がりを見せるのか注目したい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170116-00010001-dime-bus_all
@DIME 1/16(月) 7:30配信

no title

no title

no title


 

【なぜ全米で“おっぱいレストラン“が急増しているのか?】の続きを読む

このページのトップヘ