実話

1: 2017/06/21(水) 05:29:07.40 ID:CAP_USER9

no title


 「優しくしてやってください!」と懇願するフリーアナの田中みな実(30)の服の上からバストトップに洗濯バサミをつけ、勢いよくそれを引っ張った。その瞬間、田中アナは「あんっ!」と苦笑しながらピクッと反応した。田中みな実が、テレビで“公開乳首責め”を受け、アクメ顔を浮かべる前代未聞のエロ放送事故の瞬間だった。
 「6月2日深夜放送の、みな実と有吉弘行がMCを務めるTBS系『有吉ジャポン』でエロ事故は起きました。女お笑いコンビ『尼神インター』の誠子が両乳首に洗濯バサミをはさみ、相方の渚が引っ張るという持ちネタを披露。その流れから、有吉の勧めでみな実が挑戦することになったのです。彼女も拒否せず、うれしそうに洗濯バサミを挟まれました」(放送記者)

 田中は、こうなることを計算していたのか、胸から上がシースルーという、やたらセクシーな服装だった。
 「みな実は“やさしくやってください”と言いつつも、自ら巨乳を突き出すなど積極的。渚から洗濯バサミを両乳首部分に挟まれると官能的な表情になり、磔にされているかのごとく両手を上げたのです。洗濯バサミは一見、乳首近くの服の布地だけを挟んでいたかのように見えましたが、実際は乳首も挟んでいたとの見方が有力です」(同)

 田中はガチで感じていた可能性もあるという。
 「洗濯バサミを両乳首から一気にヒモで引っ張ると、のけぞるようにエクスタシー顔になり“ウッ”とあえぎ声を上げた。ひざから崩れ落ちるようにうずくまり、胸の谷間まで披露。まさにイッたあとの女です。『いやだ~お嫁にいけない』と赤面していましたが、実際はドMの彼女のこと、“公開乳首責め”に本気で感じたはず」(芸能ライター)

 そんな田中、エロ事故を起こしたのには理由がある。
 「彼女はオリエンタルラジオ藤森慎吾と'15年に破局し傷心状態になりました。昨年11月のテレビ番組では“来年結婚して妊娠する”とぶちまけて関係者を騒然とさせるなど、完全にヤケクソモードになっています。今回の公開乳首責め披露も、エロに対しての開き直りの行動ですね」(芸能関係者)

 そんな彼女の奇行に、「AV転向説」まで流れている。
 「田中は'15年12月のテレビ番組で“Dカップ以上”宣言をしています。また青学大時代、自主製作映画でラブホでの下着姿シーンを演じたこともある。実は今、写真集か映画での“失恋ヌード”披露話が進んでいます。そればかりか、一部AV関係者が田中サイドに接触している。1作限定でのAV出演を持ち掛けているというのです」(女性誌記者)

 「みんなのみな実」は、Dカップ乳首バサミで“ドM”AV宣言ですか。

http://wjn.jp/article/detail/5620106/

【田中みな実、Dカップ“乳首責め”に「いやだぁ~」って…表情はエクスタシーですけど】の続きを読む

1: 2017/06/19(月) 13:00:49.57 ID:bIchwfVh0
 理化学研究所の小保方晴子氏(31)が究極の岐路だ。研究者として追放が囁かれる中、「懺悔ヌード交渉中」との新情報が伝わってきた。
一部マスコミなどは研究者として完全終了。
“懺悔ヌード”を公開し、出直すべきだとしている。

 「小保方さんの所在に関しては、最低でもすでに写真集系の出版社3社がつかんでいて接触中だとか。文字通り裸一貫の再出発です。
笹井氏の自殺に大きなショックを受けていることはわかるにしても、もともとは自分が蒔いた種。STAP細胞がなければ脱いで詫びるのも当然。下世話だとする声はありますが、正論」(大手出版社幹部)

 となれば、仮に彼女が承諾した場合の内容だ。
「セクシーグラビアなら懺悔告白も付けて10ページで1000万円。
写真集なら手ブラの白パンティーで部数20万部、ギャラ1億円。目下3社の争いですが、5社ぐらいになる予定。
Eカップ巨乳バディは抜群で、STAPに劣らない話題になるでしょう」(同)

 ヌードはあります!

http://wjn.jp/article/detail/2741573/ 

no title



【小保方晴子さん、1億円“懺悔ヌード”3社競合へ】の続きを読む

1: 2017/06/18(日) 14:33:11.81 ID:CAP_USER9
中出しSEXしたい女子アナ1位は、やはりダントツ人気の“カトパン”こと加藤綾子(32)だった。

 女子アナ界のトップに君臨すること約10年。昨年4月、フジテレビを退社しフリーになった彼女は、司会のみならず、グラビア出演など活躍の幅を広げている。そんな今の活動に賛否両論はあるが、カトパンに対する男性票の多さは不動だ。

 「小顔で巨乳。しかも細い手足は、そこらにいる中途半端なモデルなどお呼びではない。とくに、自身もテレビで公表したEカップ巨乳は健在。彼女と中出しSEXをしたい男は、星の数ほどいるでしょう」(女子アナライター)

 カトパンは、昨年から「彼氏いません」「募集中」など、メディアで堂々と公言。たしかに、局アナ時代は男性関係に関してスクープされたことが一度もない。

 「学生時代はホストと付き合い、すでに80人斬りしたとの噂も出ましたが、社会人になってからというもの、決定的なスキャンダルはキャッチされていない。業界内では、“完全本処女”と言われていますよ」(スポーツ紙記者)

 そんな彼女だからこそ、男たちの妄想も止まらない。
 「中出しSEXも最高だけど、あのエッチなお口でのフェラサービスで、射精してみたいタイプの顔です。半年間くらい溜めて一気に放出、大量の精液に、むせ返る彼女の表情が見てみたいです」(広告デザイナー)

 2位は、テレビ東京の大江麻理子アナ(38)がランクイン。大江アナは、'14年にマネックス証券の創業社長・松本大氏(53)と結婚。今や、総資産100億円以上といわれる超セレブアナだ。
 「大江アナは、結婚するまで男性の噂がなく、本人も『相手がいないのよ~』と、まったく興味がなさそうな素振りだったんです。ところが、松本氏と出会うと1年も経たずに結婚。局内では、“しょせん金か”と、裏切られた怒声が続出した」(テレビ局関係者)

 大江アナは、かつて「お嫁さんにしたい女子アナ」ナンバー1と呼ばれるほどの人気。現在、情報番組『ワールドビジネスサテライト』のMCを務めているが、品のよさは変わっていない。
 「番組が終わって、すぐ帰っても深夜1時過ぎ。夫婦の性生活は大丈夫なのか心配になりますね。もし、セックスレスで欲求不満なら、僕が代わりに夫婦の寝室で、中出しSEXしてあげたいです」(雑誌編集者)

 3位は、テレビ朝日の竹内由恵アナ(31)だ。カトパンとのフジテレビ入社争いに敗れ、テレビ朝日に入ったものの、しばらくは目立った番組はなし。しかし、'15年3月、局の看板番組である『スーパーJチャンネル』のMCに抜擢されるや、一躍、人気者となった。
 「上司とのスパ密会や、巨人・片岡治大との交際疑惑など、男関係の脇が甘過ぎで、それが原因で出世が遅れたのは事実です。

しかし、“男断ち”を一部写真誌に宣言したことで、出世路線に乗った。これまで顔が可愛いだけでしたが、三十路になってからというもの、二の腕がムッチリして、胸も巨乳化。今、彼女はとても素敵なエロ香を出していますね」(雑誌芸能記者)

 仕事一途の“男断ち”をしているだけに、今は本命らしき相手はいないのか。
 「本命の噂は聞こえてきませんが、最近の彼女は、画面から見ても妙に脂ぎっていると評判です。セフレがいるかは分かりませんが、間違いなく“精子ほしい”っていう欲求不満の顔をしていると、ネットでは話題になっている。彼女が口を半開きのときなど“ラブドール”を想像してしまいます。“子宮”に注入すべしです(笑)」(ネットライター)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13217347/

no title

no title

no title


【【画像】人気女子アナ「中出しSEXしたい」ランキング 業界関係者300人アンケート!】の続きを読む

1: 2017/06/17(土) 18:17:49.24 ID:CAP_USER9
 美少女アイドルの橋本環奈(18)に、いよいよセクシー写真集の話が持ち上がってきた。本誌Aデスクも「即、買いに走る」と意気込んでいる。
 「環奈は、3月に福岡の高校を卒業後、東京中心の芸能活動を始めるようになりました。事務所の意向で大学を断念したということですが、極秘で進学したという話もあります。演劇に強いN大学とM大学に彼女がいたとの目撃情報があり、まだまだ進路から目が離せません」(芸能ライター)

 ただ、芸能活動といえば、彼女は東京に進出後、「思ったほどブレイクしていない」という声があるのも事実。7月からフジテレビ系のドラマ『警視庁いきもの係』にヒロインとして抜擢されたが、イマイチ話題にはなっていない。
 「高校を卒業したのですから自由にグラビアはできる。ところが、アイドルなら必ず出すといわれるお色気系の露出をまったくやっていないのが難点。セクシー写真のお披露目はアイドルにとっての起爆剤となるのに、環奈は、自らその機会を作っていない。非常に損だと思います」(同)

 橋本は人気が全国区になった高校時代から現在に至るまで、一度も水着を披露していない。それだけに、彼女のボディーを巡って出版社が水面下で蠢いている。
 「今、写真集を出している出版社のターゲットは間違いなく橋本です。彼女を狙っているのは、大手2社だとされます。最低でも水着写真集を出せばバカ売れ確実。手ブラなら20万部は売れると想定されます」(グラビア雑誌編集者)

 折しもこの6月1日、『乃木坂46』の白石麻衣が発売したセクシー写真集『パスポート』が20万部超えを記録。今年度上半期の写真集売り上げでトップになったことが明らかになった。
 「橋本は身長152センチと小柄ですが、バストは、今や85センチ以上のDカップ級とされ、そのボディーはセクシーそのもの。彼女が写真集を出せば、白石を間違いなく上回るはず」(同)

 ルックスは「1000年に1人の美少女」といわれるほどの折り紙付き。
 「通常、写真集は刷り部数のパーセンテージでギャラが払われますが、橋本には最低保証1億円で交渉中とのこと。ただ、その条件は、水着のワレメ食い込みが大前提。現在、激しい争奪戦が繰り広げられている」(写真集編集者)

 1000年に1人の“食い込み”披露か!

http://wjn.jp/article/detail/8743900/

no title



【橋本環奈、Dカップ乳のセクシー写真集2社争奪戦】の続きを読む

1: 2017/06/16(金) 19:00:14.17 ID:CAP_USER9
 今こそ“脱ぎ時、見せ時”だ。女性としての魅力の完成形が出来上がっている。

 女優の大島優子(28)が5月31日に都内で開かれたマクドナルドのキャンペーン『ビッグマック祭り』の発表会に出席した。
 「大島は新CM『ずっと好きだった編』に出演しています。オファーが来たときには“ビッグマックが本当に好きなので、すごくうれしかった”と笑顔を見せていました」(芸能記者)

 CM撮影時のエピソードを尋ねられると、「一口ずつカットを撮るので、ずっと“お預け状態”でした。全部食べられなくて欲求が溜まりましたが、撮影後に2~3個いただきました」と、“優子スマイル”で振り返った。
 「彼女はプライベートでも食べることが大好き。口いっぱいに頬張って食べるのが好きなんです。いわゆる“B級グルメ”で、マックも大好物。ビッグマックとフライドポテトの組み合わせがお気に入りです」(芸能関係者)

 ちなみに、ビッグマックのエネルギー量は3個だと1590カロリーとなり、体形維持が気になるところだが、大島は、「さっきも楽屋で歌ったり踊ったりしてきました。ドラマの撮影でも、楽屋で歌って踊って暴れたりしています。汗をかいて消費しているので、太ったりすることはありません」と明かす。

 また、“祭り”の思い出を聞かれると、「浴衣が大好きで6着持っています。でも、着るとアクティブに動いてしまって毎回破れます」と、照れ臭そうに話した。
 「破けるところは、いつもおっぱいかお尻の部分らしいです。相変わらず、セクシーバディは健在ですね」(テレビ局関係者)

 そこで取り沙汰されているのが大島の“フルヌード”。'14年発売の写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)のイベントで、「脱ぐのは全然構いません。女優として、別に抵抗はありません」と断言している通り、大島にはかねてから“見せたい”願望があった。
 「浴衣のエピソードにしても“張り”があることを十分に証明しているし、年齢的に見ても三十路前で、まさに今年が脱ぎ時です。『AKB48』時代は、楽屋では常に全裸で、大島の裸を見ることが“選抜メンバーの証”と言われたほどでした。自分のスタイルに自信があり、人前で脱ぐことに抵抗がないんです。すでに、一部出版関係者が動いているとの情報も流れています。実現すれば、億単位のビッグビジネスになることは間違いありませんね」(芸能レポーター)

 昨年公開された映画『疾風ロンド』の初日舞台挨拶では、“黒いブラジャー”が透ける白いニット姿で登場した大島。
 「業界内からも、フルヌード熱望の声が数多く上がっています。皆、見たがっているんです」(ワイドショー芸能デスク)

 AKB時代、大島は自慢のおっぱいを楽屋でよく見せびらかしていた。
 「題して“大島優子・ストリップショー”。“スッポンポン”は当たり前で、腰を高速で前後にピストンさせて、後輩たちにセックスを連想させたりするところから、“セクハラ露出おばさん”と呼ばれていました」(芸能ライター)

 もちろん、そのボディーは今も健在だという。
 「自宅で入浴後、鏡の前で足を大きく開脚する“全裸ストレッチ”で、体形チェックに余念がないようです。おっぱいは釣り鐘型のFカップ乳で乳首は桃色。お尻は“ビッグな白桃”のようで、見ているだけでフル勃起し、自然にヨダレが出てくるそうです」(同)

 乳も尻も熟れ熟れ状態! 大島も夜な夜な狂おしい肉体を持て余していることだろう。今こそ「脱ぎやがれ」。

http://wjn.jp/article/detail/5625394/

no title


【大島優子、乳も尻も熟れ熟れ! “肉体完成形”の今こそ「脱ぎやがれ」】の続きを読む

このページのトップヘ