2009年05月18日

中華プレイヤー(中国製パーソナル・メディア・プレーヤー)の楽しみ方&心構え

中国製パーソナル・メディア・プレーヤー 三月兎2号店で『なんか業界的に売れてて人気なPMP(パーソナル・メディア・プレーヤー) 各種始めました。よーし色々仕入れちゃうぞー』だそうで、動画再生などが出来る中国製のPMPがショーケースに並んでいた。どうやら『中文メニューを気合いで読む』・『いろんなファイルを突っ込む』、『不具合を見てニヤニヤする』が使用時の心構えみたい。
-

動画再生などが出来る中国製のPMP(パーソナル・メディア・プレーヤー) いろいろ
三月兎2号店

中華プレイヤーの楽しみ方ーっか心構え
「中文メニューを気合いで読む」、「いろんなファイルを突っ込む」、「不具合を見てニヤニヤする」

電脳雑貨屋三月兎2号店で『なんか業界的に売れてて人気なPMP各種始めました。よーし色々仕入れちゃうぞー』だそうで、動画再生などが出来る中国製のPMP(パーソナル・メディア・プレーヤー) がショーケースに並んでいた。

17日に見たときは、「DIGITALMP34/GA-008MP5」・「MP5プレーヤー」・「MP5 Game Player」の3機種があり、中華プレイヤーの値段は6000円~8000円で、大きくてもiPhoneぐらいのサイズ。ショーケースの中に説明POP『中華プレイヤーの楽しみ方ーっか心構え』には、『中文メニューを気合いで読む』、『いろんなファイルを突っ込む』、『不具合を見てニヤニヤする』が書いてあった。

なお、三月兎2号店にあった中華プレイヤーの1つ「MP5プレーヤー」は、『4.2インチ液晶搭載、2GB内蔵メモリー』の『様々なオーディオ・ビデオ動画フォーマットに対応した便利プレーヤ』だそうで、『現在動作チェックを重ねていますがすべての仕様が不明なため、人柱ユーザー募集中です!ファイルのフォーマットと圧縮などの調査を報告いただけると担当者が幸せになれます(笑)』とのこと。

「DIGITALMP34/GA-008MP5」・「MP5 Game Player」・「MP5プレーヤー」の3機種
値段は6000円~8000円

【関連記事】
秋葉原の中国人の海賊版ソフト これまでとは違う販売方法
中国人が、万世橋署とACCSをコケにしてる
中国製A-320 「本場 中国の携帯エミュレーター」
エミュレータ携帯ゲーム機 Dingoo Digital A-320 「いいよコレ」
マンガ嫌中国流 「世界中が嫌悪するトンデモ国家・中国の正体!」
秋葉原でも「チャイナフリー」
出前一丁そっくりな中国みやげ 「食べ物ではありません」

【関連リンク】
電脳雑貨屋 三月兎
PMP(パーソナル・メディア・プレーヤー) とは



この記事はPOP[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50839383