2009年01月25日

鬱とエロスの「バーバ・ヤガー」1巻

バーバ・ヤガー きづきあきら氏+サトウナンキ氏のコミックス「バーバ・ヤガー」1巻【AA】が23日に出ていて、24日にはとら1号店でPOPがついていた。オビ謳い文句が『あなたを××したい。鬱とエロスと、魔女にまつわる少女の事件簿』でコミックス情報では『鬼才コンビが贈る異色サスペンス!』。とら1号店のPOPでは『ミゾロギさんになら××されたい!』とのこと。
-

コミックス「バーバ・ヤガー」1巻【AA】
とら1号店 「ミゾロギさんになら××されたい!ミゾロギさん(♀)のオトコマエ度はガチ」
メロンブックス秋葉原店
とらのあな秋葉原1号店
特典:メッセージペーパー
ゲーマーズ本店

きづきあきら氏+サトウナンキ氏が、コミックアライブに不定期連載中?のコミックス「バーバ・ヤガー」1巻【AA】が23日に出ていて、24日にはとら1号店でPOPがついていた。

コミックス情報によると『ある年の子供会のキャンプで起きた謎の少女失踪事件――。以来、活動を停止していた子供会で二泊の同窓会が開かれた。犬丸ほのかはキャンプで目撃した「山姥」を探すために溝呂木と共に参加したが…?一体「山姥」とは何なのか、そして消えてしまった少女に何が起こっていたの…!?鬼才コンビが贈る異色サスペンス!』。

オビ謳い文句が『あなたを××したい。鬱とエロスと、魔女にまつわる少女の事件簿』だからか、とら1号店のPOPでは『ミゾロギさんになら××されたい!』とのこと。

なお、「バーバ・ヤガー」1巻の感想には、今までに購入した漫画、ゲームのメモさん『心に闇を抱えたキャラクターは、一人いるだけで作品全体がズシリと重くなることがあるけど、登場人物全員がそんなキャラクターなこの作品は重量感よりも恐怖感の方が勝ってる。おどろおどろしい雰囲気にも独特の味を感じる作品』や、雑なレビューさん『相変わらずダメ人間とクズ野郎ばかりなお話だな!安心する!!』などがある。

コミックアライブ史上最も「恐ろしい」と読者ハガキが戻る(誌面から「浮きまくり」とも言うべき?)きづきあきら先生とサトウナンキ先生の最新作。お二人の作品はよく「痛い」とか「心を抉る」など言われますが、本作も間違いありません。むしろエスカレート。うかうかしてると刺されます。
「鬱」というエロス! きづきあきら+サトウナンキ最新作



この記事はPOP[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit