2008年11月08日

このどんと 「奴隷戦士マヤ愛蔵版」 女子校生肉奴隷マンガ

奴隷戦士マヤ 愛蔵版 このどんと氏の奴隷戦士マヤ愛蔵版【AA】が7日に発売になった。『奴隷戦士マヤ』は20年くらい前?から大人向けコミックス誌に連載され、単行本はこれまでにいくつか出てる【AA】けど、書籍情報によると『奴隷戦士マヤ愛蔵版』は、奴隷戦士マヤのシリーズを1冊にまとめた約540ページあり、未発表カラー作品を収録しているみたい。
-

このどんと氏の奴隷戦士マヤ愛蔵版【AA】発売
「ミヤザキ事件の前、確か87、88年頃の連載」 05「つれづれなるマンガ感想文」9月後半

異世界に飛ばされた普通の女子校生が肉奴隷調教+フタナリ化
奴隷戦士マヤ
たちばな書店秋葉原本店
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原1号店

このどんと氏奴隷戦士マヤ愛蔵版【AA】が7日に発売になり、メロンブックス・とらのあな・たちばな書店で見かけた。『奴隷戦士マヤ』はダウンロードサイト「ギュッと!」での電子ブックの紹介が『このどんとが描く異世界エロティックファンタジー』。

『奴隷戦士マヤ』は、20年くらい前?から大人向けコミックス誌に連載され、単行本はこれまでにいくつか出てる【AA】けど、奴隷戦士マヤ愛蔵版の書籍情報によると『奴隷戦士マヤ愛蔵版』は奴隷戦士マヤシリーズを1冊にまとめた約540ページあり、未発表カラー作品を収録。

誕生編では、異世界に飛ばされた普通の女子校生が肉奴隷調教+フタナリ化され、雌伏編では『肉奴隷の快楽に目覚め、街中でふたなりオナニー』、放浪編は『マヤに虫の卵を生ませるなど、よりアブノーマルな描写が満載。白いボンデージで醜悪な老人とセックスによる奴隷契約を強いられるなど、被虐と絶望感がエロティシズムに拍車をかける!』というお話。

作者のこのどんとについては、80年代のロリコン・美少女ブームを経たHマンガ史において、おそらく森山塔の鬼畜路線をより発展して拡大させたという恐るべき功績がある。しかもそこにはふたなり、スカトロ、強制レズ、肉体改造などの変態満漢全席であったことに加え、SF的設定を駆使して独特な世界観ができあがっており、なおかつマンガとしての完成度が高い。

「奴隷戦士マヤ」の連載が確かミヤザキ事件の前、確か87、88年頃のことで、なんと普通のコンビニに「マヤ」の総集編が置かれていたのである。しかも、それがおそらく美少女マンガ史上初の鬼畜ぶりだったのだ。当時は驚いたもんである。
05「つれづれなるマンガ感想文」9月後半
奴隷戦士マヤ愛蔵版【AA】

「奴隷戦士マヤ愛蔵版」の
巻頭カラー イラストも
女子校生
肉奴隷調教+フタナリ化
「一生、恥ずかしい性器をさらし続けて生きていくのよ!」
「肉奴隷はどんな体位でもとらなければならいのよ」
いろんな体位に耐えるための
調教
自分のモノを咥えさせ
飲ませる調教

【関連記事】
ねこまたなおみ/ふたなりリレーションズ 「ふたなりっ娘びっきびきのにゅるにゅる」
「SFロリコン異物挿入マンガ」 冥王計画ゼオライマー、20年ごしの完全版
「ふたなりって、日本の秘密兵器なんだゼ!」
ふたなりイエスタディ 「ふたなりマニア必携!」 全部ふたなり
ふたなりにまったくキョーミ無しの担当が絶叫「何かが変わる。

【関連リンク】
久保書店 / 新刊案内
このどんと氏の「WILD DUCKのホームページ」
このどんとの書店
この人がこんな仕事を・・・・
23年前のエロ本はハイレベルすぎました  ゴルゴ31さん
05「つれづれなるマンガ感想文」9月後半
成年漫画の「奴隷戦士マヤ」は最終的にはどうなったので... - Yahoo!知恵袋



この記事は商業誌[2008] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50759594