2008年06月05日

紅 kure-nai1巻発売 「これぞ原作ファン待望のファンブックですよ、醜A社さん」

コミックス 紅 kure-nai1巻 原作片山憲太郎氏、脚本子安秀明氏、コンテ構成降矢大輔氏、漫画山本ヤマト氏によるコミックス「紅 kure-nai」1巻【AA】が4日に発売になった。ライトノベルでは非難囂々の分割商売もあったけど、彩彩華美さんのコミックス紅 kure-nai1巻レビューでは『これぞ原作ファン待望のファンブックですよ、醜A社さん』とのこと。
-

コミックス「紅 kure-nai」1巻発売
原作片山憲太郎氏・脚本子安秀明氏・コンテ構成降矢大輔氏・漫画山本ヤマト氏

メロン秋葉原店のコミックス「紅 kure-nai」1巻【AA】
4日発売のコミックスの中では一番たくさん積んであった

原作:片山憲太郎氏、脚本:子安秀明氏、コンテ構成:降矢大輔氏、漫画:山本ヤマト氏により、ジャンプスクエアに連載されているコミックス「紅 kure-nai」1巻が4日に発売になった。

「紅 kure-nai」1巻【AA】は、コミックス情報では『高校生活の傍ら、揉め事処理屋を営む紅真九郎。幼なじみで、情報屋の銀子からストーカーに狙われている女性のボディガードを紹介される。常軌を逸した犯人に、真九郎は…!? スーパーダッシュの大人気小説が待望の漫画化!!』を謳い、ジャンプスクエア作品紹介では『駆け出しの揉め事処理屋・紅真九郎…そして、世界屈指の大財閥の令嬢・九鳳院紫。二人の出会いが、お互いの運命を大きく変える!』。

ライトノベル「紅」では非難囂々の分割商売もあったけど、彩彩華美さんのコミックス紅 kure-nai1巻レビューでは『ラノベでは見れないお楽しみ要素もふんだんに盛り込まれていて、コミックとラノベとの差別化も上手くされています。~これぞ原作ファン待望のファンブックですよ、醜A社さん』とのこと。

また、何かよくわからん気まぐれBlogさんのレビューは『お笑いと、アクションと、シリアスシーンとの3つのバランスの良い内容に惹き付けられます!冒頭から、真面目なシーンがあると思えば、微笑ましいお笑いシーンが入り込み、最後にはアクションシーンで締める。この流れが、バランス良く展開されているので、読んでいて単純に面白いと感じる』などで、EARL.BOXさん6月4日更新分では『小説の挿絵描いてる人にそのまま漫画も描かされるってのもまた凄いですよな』・『小説とかアニメより3割増しくらいで普通にカッコイイような? 』などを書かれている。

あと、大阪・日本橋には紅 kure-naiコーナーがあったみたい。

紅 真九郎
新米の揉め事処理屋
崩月夕乃
かつて日本の裏社会で勢力を持っていた13家系の1つ
村上銀子
スゴ腕の情報屋
K-Books秋葉原新館
とらのあな秋葉原1号店
ゲーマーズ本店
【関連記事】
紅OVA付き6巻 「紫も可愛ええすがやっぱ斬彦ちゃんええですよな……」
OVA付き紅 kure-nai 5巻限定版 「TV版のキャラデザ、無かったことに!」
「5歳・・7歳・・14歳・・なんという紳士ホイホイッ!」
紅 kure-nai2巻、女子高生の入浴シーン(控えめふくらみ)
瞬殺だったジャンプスクエア(ジャンプSQ)、重版分が入荷
ジャンプスクエア創刊 「老若男女問わず読める 究極の雑誌!」

【関連リンク】
紅がキャラデザを原作準拠で再アニメ化(2010/01)
2008年ライトノベル十大ニュース ソースかーずSPさん
コミック版・紅 発売 「コミカライズを担当するのは、原作挿絵も担当している山本ヤマト氏」
集英社:ジャンプスクエア
ジャンプスクエア[紅 kure-nai]片山憲太郎×山本ヤマト
紅 kure-nai1巻コミックス情報
山本ヤマト氏の「SOYABAN」
紅 (小説) - Wikipedia

高校生揉め事処理屋がロリっ娘連れて悪戦苦闘
小説の挿絵描いてる人にそのまま漫画も描かされるってのもまた凄いですよな。
ジャンプコミック発売でてんやわんや
紅 kure-nai 1 [片山憲太郎] - 彩彩華美 -
どんな揉め事も処理します!? 漫画「紅(kureーnai) 1巻」を読む!

アニメ「紅 kure-nai」
注目アニメ紹介:「紅」 幼い少女と高校生が挑む闇 異色の演出で臨場感

スーパーダッシュ文庫
地雷本『紅ファンブック』 - 彩彩華美 - Yahoo!ブログ
本編の続きはファンブックで。小説「紅」を分割商売する集英社スーパーダッシュ文庫
小説「紅」を分割商売する集英社スーパーダッシュ文庫 編集部に非難囂々


紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)
紅kure-nai 1 (1) (ジャンプコミックス)山本 ヤマト 降矢 大輔

おすすめ平均
starsコミック化万歳!

詳しく見る
by G-Tools

この記事は商業誌[2008] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50668817