2009年06月30日

ラブフール 「心も体も繋がりたい!・・・けろりん先生が帰ってキター!」

けろりん ラブフール けろりん氏のコミックス「ラブフール」【AA】に、29日にとら1号店で1Fと地下の両方に大きなPOPが付いていた。とら1号店1FのPOPは「恋がしたい。恋がしたい。男と女、別れと出会い・・・」で、大きなお友達向けのとら1号店地下のPOPは、服を脱いでくんずほぐれつしてるコマと、『心も体も繋がりたい!・・・けろりん先生が帰ってキター!』だった。
-

けろりん氏のコミックス「ラブフール」【AA】

大きなお友達向けのとら1号店地下の「ラブフール」【AA】POP
巻頭カラーの、男女が服を脱いでくんずほぐれつしてるコマ

27日発売のけろりん氏のコミックス「ラブフール」【AA】に、29日にとら1号店で1F平台と地下平台の両方に大きなPOPが付いていて、とら1号店1FのPOPは「恋がしたい。恋がしたい。男と女、別れと出会い・・・」で、大きなお友達向けのとら1号店地下のPOPは、主に巻頭カラーの『男女が服を脱いでくんずほぐれつしてるコマ』を使っていた。

『ラブフール』は、コミックス情報では『一筋の煙から始まった恋が若者たちを絡め取る。そんな恋の愚か者たちを、名手けろりんが愛おしく描いた傑作オムニバスストーリー。メンズヤング雷で連載された、著者初の長編作がついに発売です!!』などを謳い、けろりん氏自身の紹介は『ままならない恋に翻弄されるおバカさんたちの、ちょっとせつないエロ青春ラブストーリー…』。

なお、「ラブフール」【AA】の感想には、漫画まみれラノベづくしさん『絵も上手いし話も上手い、けど寡作という作家さんでして、まさに待ちに待った、という感じです。お薦めです』、まるまるまるの勝手日記2さん『ほのぼのというか優しくなれる1冊。久々に世界に浸っていたい1冊です』とのこと。

またインディペンデント通信社南町支局さん『世間知らずの初々しい少女?から、百戦錬磨のイイ女まで自在に使い分け読者を飽きさせません』・『エロ漫画スキーなら買え! に尽きる。この作家の作品を読んでいないのは人生損しています』などがある。

けろりん/石川マドカ のホームページ桃色蛙公司




この記事はPOP[2009] カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50853532