2004年04月19日

「CATVを面倒な契約なしで見れる機械」で返品OKの商売している店がある




92219a88.jpgCATVを面倒な契約なしで見れる機械はアキバの数店舗で売られているが、秋葉原MADでは、もしも自宅で使った際にCATVを見ることをできない場合は返金してくれるそうだ。クリックで画像拡大する。


親切なサービスのように見えるが、ズルイ販売方法だ。








-







<4/26追記>





「秋葉原 MAD 店長 池田 敏氏」からのコメント書き込みによると





お客様の 氏名 および CATV局名は 商品お買い上げ後3日を経過した後は いっさい 当店に資料として残っておりません。


また、返品された商品は すべて卸し業者に返品しております。






ということらしいので、「お客さんから返品されたものを再度売る」という予想で書いた文については横線でけす様にしたぞ。


あわせて記事タイトルを変更した。









a28d6fe7.jpgPOPによると


CATVが見られた場合も、見えない場合も、お持ち帰り日を含む3日以内にお電話ください。


と書いてある。








「動いた場合も電話しろ」というのは、客にCATV各社での動作確認をさせているのであろう。


どうやらこのMADでは買ったお客さんに各社CATVの動作検証をさせているようだ。












袋はきれいに開封してください」とも言っているので、お客さんに売ったCATVが返品された場合も再度普通の値段で販売するつもりなのだろう。なぜお客さんから返品されたモノが普通の値段で販売できるかというと、MADでは「全機テスト済み」と謳って販売しているので、このショップで販売されている「CATVを契約なしで見る機械」はすべて開封/使用されているからだ。「箱や袋が汚かったりすると返金しない」というのが、再度販売することを裏付けているぞ。








<ズルイ商売の流れ><返品OKの商売の流れ>






この記事はよもやま[2004] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL