2008年10月28日

【コラム・ネタ・お知らせetc】 はじめまして。まんがタイムきららグループです

まんがタイムきらら 夢喰いメリー アキバBlogをご覧の皆さん、はじめまして。芳文社まんがタイムきらら編集部の駆け出し編集・SSです。『ドキドキ☆ビジュアル』が合言葉という、一風変わった編集部。誌面では伝えきれないあれやこれやをスクープすべく、隔週ペースでまったり邁進いたします。どっちだよ!最近はストーリー漫画もやってるから、作業量が2倍になったんだぜ!!
-


芳文社まんがタイムきららグループとは、「まんがタイムきらら」・「まんがタイムきららキャラット」・「まんがタイムきららMAX」・「まんがタイムきららフォワード」の4誌を作ってる編集部。

『ひだまりスケッチ』『棺担ぎのクロ。~懐中旅話~』などのコミックスもぞくぞく発売。 あまりにぞくぞく出るので、毎日どこかの机が阿鼻叫喚になっております。


■販促もやったりしてます。

毎月27日はKRコミックスの発売日。 編集部員がそわそわする時期がやってきました。
あ、11月からB6判のストーリーコミックは発売日が12日に変更なんだぜ!みんな注意するんだぜ!

…そんなわけで、打ち合わせを終えて編集部にやってきたのだ。
ウホッいいポスター! てかマイデスク占領済み/ (^o^) \


デスク 「どうだすごいだろう。A0版のポスターをつくったのだ」
SS  「牛木義隆先生『夢喰いメリー』第1巻ですね」
デスク 「とらのあな池袋店で飾ってくださるそうなので奮発してみた」
SS  「あのでっかいスペースですか!?うらやましい…」
デスク 「単行本は白い表紙になったけど、黒もなかなか映えるなあ」
SS  「それはそうと作業台使いたいんでどかしてくださいよ」
デスク 「だが断る」
SS  「なしてさ…」
デスク 「俺のメガピクセルケータイがベストショットを見出すまで、貴様はメルマガの文章を練りまくっとれ!意義は認めん!」
SS  「\(^o^)/」 デスク気合い入りすぎです!


牛木義隆『夢喰いメリー』第1巻、実際の表紙はこんな感じ。
10パターン以上の候補の中から選びぬかれた表紙なのです。

専門書店によっては購入特典もつくらしいよ!僕にも絵柄みせてくださいよ!!



とらのあな池袋店さまがポスターを店頭に展示してくださいました。ありがとうございます!
実際に展示してみて、A0版の巨大さにびびりました。まじで。




■4コマの真髄…ハシラ文。

4コマ編集者が、ほとばしる情熱をいかんなく発揮できる場所。
それは…マンガのはじめと終わりに挿入される「ハシラ文」
たった1行の文章が、ネタの面白さを倍増させるMAGIC☆。

あまりに頑張りすぎたため、その奇抜な文体が某巨大掲示板で「D☆V語」と揶揄されるくらい立派な文化になりましたとさ。よく読むとけっこう壊れてる?きらら各誌のハシラ文。編集部員が心をこめて作ってるんです。ほんとです。

新入社員は配属後、まずはハシラの正しい書き方を教わります。……うそです
みんな勝手にD☆V語をまねして浸透していったんです。悪いのはぼくじゃない!!!

こんな感じでお送りします、まんがタイムきららグループの隔週コラム。雑誌にまつわるあれこれ、コミックスの苦労話や裏話、水道橋の食事情などなど…誌面だけでは伝わりにくい鮮度ばつぐんの情報をお伝えしていきたいなと思います。めざせスクープ!よろしくお願いいたします!


芳文社
  まんがタイムきらら編集部 編集SS

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50754488