枕営業

1: 2017/07/07(金) 01:36:28.54 ID:CAP_USER9
グラビアアイドルの森下悠里(32)が6日深夜放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演し、グラビア界での“枕営業”の実態を告白した。

ゲスト出演した森下は「グラビア界で枕営業の話って、昔からあると思うんですけど、12年間(グラビアを)やっていて思うのは、確かに一部ではいまだにあるなあ」と切り出した。

MCのネプチューン・名倉潤(48)は「枕営業って誰と寝るの?」と質問。
森下は「偉い方。決定権のある方です」と返答し、実際にオファーされた過去があると告白した。

「デビュー当時の二十歳になって間もないころに、ある有名な出版社の名前を言われて、そこで『写真集を出したいよね?』と言われて『出したいです』と答えました。『じゃあ打ち合わせに行こうか』と言われて、大きな会社に行くのかなと思っていたら、ホテルのスイートルームに連れて行かれたんです」

生々しい告白は続く。
「そこにバスローブを着たおじいさんが座っていたんです。そして『どうするの?』と言われて…気がついたら私を連れてきた人はいなくなっていたんです」

これには次長課長・河本準一(42)や華原朋美(42)ら出演者は「え?」「こわっ」。
名倉から「それでどうしたの」と聞かれた森下は「ちょっとお手洗い行ってきますとウソをついて、バッグを持って逃げました」。
森下が体験したリアルすぎる手口と危機脱出に出演者は驚きの声を上げるしかなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170707-00000001-tospoweb-ent

no title



【グラドル森下悠里、自ら体験した「枕営業の手口」を衝撃暴露】の続きを読む

1: 2017/06/28(水) 12:43:39.76 0
ついに、芸能界の“都市伝説”として昔から存在がウワサされる「枕営業」の実態が明るみに? 
6月23日に放送されたバラエティ番組『全力!脱力タイムズSP』(フジテレビ系)にて、芸能レポーターの駒井千佳子が枕営業していたアイドルグループの名前を明かし、アイドルファンが騒然となっている。

「番組では『芸能界 裏事情大暴露』と題して、枕営業に関する話題を取り上げました。
そこで、ゲストの駒井氏が『あるアイドルグループが解散した理由は、枕営業に対する考え方の違いだった』と仰天暴露。
なんと、メンバーの中に枕営業の推進派と否定派が存在し、その対立が解散を招いたというのです。
MCのくりぃむしちゅー・有田哲平が『それは有名なグループですか?』と尋ねると、規制音が重なったものの実名を明かし、スタジオが騒然となりました」(テレビ誌ライター)

放送後、視聴者の間で、さまざまな臆測が飛び交う事態に。中でもネット上では、2つのグループに予想が集中したという。

「ひとつは、2015年に活動停止した『アイドリング!!!』です。
元メンバーの菊地亜美や大川藍は現在もテレビで活躍中ですが、メンバーの入れ替わりが激しかったことから、“内部でそういう事情があったのでは?”と疑惑が持たれたようです。
もうひとつは、“最近解散したばかり”というヒントと駒井氏の口の動きから、6月12日に解散コンサートを行った『℃-ute』が浮上。
出演者たちが、グループ名を聞いて異常に驚いていたことから、ネット上では『℃-ute』が最有力視されているようですね」(芸能記者)

真偽は不明だが、視聴者の多くが“芸能界の闇は、現在も存在している”と感じたことだろう。

http://www.cyzo.com/2017/06/post_33356_entry.html 

no title


【「アイドリング!!!」か「℃-ute」か? “枕営業”で解散したアイドルグループ暴露にファン騒然!】の続きを読む

1: 2017/06/27(火) 18:20:03.28 ID:CAP_USER9
「名刺交換から始まるフリースタイルバトル」を掲げる「社会人ラップ選手権2017」が25日、都内で開催された。大手企業社員とベンチャー企業社員が火花を散らせば、育てたコメへの愛を農家が訴える。さらには、グラドルがシレッと枕営業の存在を明かすなど、大波乱の展開に。大会は3回目となり、自らの生きざまを即興ラップでぶつけ合う“真の異業種交流会”は回を重ねるごとに大きくなっている。

 参加者の条件は「社会人」(学生、無職は不可)。農家、証券マン、医者、企業の財務担当など幅広い業種の社会人16人が、トーナメント方式で自らの仕事にまつわる生きざまを即興のラップでぶつけ合った。

 VR(仮想現実)開発のベンチャー企業に務める男性はマウントディスプレーを頭に装着して「仮想現実もリアルだ。人類を次のステージに押し上げる」と仕事へのプライドをアピール。対する大手IT企業の男性営業職は返す刀で「そのデバイスの半導体作ってんのは、うちの会社だぞ」と鮮やかに切ってみせた。

 真剣な生きざまをぶつけ合うからこそバトルはガチだ。芸能界で働く者同士の戦いでは枕営業の存在まで暴露された。AbemaTVの「妄想マンデー」から参戦したグラドルの白川未奈(29)は、バラエティー番組の男性AD相手に普段言えない“本音”をぶつけた。Hカップ乳を揺らしながら「枕営業があるのは事実。だけど、おまえには関係ない。このADが!」と爆弾発言! 大会の審査員を務めた元AKB48の平嶋夏海(25)は「こんなにぶっちゃけて大丈夫なの?」と冷や汗を流した。

 白川は勝負には負けたが、笑顔を作って「ぜひディレクターさんになって、このご縁を機会に番組で使ってください」とADに営業をかける姿は仕事に貪欲な社会人のかがみ。本紙に「普段は使っていただいてる方にボロクソ言うのは爽快! 枕営業もある…かもしれないけど、ADさんにはヤラせないぞという私の決意を出せた」と満足げに語った。

 社会人ラップは名刺交換から始まる。バトルをきっかけに仕事が生まれることも。フリーターが大手家電メーカー人事担当とバトルした縁から就職面接を受けたり、映像会社社員と写真家が共同で仕事をしたりと、異業種交流の場としても機能している。

 何よりの魅力は、ラッパーが語る仕事への苦労と楽しさに共感できること。広告デザイナーの男性は「金曜に発注を受けた仕事を月曜までに仕上げる」と土日を潰す悲哀を披露。同じ経験をしてきた社会人の観客も歓声を上げて反応する。

 優勝したユースリーさん(24=小売業)は「サイファー(※ラッパーが公園などに集まってラップし合う、フリースタイルの練習のようなもの)では、すぐ『死ね』とか言ってくる相手がいる。こっちの場のほうがいい」。

 ヒップホップ特有の“柄の悪さ”は社会人ラップでは薄め。社会のマナーを身につけた大人たちの遊びは支持を集め、回を重ねるごとに大会の規模は大きくなっている。いずれ、社会人出身のスターを出すことが期待される。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13257704/ 

no title


【グラドルさん、Hカップ乳を揺らしながら“枕営業の存在”暴露!】の続きを読む

1: 2017/06/20(火) 12:22:54.04 ID:CAP_USER9
6月14日に放送されたバラエティ番組「業界激震!?マジガチランキング」(AbemaTV)にて、10代の男女643人に訊いた「枕営業していそうな女性芸能人ランキング」が発表された。
同番組では、若者からのリアルな意見が多く飛び交ったという。

「番組では、枕営業をしていると思う芸能人の名前を、街頭インタビューにて聞き取り調査。

1位は『してても違和感がない』との理由で壇蜜、2位が『すぐ股を開きそう』などの意見があがった橋下マナミでした。

他は5位に艶系女優に転身した坂口杏里。
7位と10位はグラビアでも活動する、おのののかと手島優。
また8位には、スキャンダルが多くて男好きのイメージがあるという理由で、女優の広瀬すずがランクインしました」(テレビ誌記者)

さらに番組中ではMCのカンニング竹山が、「枕営業したことあるタレントさんと何人かしゃべったことある」と暴露。芸能界に蔓延する枕営業の実態についても語ったのである。

「タレントの名前こそ明かしませんでしたが、竹山によると枕営業をしている女性は『結構いる』とのこと。
彼が実際に話を聞いたというタレントは『結局、枕営業をしてもしっかりとした仕事はくれない』『バラエティ番組で商品を運んでくるようなバニーガールの役をもらっただけ』と、枕営業による見返りは少なかったと嘆いていたそうです」(前出・テレビ誌記者)

今回発表されたランキングは、あくまで10代のイメージではあるが、やはり妖艶な雰囲気のあるタレントやグラドルは、どうしても枕営業の印象が付きまとってしまう、というのが、枕営業を巡る「実態」だったようだ。

https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_83235/

no title


【カンニング竹山「枕営業をしている女は結構いる」 芸能美女「枕営業」に関する「実態調査」の衝撃中身】の続きを読む

このページのトップヘ