2009年06月29日

【コラム・ネタ・お知らせ】 超小型 抱き枕型アクセサリー マシュモpillo(マシュモピロー)

マシュモpillo 萌魂工房担当は職業柄、色んな方々から色んなご相談を受けることが稀によくあるのですが、内容がヤバすぎてこの辺の話が表に出ることはほぼ確実にないのですが、先日、A&Jさんに試作品を色々と見せていただきましたら、革新的なグッズに驚愕しましたので、A&Jさんにお願いして、アキバBlogで初公開させていただくことになりましたッ!!
-

A&Jさんの持てる技術をすべて注いで開発された
超小型抱き枕型アクセサリー
「マシュモpillo(マシュモピロー)」



前書きのとおり、先日、抱き枕ユーザから絶大な支持を得ている抱き枕業界最大手で、その高い印刷技術から生み出される色鮮やかな超美麗プリントは他の追随を許さない安心と信頼のA&Jさんから、現在開発中のグッズ試作品を開発者の方の熱い説明を受けながら色々と見せていただいただき、どのグッズもその開発コンセプトや"こだわり"がしっかりと伝わり、萌魂工房担当も機会があればつくってみたいモノばかりだったのですが、その中でも見た瞬間おもわず おどろきが鬼なったグッズがありまして、それがこの――超小型抱き枕型アクセサリー「マシュモpillo(マシュモピロー)」 。

マシュマロのようなやさしいカンジをイメージして名付けられた『マシュモpillo』は、ご覧のとおり、"布の錬金術師" A&Jさんが通常の抱き枕を"てのひらサイズ"まで理解・分解・再構築して生み出した "安価で高品質"且つ、"いつでもどこでもお気に入りの女の子と一緒に居られる"というコンセプトのもと開発されたグッズです。


このサイズで"抱き枕"を忠実に再現するため、カバーは「高級生地2WAYトリコットライクラ」をそのまま使用、中材はシリコン綿からPUに変更することで中身を一定に保ちながらも柔らかさや触り心地を実際の抱き枕と遜色ないレベルまで仕上げ、さらにチャーム仕様にすることで、ストラップやキーホルダーなどにも自由に取り替えられたりと、まさに携帯可能な"超小型抱き枕"

普段は就寝時にしか共にできない"俺の嫁"と、いつでもどこでも一緒に過ごす ことができる、抱き枕erの方にとっては夢のようなグッズでありながら、今まで価格や生活環境の問題などで抱き枕が欲しくても手が出せなかった方はもちろんのこと、小型・リーズナブルになったことにより萌えているキャラのモノは全部欲しくなってしまうほどのコレクション性をも生まれた、手軽にカカッとゲットできる全く新しいタイプの"癒しアイテム"になっているのは確定的に明らか。


”抱き枕”をこのサイズまで縮小させるには相当の苦労があったそうです。

まず、ここまで小さい布に色鮮やかでクリアな高品質印刷を実現できたのは蓄積された"ハイレベルな印刷技術"を持っているA&Jさんだからこそ可能だった技で、中材に至っては約数十種類を調達し、柔らかさの調整に数十回もの試作を行い、縫製についても数社に依頼し納得がゆくまで何十個も製作するなど、飽くなき"こだわり"と試行錯誤の結果、約200日もの開発期間を経て完成にこぎつけたという"こだわりのハイクオリティな一品"となっていますですね。

このようにマシュモpillo(マシュモピロー)は"抱き枕を携帯する"という、今までありそうでなかった発想で開発されたグッズとなっていますので、 いつでもどこでも"俺の嫁"と一緒に過ごしたい方はどちかというと大期待していただきたいのですが、この『マシュモpillo(マシュモピロー)』 もっと詳しい情報については、近日中にA&JさんのHPにて公開されるそうですので、wktkしながら楽しみにお待ちいただきたいと思いますですが、メーカーさんの中の人でコレに興味を持たれた方などは A&Jさんお問い合わせページからカカッとご連絡いただきたいと思いますですよ~♪

萌魂工房 担当  (※商品仕様・写真画像提供:A&J)

【バックナンバー】
萌魂工房グッズのご意見をたくさんいただいちゃいましたッ!!いましたッ!!
萌魂工房コラム 今後つくっていきたいなぁと漠然に思っているグッズ案(其の一)
ヨスガノソラ原画・橋本タカシ先生独占インタビュー
穹ちゃん抱き枕カバー印刷サンプル カカッと本邦初公開ッ!!
はじめまして! 萌魂工房の担当ですっ!

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50853305