不倫

1: 2017/04/07(金) 16:02:34.86 0
 SUといえば歌手・大塚愛(34)の夫としても知られている。ところがこの日、彼の隣に寄り添っていたのは妻の大塚ではなかった――。

 彼と連れ立って歩く美女は人気モデル、江夏詩織(21)。
現在、SUは22歳下の彼女に夢中なのである。

 本誌が二人のツーショットを捉えた同日、SUはクリエイターの箭内道彦(52)がプロデュースする地域限定ラジオ『渋谷のラジオ』に日替わりDJとして出演していた。
その番組に、あろうことか江夏をゲストとして連れて来ていたのだ。番組が始まって早々、

SUは、「実は友だちを呼んだんだよ。スタジオに遊びに来なよって声をかけたんだ」

 と、江夏を紹介。あくまで軽いノリで、友人を連れてきたとアピールしていた。

 ところが番組終了後、出待ちをしていたファンへのサービスを終えたSUは人目を憚るように江夏とタクシーに乗り込んだ。
そして目黒区内のフレンチバルで食事を済ませた後、深夜1時過ぎになって彼女の自宅に姿を消したのだった。
 
 本誌最新号では、二人の不倫愛の詳細を報じている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170407-00010000-friday-ent

no title

no title

【43歳のオッサンが美女の人気モデル(21)の自宅に泊まり込みwwwww】の続きを読む

1: 2017/04/07(金) 01:26:15.23 ID:CAP_USER9
女優の濱松恵(34)が6日、ニコニコ生放送「女優濱松恵の言い訳先生」に出演。
お笑い「トリオ東京03」の豊本明長(41)との関係を生告白した。

この番組は濱松は写真週刊誌「フラッシュ」で報じられた豊本との熱愛騒動についてぶちまけるというもの。
同誌は豊本が女子プロレスラー・上林愛貴(40)と事実婚の状態にあることから“不倫”と報じたが、濱松はそれに反論した。

2人は知人を介して知り合い、連絡先を交換。当初はLINEでゲームについてトークしていたが、豊本から食事の誘いがかかったのだという。
過去に流産の経験がある濱松は豊本に「子供は欲しい?」と聞かれ「産むつもりだった」と答えた。すると豊本は「じゃあ子供をつくろう」と避妊は一切しなかったという。
豊本は上林との関係について「入籍していないし、俺は独身」と結婚するつもりはないと言い切り「妊娠すれば、いいきっかけになる。
責任を取るという形が取れる」と、豊本は上林と別れるつもりで、濱松と子づくりに励んでいたというのだ。

濱松は先月30日、自身のブログで豊本が「(上林とは)ただのビジネスパートナーだから仕方なく一緒に暮らしてるだけと言ってた」とつづった。
この日明らかにしたのはさらに突っ込んだ内容だった。

「彼女(上林)が北海道にリングを置いている。彼女は収入がなく、その事業資金は全て豊本さんが出している」というのだ。
豊本自身はプロレスに関するコラム執筆などを抱えており、上林と別れると「プロレスの仕事が切られて(なくなって)しまう」と危惧。
また「あと1~2年、彼女が引退するのを待つ」とも話したという。これが豊本のいう「上林とはビジネスパートナーの関係」の実情だというのだ。

濱松は「不倫」「略奪」と言われることを改めて否定。それから「芸人さんが(豊本さんを)かばっているようですが、私が知っていることを言ったら困る人がいますよ。
その人もやっているのに…」と発言。豊本の前に交際した、“その人”は「日本中誰もが知っている人」で、共演の「ぶる」(webクリエーター)に耳打ちしただけで正体は明かさなかった。

また、豊本と温泉旅行で箱根に行く準備もしていたが、今回のフラッシュの熱愛報道で自然消滅したという。

濱松はブログやテレビのインタビューでは言いたいことが伝えられないとニコ生で「豊本との関係」を話しまくった。豊本は騒動後発覚後に謝罪と上林との関係を修復する意向を示したが、今回の濱松発言にどう答えるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000067-tospoweb-ent

no title

【東京03豊本の不倫相手・濱松恵が生暴露!「子供をつくろう」「妊娠すればいいきっかけになる」】の続きを読む

1: 2017/04/01(土) 08:20:22.66 ID:CAP_USER9
30日発売の「週刊文春」で渡辺謙と36歳の元ホステスとの不倫疑惑が報じられた。

この報道で渡辺謙のイメージは大きく失墜してしまっている。
自身がCMキャラクターをつとめている大和証券は、HPからCM映像を削除。
今回のスキャンダルを受けての措置であるとの報道もあった。

芸能界でも、様々な意見が飛び交っているが、そんな中、31日に渡辺謙の娘である女優の杏が「METoA Ginza」の1周年記念発表会に出席。
父の不倫疑惑について報道陣から質問が飛ぶも、無言で会場を後にしている。

「杏はかなり怒っているようです。自身も双子の母になったことから、今回のようなスキャンダルには、敏感になっている。
いまだに渡辺謙とこのことについては会話がないようです」

今回のスキャンダルで、渡辺謙は娘との間にも亀裂を生んでいるようだ

http://news.livedoor.com/article/detail/12876135/

no title


【杏、父・渡辺謙の不倫報道に大激怒】の続きを読む

1: 2017/03/31(金) 10:51:33.52 ID:TkDhGcGi0
今週発売の写真週刊誌『FLASH』で、「二股交際」が報じられたお笑いトリオ・東京03の豊本明長(41)が29日深夜、自身のツイッターを更新し、騒動を謝罪。
婚約中の女子プロレスラーのミス・モンゴルこと上林愛貴(40)を「裏切らないようにしていきたいと思います」と思いをつづった。
記事によると、豊本は婚約中にもかかわらず、昨年11月に知人の紹介で知り合った女優の濱松恵(34)と交際に発展。
2人がやり取りしていたLINEの画像が誌面に掲載された。
沈黙を続けていた豊本だったが、29日に「この度は、お騒がせしてしまいまして大変に申し訳ございませんでした」とツイッターで謝罪し、「これからは、関係者やファンの皆様、仲間や友人、そして、上林愛貴を裏切らないようにしていきたいと思います」と決意を新たにすることを宣言した。

no title

no title

no title
no title

【お笑いトリオ「東京03」豊本が不倫アナル舐めLINE流出を謝罪】の続きを読む

1: 2017/03/07(火) 20:06:38.04 ID:CAP_USER9
 「マギーって誰?」ネットでも知名度ではベッキーと明らかな差をつけられている。
ロックバンド・Hi-STANDARDのボーカル・横山健(47)との不倫を暴かれたマギー(24)は、報道スルーの不誠実対応でファンやテレビ視聴者から怒りの声が止まない。
不倫疑惑にもスルーならば、レギュラー番組を降りる気配もないからだ。
 「1月に横山健との交際が写真週刊誌『フライデー』の報道で発覚。横山には、2人の子供がいる上に年齢は23歳差。同じハーフタレントであるベッキー不倫騒動が覚めやらぬ中でのスキャンダルに周囲は呆れました。聞けば横山は愛妻家で知られ、周囲に奥さんのことを話すほどの仲。つまり、もし不倫が本当だとした場合、完全にセックスだけの遊びの関係だったことは明らかですね」(写真誌記者)

 しかし、驚くのはその後。
これほどの醜聞にも、マスコミ各社は一斉に不倫報道をしなくなったのだ。
 「事務所の力です。男性誌には格好のネタなんですが、マギーが所属する事務所とは、付き合いがあるところが多い。テレビやスポーツ紙はもちろん、女性誌も、マギーがモデルで出ているところが多数ある」(スポーツライター)

 マギーといえば、昨年8月、バンド『ORANGE RANGE』のボーカル・YAMATOとの交際も発覚した。
 「横山とYAMATOは一時期交際がダブッているなど二股疑惑もある。ベッキーや清水富美加以上のスキャンダルにも拘わらず、取り上げられませんでした」(芸能ライター)

 現在、マギーは『バズリズム』(日本テレビ系)のMC、『ヒルナンデス!』の月曜日担当で出演中。
しかし気になるのは、不倫となればスポンサーも黙っていないはずなのに、なぜ降板されないのか。
 「まもなく改編期だからです。マギーもダンマリを決め込み、このまま隠し通そうとしていますが、実はスポンサーは3月で彼女を切って違約金を請求するという話も聞こえてきます。テレビも、あえて黙認しているとか」(芸能記者)

 さらに、彼女の不倫疑惑のスルーも、このままで終わらないという見方も強い。
 「違約金が発生した場合、男性誌は一斉に報じる。彼女のタレント価値がさらに下がるのは必至です。結果、商品価値がなくなれば当然、謝罪ヌード写真集を発売する可能性は大。すでにネットでは、『脱いで誠意を見せろ』『本番AVに出ろ』などといった過激な書き込みが多い。彼女は剃毛を公言しているだけに、もしAVに出演したら、ツルツルSEXになる。大ヒット間違いなしですよ」(同)

 懺悔“パイパンヌード”を晒す“Xデー”はもうすぐ、との情報はかなりの信ぴょう性を持っている。

2017年03月07日 20時00分
http://wjn.jp/article/detail/2520505/

QSqs9106


【不倫スルー女・マギーが懺悔の“パイパンヌード”を世に晒す“Xデー”】の続きを読む

このページのトップヘ