2009年01月23日

平坂読 ラノベ部2 「かーずSP・アキバblogも、うっかり中に出しちゃいました」

平坂読 ラノベ部2平坂読氏・イラストよう太氏のライトノベル「ラノベ部」は、軽小説部(ラノベ部)を舞台にした日常系ライトノベル。その第2巻ラノベ部2【AA】でも「実在の作品をいっぱい中出し」だそうで、『かーずSPさんとアキバblog さんも、特に重要でも効果的でもない上に微妙な文脈の中でなんとなくうっかり中に出しちゃいました。アーッ!!』とのこと。
-

平坂読氏・イラストよう太氏のライトノベル「ラノベ部2」【AA】
平坂読氏のブログ 「かーずSPとアキバblogも、うっかり中に出しちゃいました。アーッ!!」

平坂読氏・イラストよう太氏のライトノベル「ラノベ部」は、ウィンドバードさんの1巻レビューが『ラノベネタ・オタクネタ満載の「ラノベ初心者の少女が次第にラノベを好きになっていく過程を描いた作品」』な、軽小説部(ラノベ部)を舞台にした日常系ライトノベル。

その第2巻「ラノベ部2」【AA】は、平坂読氏のブログの1月21日更新分「いっぱい中出ししてしまってすみません」では『1巻について特に他社さんから苦情が来なかったのをいいことに、ますます調子こいてガンガン実在の作品を出しまくっています。作中でネタにした作品は、御機嫌取りではなくてどれも僕がガチで好きな作品ばかりですので、ぜひぜひ読んでみてください』、『かーずSPさんとアキバblog さんも、特に重要でも効果的でもない上に微妙な文脈の中でなんとなくうっかり中に出しちゃいました。アーッ!!』とのこと。

このライトノベルは軽小説部(ラノベ部)に所属する部員達のヲタクな日常を描くライトノベル。~ヲタクの会話の中に当然のように盛り込まれるパロディネタの嵐。しかしただのパロディネタだけに収まらないで”ライトノベルのよさ”を全面に押し出すようなうまさがあります。
「ここまでやっていいのか!パロディネタ超豊富」ラノベ部2巻を買ってきました
今回もまたまた色んな実験的な演出もあり、そして1巻以上に一歩踏み込んでライトノベルの楽しみ方、文学小説やその他の書籍との違い、ライトノベルだからこそ生まれる物語があることをメインキャストを通して一緒に学べる作りになっています。ラノベ部2 [平坂読] - 彩彩華美 - Yahoo!ブログ

なお、アキバBlogがライトノベルの作品中に登場するのは、ノベライズ版「ハヤテのごとく!」・「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」・「迷い猫オーバーラン!」に続いてたぶん4回目。かーずSPさんは「かーずSP」が”中出し”されるのを事前に聞いてたみたい。

平坂読氏のブログ / いっぱい中出ししてしまってすみません

ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原1号店
軽小説部(ラノベ部)を舞台にしたライトノベル
目次から ライトノベルのパロディーいろいろ

【関連記事】
僕は友達が少ない5巻 「残念系ラブコメディ、二学期編突入!」
平坂読/僕は友達が少ない(はがない)4巻 「ゼロの使い魔を超えちゃったよ」
ア○バBlogを毎日見てるオタク高校生の妄想彼女マンガ 「M・S DOLLS」
カトゆー・アキバBlogが出てくるラノベ 「迷い猫オーバーラン!」 ほぼ完売
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 かーずSP・アキバBlogが名指しで登場
友美イチロウ:みーたん2巻発売 「まちがって買え!(笑)」
ドージンワーク2巻発売 執事ジャスティスを伝えるアキバBlog? :[画像]

【関連リンク】
平坂読氏のブログ「Habitually lying」
いっぱい中出ししてしまってすみません。
「ラノベ部」2巻に出てきたサイトの人たちの反応は?
イラスト:よう太氏のホームページ「なぎほん」
「ラノベ部」1巻 書籍情報 試し読みあり
「ラノベ部」2巻 書籍情報 試し読みあり

個人サイトとライトノベルの距離が近くなっている件について ソースメガとんトラックさん
たぶん、重度のラノベ読みほど楽しめる内輪向け小説
ライトノベル読みの人なら「あるある」という経験がそのまま活字化したような作品
ラノベこそ、人生のすべて 作中ネタ
かーずSP : またもやかーずSPがラノベネタに!
「ここまでやっていいのか!パロディネタ超豊富」ラノベ部2巻を買ってきました
平坂読『ラノベ部2』 - (星見宇宙人)皿の船
ラノベ部2 [平坂読] - 彩彩華美 -
あるある、と思う所がありまくりのラノベ好きに捧げる一冊
「ラノベ部」第2巻は他社作品やサイト名などがたくさん登場
ラノベ作家の皆様はそろそろ自重が必要なのかも

初めてのライトノベルに最適な一冊 平坂読『ラノベ部』
[ライトノベル]ラノベ部 - KypDurron's Style 2nd
ライトノベルを読む楽しさが伝わってくる「ラノベ部」感想
さあ? 広がる雑談小説ブーム? 『ラノベ部』


ラノベ部〈2〉 (MF文庫J)
ラノベ部〈2〉 (MF文庫J)平坂 読


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラノベ部 (MF文庫J)
ラノベ部 (MF文庫J)平坂 読

おすすめ平均
starsぽわぽわ、まったり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事は商業誌[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50796500
この記事へのトラックバック
おもしろかったーっ!! 目次から既にいろいろと見たことあるタイトルが・・・(大丈夫なのか 調べてみれば
パロネタのオンパレード 「ラノベ部(2)」 [平坂読]【ちょいヲタ?バスタア日記】at 2009年01月27日 19:01