2009年05月09日

オランダ人アーティストの「Mobile Bar(モバイルバー)」 ドリンク無料

モバイルバー 8日の秋葉原・中央通りの歩道真ん中に、オランダ人アーティストダーク・ファン・リースハウト氏「Mobile Bar(モバイルバー)」が出来ていた。ビニールハウスみたいな感じ部屋?で、ドリンク無料。説明の紙も配っていて、『過度に商業化された都市の真ん中で、休憩を取ったりインスピレーションを得る時間を持つことができます』とかが書いてあった。
-

オランダ人アーティストダーク・ファン・リースハウト氏「Mobile Bar(モバイルバー)」
2009年5月8日:秋葉原


中央通りの歩道真ん中

8日の秋葉原・中央通りの歩道真ん中に、オランダ人アーティストダーク・ファン・リースハウト氏「Mobile Bar(モバイルバー)」が出来ていた。

ビニールハウスみたいな感じ部屋?で、ドリンク無料。ダーク・ファン・リースハウト氏はバーテンダーみたいな衣装でハンドマイクを持って、なにか言っていたほか、説明の紙も配っていて、『過度に商業化された都市の真ん中で、休憩を取ったりインスピレーションを得る時間を持つことができます』とかが書いてあった。日本人のお手伝いの人?に聞いてみたら『人が中に入って中から何が見えるのか?どう思うのか?』もゲイジュツみたい。

なお、この「Mobile Bar(モバイルバー)」は渋谷ですでにやったみたいで、日本のあとは韓国・ドイツでもやるみたい。あと、ダーク・ファン・リースハウト氏はいろんなオブジェクトを作ったり、モバイルスタジオとかもされてるみたい。

ダーク・ファン・リースハウト氏のホームページ / Tokyoblog(モバイルバー活動記録)

オランダ人アーティスト
ダーク・ファン・リースハウト氏
遠巻きに撮影してた人たち
撤収 短時間だけ?
「このバーはアート作品です」 Mobile Bar(モバイルバー)の中は一人掛け
「過度に商業化された都市の真ん中で、休憩を取ったりインスピレーションを得る時間を持つことができます」
【関連記事】
黄色い服+バンダナ+カメラ 「ヲタクなモダンアート娘」
執事3人、アキバに執事喫茶
MissGoblin(ミスゴブリン)「アキバ楽し!おもしれ!」
歩行者天国でふんどし姿の「激弾スペースノイド」の人達が、ナワトビとか綱引きとか

【関連リンク】
DIRK STUDIO
Tokyoblog
ダーク・ファン・リースハウト 活動拠点:オランダ
トーキョーワンダーサイト
AIR(アーティスト・イン・レジデンス) Japan



この記事はよもやま[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50836153