2009年10月26日

【コラム・ネタ・お知らせ】 保健体育、SM、そして今度は「ひとりエッチ」解説書

ひとりでえっち どもです。一迅社ポストメディア編集部ヒジカタです。変態と言われるのにもだいぶ慣れてきましたよ。これが快感に変わればユートピアに一歩近づいたってことなんですねきっと。というわけで、その変態編集が今何をしてるのかと言うと、ひとりエッチなんですよ。 いやもちろん自慰行為をしながらテキストを打っているというわけではありません。
-

会社でそんなことしてたらどこかにあるユートピアどころか即プリズンですよ。確かに変態ではありますけども。

現在作業進行中、11月27日発売予定の『ひとりでえっち。【e-hon】』という書籍です。

11月27日発売予定のひとりでえっち。 表紙はこんな感じです
なんかフシギ生物もいます

いやね、ちょっと自分のことを振り返って考えていただきたいのですけれども、ひとりエッチというやつは誰かに教わったわけでもないのにいつの間にかやってる、という方が多いと思うのですよ。「こうやるんですよ」って手取り足取り教えてもらってなんか出た!というのはすごいレアだと思うんです。そのシチュエーションなんか燃えますねどうでもいいですけど。

で、まあ、ということはどういうことかと言えば、「スタンダードな方法がわからない」ということなわけです。

たとえばですけど、すごい極端な話をすればですよ、「逆立ちしながら左手の指を鼻の穴に突っ込みつつ壁にどっかんどっかん体当たりをしながらやる」という人がいたとして、それに特に疑問も抱かなければ、その人にとってはそれがスタンダードなわけです。

でもたぶんそんな人はほかにいないわけで、つまりそれはスタンダードではないわけですよ。こういう「自分の中ではスタンダードだと思っていたものが実はスタンダードではない、まったく別のものである」という、まるでクオリア議論のような深い話になってくるのです。なに深い話にしようとしてんだって話ですけども、コレ実際そういうことじゃないですか。さすがに隣の席の友達や同僚に、フランクに「どういう体位でやってる?」とはなかなか聞けませんし、そのハードルが下がるネットでもこれは若干語りづらい部分はありますから、結構このへん謎のままだったりするわけです。

こんなにみんなやってるのに、ここまで謎に包まれた行為があるでしょうか いやありません。

まずは基本的なところから。イラストとテキストによる説明です

というわけで、「こんな姿勢でみなさんやっています」というのがまずあったりするのですが、これが結構いろいろあってですね、調べていくと体位によっては体を痛めたりする可能性もあったりなんかしてこれだけでもいろいろあるなあと。

そのほかにも回数とか気になるじゃないですか。平均どれくらいのペースでやってるのかとか。自分のことで考えても、中学生くらいの頃はそれはもう大変なもんでして、使えるものはなんでも使うという意味では国語辞典とか英語の教科書まで使いましたからね、そのバイタリティで勉強とかしてたら今ごろ知事くらいにはなれてるんじゃないかと思うくらい熱心だったわけですが、さすがに今そういうわけにもいかないところはあるわけです。

そんなような、ひとりエッチに係る疑問やその他諸々を徹底解説した上で、「そんな方法もあるのか」という一歩進んだいわゆるアドバンス自慰ですよね、これも併せて大紹介。性器を触るだけがひとりエッチじゃないぜ!という男気あふれるプレイです。

アドバンス自慰の一例「乳首性感開発」を図解入りで紹介。

で、男気をあふれさせたあとは女心もフォローしなきゃならんわけでして、男性だけではなく女性のひとりエッチについても詳細解説。

男性だけでなく、女性のやり方も解説しております。

男性からすれば「女性はどうやっているのか」というのはまさに神秘の世界、どこかにあるユートピア。こうやってるのか、というのを読んでるだけでもうDOKIDOKIが止まりません。実際、制作中に原稿整理なんか冷静にやってるふりをしつつ内心DOKIDOKIしてましたもの。

男女別の意識の違いなんかも解説したりしつつ、ひとりエッチの魅力をいっぱいに詰め込んでみましたよ。なんと申しますか、大いなる誤解というのは、「ひとりエッチは男女間性行為の代替行為である」というものだと思うのです。いやそうではなくて、コレはコレでひとつの求道的行為と言いますか、ひとつの方面での究極的行為なのではないか、ひとりエッチだからこそできることというのもたくさんあるのではないか、と。決して寂しくなんかない、みんなで手を繋ごうじゃないかとこう思うわけです。

つまり、ひとりエッチは浪漫である、とそういうことなのですよ。

しかしまあ、この本を作る際の打ち合わせでは、「このア○ル拡張の項目なんですけど」などというある意味『30歳の保健体育【AA】』のとき以上に過激かつ直接的な言葉や文言が飛び交うわけで、電話なんかで打ち合わせをして電話を切ってふとまわりを見るとあら不思議、会社でなにやってるのこの人という刺すような冷たい目線が!

そうかこうして社内で変態としての扱いがいや増していくわけですね!

一迅社 ポストメディア編集部 ヒジカタ

【バックナンバー】
「東方儚月抄」最終巻記念付録付き!REX11月号発売中!
一迅社文庫のお知らせ盛りだくさん 新刊や最新情報
8月ぱれっと新刊と、ぱれっとフェアの紹介とか
ComicREX"単行本フェア"と"コミケ76"出展のお知らせッ!
ComicREX夏の新連載大攻勢~第2弾~
今回も盛りだくさんな「キャラ☆メル」とか、「東方」の事とか
ComicREX 夏の新連載大攻勢~「聖機師」始動~
ComicREX 夏の新連載大攻勢
4月末~5月頭に出る「かんなぎ」と「ギアス」本ですよ
キャラ☆メルVOL.8 校了直後のポストメディア編集部より
編集部にイケメンが加わった百合姫の春のラインナップ
一迅社文庫 2月新刊と今後のビッグタイトル(予定)とか 
TVアニメ「宇宙(そら)をかける少女」 見てますか?
1月売の百合姫コミックスとか、今年前半の百合姫編集部の抱負とか
ComicREXは2009年も駆け続けます!
今年最後の「キャラ☆メル」&年末進行の「ぱれっとLite」 
冬コミ 一迅社ブースはNo331ですよ~
ComicREX12月号、緊急重版完了!
脱・魔法使い指南書? 「30歳の保健体育」
REX12月号付録「かんなぎ」ドラマCD 声優さんのコメントなど
かんなぎアニメ放映開始でフェアも開催中のこと 
かんなぎ第1話完成とREX付録DVDのこと
読者の方の熱気がゲリラ豪雨をはねのけた、十文字青先生サイン会 
コミケ直後に発売する一迅社文庫8月新刊 
一迅社の夏コミ販売物と、十文字先生サイン会と
・ 今まさに「ろりぽ∞」サイン会をやっている状況で、一迅社のコミケ情報を垂れ流すのこと。
7月の百合姫と、「ろりぽサイン会」とか「かんなぎ」とか 
「キャラ☆メル」1周年とグレンラガン写真集第2弾「ニア」 
「かんなぎらじお」とアニメ放送日のこと
ジャンル「百合」なライトノベル、作ってます 
GW進行 「ひぐらし」・「ハルカ」(まだ作ってます) 
一迅社文庫 5/20創刊します 
「かんなぎ」アニメの続報と東方のこと
女装指南本「オンナノコになりたい!」 続編製作中 
「わっち」大特集のキャラ☆メルVol.4
戦力増強中の百合姫編集部 
3月1日創刊 ぱれっとLite 誌名が決まるまで
REX版「アイマス」限定版ドラマCDの話とREXのアレ 
カバーが「脱衣仕様」の本 製作中
『コミック百合姫』独立創刊しちゃいます 
取材への臨み方~その料理法が編集者の手腕 
「ソーダ屋さんのソーダさん」ドラマCD 
百合作品ガイドブック「百合ミシュラン(仮)」を製作中 
・ ZUN先生への励ましのビール きましたよ 
百合姫Wildrose、「規制をかけた状態」でご紹介 
キャラ☆メルvol.2 編集作業が最終局面 
早くも冬コミで何するのか決めねえといけねえ季節ですよ 
一迅社から女装解説書 「オンナノコになりたい!」 
夏コミの一迅社グッズ さらに細かく写真付きで
一迅社のコミケグッズ紹介「×っきー☆ちゃんねる~」 
だんだんコミケが近づいてきますよ 
キャラ☆メル創刊日です。ほんとによかった、発売できて。
ティンクルセイバーNOVA ドラマCD収録 
念願のキャラクター雑誌「季刊キャラ☆メル」
さあ、みんなゴールデンウィークだよ! 
「春夏秋冬」限定版ドラマCDは、こんなお話
編集者にとっての「新人賞」 
翠星石が、ののしりまくってくれる超素敵CD
ごきげんよう。月刊ComicREX編集部のイクマですよ 
おがきちか先生サイン会レポート 
ホント、日本人は、格闘技が好きですね
一迅社の"抱き枕ソムリエ" 抱き枕カバーにこだわる
今日は「パラオ」という国について
みなさんも歌いながらぐりぐり動かして遊んでください
ComicREX編集部新人、鈴鹿へ
受話器を置いた私、百合姫副編集長りっちいは困りました
世界で2ヶ所、空母を閲覧できるのをご存知ですか?
まんが4コマKINGSぱれっと そういえば、こないだ校了
3種の神器 名刺と手帳と書店用注文書
今回はやっぱりコミケレポ
一迅社の主戦場は3F女性向け商業誌フロア
仏さんじょ先生「ろりぽ∞」サイン会、メイド喫茶で
CYNTHIA_THE_MISSION3巻発売記念
REXコミックスの拡材を持って秋葉原に
一迅社 水樹奈々さん、小柄ですが存在感はすごい
いきなり無関係な焼酎のボトル
先日取材同行ってやつをしてきましたよ
編集長、ミクロシスターUNIを存分に語っちゃっう
一迅社ってなんだっけ?

この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/50918169