2004年01月19日

アキバBlogについて


撮影:2008年1月14日 秋葉原駅前のラジオ会館


アキバBlog(秋葉原ブログ)は、『秋葉原の某ショップ元店長が、アキバ系のニュースをお伝えする、世界で一番「アキバ」な個人サイト』です。

アキバPCホットラインに代表される秋葉原のPC関連ニュースサイトとは違い、アキバのお店のPOP・フィギュア・漫画・DVD・CD・同人誌・コスプレ・ゲーム・事件・イベントなどを中心に取り上げています。 盆・正月・クリスマスも含み、年間360日くらいは秋葉原を巡回しています。サイトカラー『オレンジ』はアキバPCホットラインをリスぺクトしたものです。


2004年3月から2012年4月末までは、累計約17億4068万PV。 2011年4月には、アキバ現地情報を取り扱うサイトとしては最大の月間3000万PVを記録し、いまなお月間2000万PVを超え、月間約140万人が訪問。アキバ情報サイトとしては、インプレス・アスキーメディアワークス・カカクコムとといった法人運営の秋葉原情報サイトを超える規模の個人サイトとなります。

アキバBlog月別アクセス推移 (2004年3月~)
画像置き場&過去記事サーバー:フェアーウェイ

ご意見・ご質問等は管理人のgeek宛てメールにてお願い致します。 いただいたご意見・質問等の全てにお答えできるわけではないこともご承知ください。

メールアドレス:geek@livedoor.com geek■akibablog.net ■は@に置き換えてください
Twitter Google+


撮影:2012年5月13日 中央通り
 ブログの開設と、もろもろ

アキバBlog(秋葉原ブログ)は、2004年1月19日から始めています。

サイト名の「アキバBlog(秋葉原ブログ)」は、管理人が週に3回以上は「アキバ」に行くほどのアキバヲタだったことと、「Blogは更新が楽そう」という理由からLivedoorブログを利用したこともあり、「アキバ」と、2004年初頭にはとても流行っている「Blog」を足して命名しました。

ASCII.jp 古田雄介の“顔の見えるインターネット” 第36回
アキバBlogの中のインタビュー
「アキバの現実」報道する「アキバBlog」の現在 

2005年9月9日更新分の記事からakibablog.netに移行しましていましたが、2008年6月にLivedoorブログに出戻りました。出戻ったキッカケはITmediaが伝えたlivedoorのトップページがリニューアルを読んで、Livedoorが面白そうなことを始めたと思ったから。また、サーバーのパフォーマンスは、アクセスが多くても充分耐えられると見込そうな感じ。

「ポータルでニュースを見るだけなら、テレビの“下り”の情報を見ているのと本質的に変わらない。ネットは、個人が情報発信できるメディア。一般人のブログの深さと幅広さを見せていきたい」と、同社執行役員の田端信太郎・メディア事業部事業部長は語る。
livedoorがリニューアル:ITmedia 2008/04
  

記事の内容はできるかぎり頻繁にアップデートしていくつもりですが、古い情報が掲載されたままになってしまうことがあります。「勘違い」「間違い」などで間違った内容のことがあるかもしれません。このサイトを利用したことによって生じた損害について、管理人は一切の責任を負いかねます。 詳しくは免責事項をお読みください。

アキバBlogのRSS  http://blog.livedoor.jp/geek/index.rdf


 バナーについて

アキバBlogの中の人にはイラストを書く能力がありませんので、これまでに多くの方々(掲載順)にお願いして、イラストを使わせていただいてます。
たくろう様 サイト:みっくすふらい
URA様 サイト:AC-Promenade.net
七草様 サイト:ver.793
BLADE様 サイト:LOVEWN Outpost
ElectromagneticWave様 サイト:ElectromagneticWave 
ザンクロー様 サイト:sys3.6.3
E=MC2様 サイト:PEACEMAKER web 
ElectromagneticWave様 サイト:ElectromagneticWave 

現在掲示のバナー キャラクターデザイン&イラスト


アキバのショップではマスコットキャラクターを採用しているところも多いことから、オリジナルのキャラクターを採用したいと思っていたのですが、ElectromagneticWaveのPOPさんに、アキバBlogのキャラクターナードたんをデザインいただき、2005年6月4日よりバナーとしての掲示を開始しました。

なお、いただいたナードたんの設定によると「はいてない」


 リンク/トラックバックについて
「アキバBlog(秋葉原ブログ)」へリンクいただく場合は、メールなどの連絡いただく必要はありません。トラックバックは、アキバBlogの記事とは関連しない内容や、単なる「誘導」を狙ったようなトラックバックなどは削除しますが、「ご自分のBlogの内容が、アキバBlogの内容に関連してる」と思うなら積極的にトラバください。

 雑誌/書籍への掲載について
今まで掲載/書籍への掲載のお問い合わせをいただいた際に、お断りしたことはありませんが、掲載にあたって、「できれば発売日前」にメールいただけると嬉しいです。

2005年4月には、書籍アキバのディープな歩き方もでました。

広告掲載について

2004/04/26 geek@アキバblog