2009年06月12日

「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア」 ポロリもあるよ

The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide to the Subculture of Cool Japan オタク研究で東京大学博士号を目指している?パトリック・W・ガルバレス氏による、「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア本」【AA】がアキバでは11日に発売になった。萌え・秋葉原・エロゲー・同人誌・腐女子から、アホ毛・ドジッ娘・美少女・美幼女・ヤンデレ・脳内彼女・触手系・絶対領域など、ヲタク用語(600以上)を解説したオタク用語辞書。
-

外人向けオタク辞書 「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア」 
とら1号店「かなりマニアックな単語も解説されてますョ!」

萌え・秋葉原・エロゲー・同人誌・ヤオイ・腐女子から、おっぱいポロリ・大きいお友達
美少女・美幼女・脳内彼女・触手系・絶対領域など、ヲタク用語(600語以上)

オタク研究で東京大学博士号を目指している?(He is a Ph.D candidate reserching otaku at the University of Tokyo)パトリック・ウィリアム・ガルバレス氏による、「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア本」【AA】がアキバでは11日に発売になり、とら1号店で見かけた。

書籍情報では『今や世界が注目する日本のヲタクカルチャー。そのすべてがつまった、おもしろくてためになる決定版ヲタクガイド』を謳い、萌え・秋葉原・エロゲー・同人誌・ヤオイ・腐女子から、クソゲー・ボーカロイド・宇宙戦艦ヤマト・ガンダム・アホ毛・ドジッ娘・美少女・美幼女・グッドスマイルカンパニー・ヤンデレ・Nice Boat.・キモオタ・イケメン・アニメの透過光・プリンセスメーカー・ツインテール・おっぱいポロリ・大きいお友達・ノーパン・脳内彼女・触手系・絶対領域など、ヲタク用語(600語以上)を解説してるオタク用語辞書。

また、森川嘉一郎氏・山本寛氏・ボーメ氏・コミケ共同代表市川孝一氏・杏野はるな氏・岡田斗司夫氏・村上隆氏・中川翔子氏らへのインタビューもあるほか、とら1号店のPOPは『かなりマニアックな単語も解説されてますョ!』だった。

なお、「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア本」【AA】を、ストームトルーパーコスプレで踊るダニー・チュー氏発売前?に紹介されていて、『俺の願いが聞き届けられた!!これは絶対に買わないとね!』・『うおおおおお、とりあえず予約した!』・『もう " 萌え " という用語は、オックスフォード辞書の次回版に載せるべきだと俺は思う。本当に凄く優美な概念の言葉だからね』・『「絶対領域」は初心者オタクにとって登竜門的知識だからな。これを載せない訳にはいかんだろう ;)』といった反応があったみたい

The Otaku Encyclopedia An Insider's Guide to the Subculture of Cool Japan

中身は英語
Moe(萌え)
Eroge(エロゲー)
コミケ共同代表
市川孝一氏インタビュー
Shokushu-Kei(触手系)
テキスト多い
グッドスマイルカンパニー

【関連記事】
Japanese Schoolgirl Confidential 「セーラー服女子高生は最高にクールだ!」
オタク語事典2 「8割近くを当たり前のように知ってる人がオタクだおwww」
ヒロインアクション劇画マンガを探してたフランス在住のレバノン人
アキバでフィギュアを大人買いする「スペインのオタク」
秋葉原に来た「イタリアのガノタ」
アニメTシャツを着たオタク?フランス人
イタリアから、秋葉原にフィギュアを買いに来たオタク (11万円分)
イギリスから、秋葉原にプレステ3を買いにきた7人
イギリスからやってきた12人のオタクがアキバで記念撮影

ウソ日本文化ガイド同人誌 「あぁ、美しい国、日本!」
オタク外国人向け 秋葉原の地図
6・30アキハバラ解放デモ 女装・やらないか・ハルヒいろいろ 400人?以上が参加
ドラゴンボールのコスプレで「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を歌う外国人
「オタクのための東京ガイドブック」での「マンガの聖地」には英語パンフがあった

【関連リンク】
講談社インターナショナル
The Otaku Encyclopedia An Insider's Guide to the Subculture of Cool Japan
森永卓郎:米国人から見た日本のオタク文化とオタク市場
外国人向けオタク用語集発売-「クソゲー」「喪男」など600語を英語で解説
海外オタク向けの辞書『THE OTAKU ENCYCLOPEDIA』出版記念パーティー
出版記念パーティーに行ってきました。
「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア本」の海外反応
ダニー・チュー: ヲタク エンサイクロペディア
著者:パトリック・ウィリアム・ガルバレス氏のホームページ Otaku2
The Otaku Encyclopedia released in Japan
パトリック・ウィリアム・ガルバレス氏の経歴?

らばQ:「日本恐るべし!」お台場のガンダムに度肝を抜かれた海外の反応
秋葉原での『けいおん!』人気投票に対する4chan住人の反応
海外のアニメイベントで外国人オタクが買ったアニメグッズ


(英文版) 外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア - The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide to the Subculture of Cool Japan
(英文版) 外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア - The Otaku Encyclopedia: An Insiders Guide to the Subculture of Cool JapanPatrick W. Galbraith


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この記事は商業誌[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50847535
この記事へのトラックバック
全編英語の外国人監修によるオタク本が発売中との事。アキバBlog:「外国人のためのヲタク・エンサイクロペディア」 マニアックなオタク辞書パトリック・W・ガルバレスさんという方は東京大学博士号を目指しているらしいのですが、コレまでの外国人向けのオタク本よりかなり...
外国人向けオタク辞典発売。全編英語【ゲームプログラマにちゃんねら】at 2009年06月12日 18:57