2004年07月05日

Linuxを萌え萌えにカスタマイズする「ぽえりな」

HMXさんで紹介されているが、同人サークルふみふみキックの中に人によって「萌えカスタマイズ」にこだわったぽえりなが7月2日に発売されたようだ。
-

CDから起動するKNOPPIX日本語版を萌えカスタマイズしたCD-Linuxも付属しているので、本を買ってすぐに萌え環境を楽しむことができる上に、GNOMEやGTKのテーマの作り方としてはなかなかよくできた解説書らしい。

ぽえりなでのコメントによると
「技術書漫画初(多分)の迫力ある見開き描写」とか
「一章一章別のテーマを扱っているのに後半だんだん盛り上がりながら、あまつさえヒキで終わる章もある。週間連載じゃないのに(笑)」

Liunxで萌えキャラを挿絵に使った本はいろいろでているが、Linuxで萌えそのものを実践する本はおそらく初の試み。面白そうだが、LAOXザ・コンでは見つからなかったぞ。

アキバBlogトップページへ
この記事はよもやま[2004] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/3871708
この記事へのトラックバック
 最近、萌え本が多いですが、見た目に騙されたらダメです。
ぽえりな【FreeHOUSE-千歳日記】at 2004年07月05日 11:45
アキバBlog(秋葉原ブログ)さんより。 7月3日にぽえりなというLinux(GNOME、GTK)のデスクトップテーマについての本が出たそうです。 えーと、Linuxの萌えデスクトップカスタマイズ指南書、なのだそうですよ。 漫画で解りやすく解説してあるので、普通にカスタマイ
萌えるリナックス?【たまに興味を示すこと。Replay】at 2004年07月10日 12:30