2008年07月05日

コミックス屍鬼 「傑作ホラーをフジリューが大胆にリアレンジ!」

コミックス屍鬼 小野不由美氏のホラー小説「屍鬼」をコミックス化し、藤崎竜氏がジャンプSQに連載されているコミックス「屍鬼」1巻&2巻【AA】が4日に同時発売になった。とら1号店のPOPによると『小野不由美先生の傑作をフジリューこと藤崎竜先生が大胆にリアレンジ!正にずっとフジリューのターンばりに』とのこと。
-

藤崎竜氏のコミックス「屍鬼」1巻&2巻【AA】が同時発売
とら1号店2Fの平台 手書きPOPが2コついてた

小野不由美氏のホラー小説「屍鬼」をコミックス化
「小野不由美先生の傑作をフジリューが大胆にリアレンジ!」(とら1号店のPOP)
K-Boosk秋葉原新館
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原1号店

小野不由美氏のホラー小説「屍鬼」をコミックス化し、藤崎竜氏がジャンプSQに連載されているコミックス「屍鬼」1巻&2巻【AA】が4日に同時発売になった。

とら1号店のPOPによると『小野不由美先生の傑作をフジリューこと藤崎竜先生が大胆にリアレンジ!正にずっとフジリューのターンばりに』とのこと。

「屍鬼」は1巻コミックス情報は『199X年猛暑の夏、山に囲まれた人口わずか1300人の外場村で、原因不明の3名の死体が発見された。同時期、古い洋館に越して来た桐敷一家と接触した女子高生・清水恵が行方不明に。相次ぐ怪事件…凄烈なる夏が始まる!』で、プロローグに登場する美少女・清水恵はプロローグで死ぬ。

この漫画家独特の描き方がやっぱり好きです!!物凄く繊細に描いたと思ったら、かなり簡略しても描いたりと、そんな緩急の激しい描き方が面白く、更に影の付け方が特徴的なので、一度読んだら強く印象に残る事間違いないです。w
まさに、あの藤崎ワールドが展開しています。
何かよくわからん気まぐれBlogさん
ついに、フジリューの新作「屍鬼」がコミックス化。待ってたぜ。屍鬼は原作も読だし結構、面白い話。しかし、原作の主人公は○○なのにコミックスだと○○が主人公みたいに描かれてる。どうせ、○ちゃんに○られて、すぐ○○は○○のにね。 誰かさんの思ひ出。さん
コミックス「屍鬼」1巻【AA】 
プロローグに登場する美少女はプロローグで死ぬ。
コミックス「屍鬼」2巻 次々に死ぬ村人 ナニか



この記事は商業誌[2008] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
この記事へのトラックバック
コミックス屍鬼 「傑作ホラーをフジリューが大胆にリアレンジ!」  フジリュー信者的に言わせてもらえば、短編が秀逸なのに原作付き漫画し...
コミックス屍鬼 「傑作ホラーをフジリューが大胆にリアレンジ!」【ねこもば。β版 - WILLCOM 03応援中!!】at 2008年07月06日 01:55
アキバblog等で紹介されていて気になってた屍鬼の漫画版を買ってきました。 原作も気になってるんですが、
屍鬼(1) [藤崎竜]【ちょいヲタ?バスタア日記】at 2008年10月12日 16:28